ユニフレーム ファイアグリルケースは必須のアイテム!焚き火台ケース

ユニフレーム ファイアグリルケース

ユニフレーム ファイアグリルを購入して、すぐに追加購入したのが専用の収納ケースです。
やや重さがあり、四隅が尖っているファイアグリル。適当な袋で代用すると、すぐに破れてしまいます。とは言っても、購入時のダンボールに毎回出し入れするのも不便ですし、見た目もあまりよくありません。

いろいろと思案した結果、結局は専用の収納ケースに落ち着いてしまいます。

ファイアグリル収納ケースを購入した理由

ファイアグリルを購入した当初、自宅にあった不職布の手提げ袋がサイズ的にちょうどよく、それで代用していました。しかし、汚れが目立つことや突然破れるのではないか?持ち手が取れるのでは??という不安があり、すぐに純正品の収納袋を購入することにします。

ファイアグリル本体の重量は、2.7Kgと、わりと重量感ある製品。サイズの合う適当な収納袋を探そうかとも思いましたが、結局は強度があって、サイズもぴったりな純正の収納ケースに落ち着きます。

本当は帆布でハンドメイドしたい!という気持ちもあったのですが、じっくり時間をとることができず。純正品なら安心して使えるだろう、という気持ちで即決します。

純正の収納ケースを購入して満足した点

ユニフレームファイアグリルケース

真っ黒の生地に、白いユニフレームのロゴマークが付いているだけで、あまり飾り気がない収納ケース。ですが、実際に使っていると徐々に馴染んできます。結局、黒色の方が汚れが気にならず、このシンプルなデザインもキャンプ道具らしくてしっくりきます。

焚き火台は、とにかく汚れる道具。土が付いたり灰が付いたり、匂いも気になります。それなりの汚れや耐久性をを考えると、やはり専用の収納ケースは購入して正解だったと思います。

素材や強度は?

内側はポリ塩化ビニル素材でできており、かなりの強度があります。この素材は熱にも強く、耐水性もあるようです。

ユニフレームファイアグリルケース

ファイアグリルの本体は四隅が尖っており、紙袋や薄手の袋だとすぐに破れてしまいます。この純正ケースなら、塩ビの部分の強度はかなり強く、破れてしまうような心配は一切ありません。
外側はポリエステル素材で、内側の塩ビ素材ほど強度はありませんが、それでも通常のポリエステル素材の袋よりは厚手で、頑丈に作られています。

ユニフレームファイアグリルケース

車に積み込んだ際に、薪などと擦れて、細かい小傷がたくさん入ってしまいました。こうした傷、汚れは仕方がないのかな、とも思います。ただし、傷が入ってもひどいほつれに繋がるようなことはありませんでした。

頑丈な持ち手とバックル

ユニフレームファイアグリルケース

写真では分かりにくいですが、持ち手の部分もとても頑丈に作られています。僕の場合、ファイアグリル本体だけでなく、トングなども収納袋に一緒に収納しており、3kg以上の重量になっているはずです。
それでも、1年以上使って持ち手や収納ケース自体がダメになるよう気配は一切ありませんでした。

出し入れ口に取り付けられたバックルも、強度がしっかりしており便利です。

ユニフレームファイアグリルケース

このバックルがあるおかげで、車に横向きで詰め込んだ際など、本体が外に飛び出る心配をしなくて済みます。

ユニフレームファイアグリルケース

純正の収納ケース、ここがもう一歩

時間が経つほど、このファイアグリルケースを購入したことには満足しています。ただし、個人的には「ここをこうしてくれたら良かったのに」と思う部分も、正直なところあります。

ポケットがあると良かった!

個人的に、毎回思うのですが、収納ケースにポケットを付けておいて欲しかったです。ポケットが一切ないのは、本当に残念でした。
たしかに、ファイアグリル本体のみを収納するのなら、ポケットは必要ないと思います。でも、あると便利ですよね?

チャック付きのポケットが付いていれば、トーチ(ライター)や、いざという時のための燃焼剤など入れておけるのになぁ。

別の素材も欲しかった(要望?)

黒色は汚れが目立たないとは言え、やはり地味な感じもします。これは個人的な趣味なのですが、帆布やキャンバス生地のケースもあると嬉しかったです。
値段を考えると、ポリエステル素材なのも納得なのですが。

帆布やキャンバス生地が良いと言う方は、自作するか、サイズのちょうど良い社外品を探すのが良いかもしれませんね。ただ、本当に汚れるのは覚悟の上なので、汚れが目立たない色にしたいもの。

ファイアグリル 収納ケースの使用感など – まとめ

ユニフレーム ファイアグリル 専用ケース

1年以上は軽く使用している、ユニフレーム ファイアグリルの純正収納ケース。僕の場合、ファイアグリル本体以外にも、トングや、オプションのFGハンガー、予備の焼き網などもまとめて収納しています。
やや余裕がある大きさなので、本体以外にもちょっとした小物くらいならまとめて入れておくことができます。

価格も安く、強度は申し分なく、汚れも気になりません。「使い倒せる収納ケース」という意味でも、ファイアグリルを購入した方にとっては、必要不可欠な商品と言えそうです。

ユニフレーム ファイアグリルについて、詳しくは以下の記事も参考にしてみてください。

ユニフレーム ファイアグリル ユニフレームのファイアグリル(焚き火台)を2年使った感想! ユニフレームファイアグリル 網 ユニフレーム ファイアグリルの網を交換!長持ち・安定して使える焼き網は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です