ユニフレームの焚き火テーブルは「買い」 – 使ってみた感想

ユニフレーム 焚き火テーブル

キャンプや焚き火用のテーブルとして、定番の製品と言えばユニフレームの焚き火テーブル。
以前から気になっていましたが、いつも一緒にキャンプをしている友人が使っているのを試させてもらい、すぐに購入しました。

ちなみに今回紹介する焚き火テーブル、2019年にラージ サイズが発売されました。これまで2個並べて使っていた方も多いようですが、ラージサイズの登場でファミリーキャンプにも使えそうですね、、(欲しい)。

ユニフレーム 焚き火テーブルの素晴らしい点

発売日は正確には分かりませんが、2005年頃にはすでに販売されていたみたい。ということは、少なくとも15年以上販売され続けているロングセラー製品!

当時からテーブル天板をステンレスで作るというコンセプトを持っていたことに感心してしまいます。
さっそく、なぜそんなに焚き火テーブルが気に入っているのかを挙げてみます。

熱に強い頑丈な天板

ユニフレーム 焚き火テーブル

焚き火テーブルの天板はステンレス製で、熱に強い素材です。僕の友人は、このテーブルの上で薪グリルを使用していましたが、天板が焦げるようなことはありませんでした。

ユニフレーム 薪グリルと焚き火テーブル

もちろん、熱くなったダッジオーブンやケトルなどを置いても心配なしということで、焚き火好きにとっては便利なアイテムなのです。

天板は熱だけでなく、傷や汚れにも強くできています。たとえば太い薪をポイポイ天板に乗せても、目立つ傷がつくようなことはありませんでした。

ただ、やはり大きな傷や汚れはつけたくないので、個人的には焚き火テーブルの上でネイチャーストーブなどを使用する時には耐熱シートのような物を敷いて使うと思います。

天然木のプレートデザインが好み

単純に「頑丈なだけ」ではなく、ユニフレームの焚き火テーブルはデザインも気に入っています。どことなくインダストリアルでシンプルなデザインは、無骨過ぎず、アウトドアに映えるデザインです。

焚き火テーブルの両端には、天然木のプレートが付いているのですが、これがステンレスの冷たい印象を柔らかくしてくれています。

ユニフレーム 焚き火テーブル 天然木プレート

今では価格の安い模倣品が、Amazonにたくさん出回るほどの人気ぶり。
ちなみに、天然木プレートはドライバーで簡単に取り外すことができます。プレートを自作する人も多いようです。

組み立てが簡単

頑丈な焚き火テーブルですが、作りはとてもシンプルで、それも気に入っているポイントです。1分も経たずに組み立てられます。

焚き火テーブルのスタンド部分は、ステンレス製のポール。収納時はスタンドがテーブルの背面に取り付けられています。

ユニフレーム 焚き火テーブル

ロックを外して、スタンドを取り外したら、広げてテーブルの背面に取り付けます。

ユニフレーム 焚き火テーブル

ユニフレーム 焚き火テーブル

ロックを固定したら、完成。もちろん工具不要、力も必要なく、組み立ては簡単です。

安定感のあるスタンド

レジャー用のテーブルと言えば、足が細くてぐらついたりする物もよくあります。この焚き火テーブルに関しては、これまで使っていたレジャー用テーブルと比較しても、安定感はとても高い方だと思います。

焚き火テーブルの気になった点

基本的に、気に入らない点はほとんどありませんが、「あえて言うなら」という視点で、気になった点も挙げてみましょう。

焚き火台よりもやや高い

一般的な焚き火台の高さは、だいたい30cm前後になると思いますが、焚き火テーブルの高さは37cm。焚き火台よりもちょっと高い位置にあります。

ユニフレーム 焚き火テーブルとファイアグリル

個人的な好みもありますが、焚き火台と同じか、やや低い位置にある方が、焚き火をしている時には使いやすいかもしれません。
熱くなった鍋など、高い位置に置くよりは低い位置の方が安全ですし。

小さめのサイズ感

ユニフレーム 焚き火テーブル

焚き火テーブルのサイズですが、天板が55cm×35cmと、2人以上で食事をするには小さすぎるかもしれません。ビールとおつまみくらいならちょうど良いですね。

最初に書いたように、2019年には焚き火テーブルの「ラージサイズ」が発売されました。複数人で使いたい方。食事もしたいという方は、ラージサイズを選んだ方が良いかもしれません。

汚れが気になる

ステンレスの天板は見た目が美しく、いくら「熱も汚れもOK」と言われても、炭の汚れなどは気になってしまいます。
あとで洗えば良いと頭では分かっていながら、天板の上でネイチャーストーブを使うのは躊躇してしまいます。

収納時の持ちにくさ

焚き火テーブルは、収納袋が付属していません。持ち手も付いていないので、持ち歩く時はテーブルの端を持つことになると思います。正直に言って、そのままでは持ちやすくはありません。

オプションで発売されている焚き火テーブル用のトートバックを購入すれば良いのですが、定価で2,900円。安くはないです。
ただ、僕はこの「焚き火テーブル トートバッグ」の質感が大好きで、購入してしまいました。

ユニフレーム 焚き火テーブル トートバッグ

使っている人が多い(かぶる)

インスタグラムや、キャンプ雑誌などでも度々見かける焚き火テーブル。使用している方はそれなりに多いようです。
それだけ良い製品、ということに間違いないのですが、キャンプ場で他の人とかぶることがあるかもしれません。
僕は気にならないですが、それが気になるという方も中にはいるかも。

ユニフレームの焚き火テーブルは「買い」

価格は定価で7,500円ですが、長く売れ続けている製品だけあって、よくできています。天板の素材、安定感やデザインも文句なしで、価格設定も妥当かなと。

一度購入すれば長く使えることは間違いありません。サイズは少し小さめなので、ソロキャンプには向いている製品だと思います。

ユニフレーム 焚き火テーブル

写真:ユニフレーム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です