スノーピーク 焚火台 Lサイズは高すぎる?網や炭床は代用品も使える

スノーピーク 焚き火台 Lサイズ

スノーピークの焚火台と言えば「Lサイズ」を購入される方が多いと思います。実際に使ってみて、個人的にはMサイズではなくLサイズを選んで正解だったなと思っています。

ただ、本体だけでなく焚き火料理に必要な「焼き網」や「炭床」など、全てスノーピークの製品で揃えようとすると、Lサイズでは価格が高く感じてしまいます。

使っていて思ったことですが、焼き網などは純正品を購入しなくても、社外品の焼き網やロストルなどを代用することもできるので、個人的にはおすすめです。

今回は、焚火台Lサイズを選ぶメリットやデメリット。網や炭床の代用方法について紹介してみます。

スノーピークの焚火台は「Lサイズ」がおすすめ

スノーピーク 焚き火台Lサイズ

僕がLサイズを選んだ理由は、使用する人数が3人以上になることを考えたからです。ただ、今のところ一人で使用することが多くて、正直に言えば一人ならMサイズでも良いかも。
Lサイズともなるとかなり重くて、畳んだ時の大きさもやたらと大きくなってしまいます。ソロキャンパーにはあまりおすすめしないかも。

僕の場合、ファミリーキャンプで使うこともあって、最大で4人(僕、妻、子供2人)で使用すると思って、Lサイズを購入しました。

Mサイズは小さく感じた

余談ですが、購入前に近くのアウトドアショップでS、M、Lの焚火台3サイズを比べてみたのですが、思いのほかMサイズが小さく感じました。僕としては、Mサイズは1人で使用するのにちょうどよいくらいかなと。

我が家は、嫁の実家で大量に薪を切り出して、いただいたりするので、けっこう大きい薪が手に入ります。大きな薪をそのまま焚き火台に入れて燃やすことが多いので、小さい焚き火台だと少々不便を感じます。
ついでに、大きな炎をゴオゴオと作って眺めるのなら、やはり焚き火台が大きい方が良いと思います。スノーピークの焚き火台は、そういう使い方が似合うかなぁと思っています。

Lサイズは高すぎる?

スノーピーク焚火台 Lサイズ

やたらと分厚くて質実剛健なスノーピークの焚火台。サイズが大きくなると、本体や純正パーツが高くなるのも悩ましいところです。

まず、焚き火台で料理をするのなら、専用の焼き網が欲しくなります。スノーピークの焚火台は、純正の焼き網やプレートを接続するために、「グリルブリッジ」と呼ばれる専用のオプションを購入しなければなりません。
下の図の真ん中にあるのが、「グリルブリッジ」と呼ばれる接続用のオプションです。

これが、意外と安くはないのです。スノーピークオンラインストアでは、グリルブリッジのLサイズ用が5,400円(税別)。専用の焼き網.Proも、定価5,600円。

※ちなみに、ハーフサイズの「焼き網ハーフ」は定価3,600円。これもグリルブリッジが必要。

下の写真は、スノーピークの純正グリルブリッジ。

 

スノーピーク グリルブリッジ

写真:スノーピークオンラインストア

 

 

グリルブリッジがなければ専用の焼き網は取り付けできません。グリルブリッジと専用の焼き網を購入するだけでそれなりの値段になってしまうというわけです。

ただ、実は社外品でも代用できそうな「焼き網」や「ロストル」が販売されています。うまく組み合わせれば、純正のグリルブリッジが無くてもなんとか調理ができるのです。

焚火台Lサイズに代用できる「焼き網」

まずは焼き網。焚き火で肉や魚を焼いて食べたい、という時に必要不可欠な物です。純正品の焼き網でなくても、サイズさえ合えば社外品でも代用できます。グリルブリッジが無くても大丈夫です。

その前に、「五徳(ゴトク)」があれば鍋やフライパン、小さいサイズの焼き網を五徳の上に載せられるのでとても便利です。焚き火台Lサイズにおすすめの五徳を見てみましょう。

キャプテンスタッグ 焚火ゴトク UG-3252

ゴトク

個人的に使っていたのがこの五徳。無骨な見た目や持ちやすさが気に入っています。ゴトクを焚き火台の上に乗せ、その上にホームセンターなどで販売されている 焼き網を重ねて置いたりできます。

スノーピーク 焚き火台と社外製のグリル、焼き網

ゴトクの上に直接フライパンなどを乗せれば、さらに焚き火料理が楽しくなります。

ただ、この製品はスノーピークの焚き火台 Lサイズに合わせるとちょっと小さいので、最近は同じメーカーから発売されている、「2Way焚火ゴトク」を使っています。

スノーピーク焚き火台Lサイズ用の五徳 – これが使いやすかった

これだと、サイズがぴったりな上に、活用の幅も広いです。下の写真が2Wayゴトク。脚の部分が取り外せます。

キャプテンスタッグ 2way 焚火ゴトク

どちらも、Amazonで探すと1,000〜3,000円くらいの価格で手に入ります。こうしたゴトクを載せた上に、小さめの焼き網を載せるという方法が、個人的にはおすすめ。

次に、焚き火台に直接載せる、大きな焼き網を購入するという方法も考えられます。

焼き網

たとえば、ホームセンターなどに売ってある少し大きめサイズの焼き網。焚き火台の上を覆うように載せられるサイズであれば、問題なく使用できます。
安定して載せられるサイズ、できれば径がやや太めで、重さのある網を選ぶと良いと思います。

炭床

炭床

炭床は、焚火台で炭を使って焼肉などの調理をする時に使います。焚き火台の底を上げ、炭をのせるために使用するもの。これも焚き火台でBBQをしたいというなら必要なオプションです。

純正の炭床は重量が4kg以上もあり、厚みがあって、価格もそれなりにします。ただでさえ重い、焚火台Lサイズと一緒に持ち歩くと、、重過ぎてしんどいです。

この炭床も、純正品ではなく小さい網などで代用できます。むしろ網の方が重くないし、手入れも楽です。

焚火台Lサイズに代用できる「炭床」

炭床

純正の炭床は、310cm × 310cmの正方形ですが、これはやや大きめに作られているように思います。グリルブリッジを取り付けると、焼き網までの高さができるため、炭床も高めに作られているのだと思います。

炭床の代用品を探すのなら、もう少し小さな正方形の網を探すと良いです。

意外とぴったりな100均の焼き網

100均の網(一例)

実は、炭床としてぴったりなサイズの「焼き網」が、100均で販売されています。大きめの100円均一ショップに行くと、大抵20cm〜30cm四方の焼き網が販売されていますが、これは炭床として使えます。
これも、できるだけ径が太くてがっしりした物を選びたいところです。。

100均の製品なので長持ちはしないかもしれませんが、そもそも炭床は汚れるもの。定期的に交換するつもりで割り切れば良いかなと思います。

代用品でも十分楽しめる

スノーピーク焚火台

スノーピークの焚き火台でBBQや焚き火料理を楽しむのなら、本体だけでなく焼き網、炭床は必要なアイテムです。予算的に「ちょっと高いかも」と感じたら、本体以外は代用品を使っても充分に楽しめると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です