尾上製作所 マルチスタンドの感想 – キャンプ・焚き火に!ONOE

尾上製作所 マルチスタンド

ONOE(尾上製作所)マルチスタンドは、焚き火やキャンプで使うことを考えて作られた、鉄製の頑丈なスタンド。天板は鉄の網で作られており、汚れや傷にも強く、焚き火調理をする時にテーブルや調理台として使うことも考えられています。

個人的には、キャンプや焚き火調理をする際のローテーブルとして使用するために購入しました。ONOE マルチスタンドを実際に使ってみた感想をレビューしていきたいと思います。

尾上製作所 マルチスタンドを使ってみた感想

ONOE マルチスタンド

このスタンドは、レジャー用品などを製造している株式会社 尾上製作所という国内のメーカーが作ったものです。価格は手頃ですが、キャンプ雑誌などでも取り上げられており、評価も高い製品です。

実際に使用してみると、細かい作りで気になる部分もありましたが、頑丈で熱に強く、焚き火に向いた製品という印象を受けました。
実際にキャンプで使ってみて、良かった点や気になった点などを紹介していきます。

良かった点

なによりも、汚れや傷が気にならないこと。とにかく頑丈な作りであることが気に入っています。鉄の網状の天板なので、汚れも簡単に拭き取れます。

多少の傷・汚れも気にならない

ONOE マルチファイアテーブル

もともと木製のテーブルを使用していたのですが、汚れた調理器具や火ばさみなどを置くと、傷や汚れが目立ってしまいます。そこで探し出したのが、ONOEのマルチスタンド。

鉄格子のような天板ですが、太さもあってとにかく頑丈でがっしりしています。机の上には、火ばさみなどを荒っぽく置いても全然へっちゃらです。木製のテーブルだと、傷が気になってしまうところです。

もちろん、火の粉や灰が天板に落ちてきても心配要りません。

とにかく熱に強い

ONOE マルチファイアスタンドの上でネイチャーストーブを焚く

鉄製の素材は、焚き火の熱も全く気になりません。調理中、沸騰した鍋やケトルをそのまま置くこともできます。
マルチスタンドは、直火の調理台としても使用することが考えられた製品です。薪を載せたり、焚き火台の横に置いて多少の炎が当たっても、気になることはありません。

持ち運びやすい取手

ONOE マルチスタンドには、持ち運び用の取手が取り付けられています。ケースがなくても取手を持って移動できるのは便利。もちろん、脚は畳んで収納できます。
ただし、脚を畳んだ時に固定できないので、取手を持って運ぶと多少、脚がぶらぶらしてしまうことがあります。この点はちょっと残念。

使える用途が広い!

個人的には、焚き火やキャンプをする時のローテーブルとして使用していますが、他の使い方も色々と考えられます。
例えば、クーラーボックや荷物を置くための小さい棚として。熱や汚れを気にせず、焚き火台の横に置いて薪や火ばさみ、火吹き棒などを置く、「焚き火道具置き場」として使用するのも便利です。
カットした薪を置く、「薪置き場」にもいいかも。

他にも、焚き火台を一段高くするための、「焚き火台を置く台」としても活用できます。熱や火の粉を気にせずに済むので、焚き火調理やキャンプで用途が広がります。

無骨なデザイン

特に気に入っているポイントは、やはり無骨なデザインです。カラーは黒、白、赤の3色がありますが、やはり焚き火台の横に置いたり、直火をする横に置くなら黒色です。森の中で使っていても映えるデザインです。

気になった点

基本的には気に入っていますが、値段が手頃なせいなのか、細かい点で気になる箇所があります。

脚が固定できない

上でも書きましたが、本体のスタンド(脚)を収納した時に、固定できません。脚が宙ぶらりんの状態になるわけです。
完全に開くことはないので、そこまで困ることもないのですが、しっかりロックされていると安心して持ち運べるのに、、この点は惜しい。
取手を持って歩く時に、脚が開くような気がして気になります。

若干のぐらつきがある

脚を開いたときは、いちおう固定されるようになっているのですが、ここにほんの少し「あそび」があります。固定がちょっと緩いんですね。。
そのため、足を開いた時に、ほんの少しぐらつくような感じがします。

やや重いかも

このマルチスタンドには、SサイズとMサイズの2種類が販売されています。僕が購入したMサイズは重量が3.8kgあり、木やステンレスのテーブルと比べても、ちょっと重いです。
その分、頑丈で熱に強いとも考えられますが。。

 

細かい点ですが、以上の3点が使っていて気になった点です。
使用する上で、そこまで大きな問題にはならないかもしれませんが、気になる方は気になるのではないでしょうか。

キャンプにおすすめ!荒い使い方ができる

このマルチスタンド、汚れや火の粉を気にせずに使えるという点で、特に焚き火を頻繁にするようなキャンプユーザーにおすすめです。
焚き火台の横に置くローテーブルを探している方や、ちょっとした棚にもなるテーブルとしても活用できます。

ちなみに、サイズはSとMの2種類から発売されています。

S M
サイズ 幅45cm × 奥行40cm × 高さ27cm 幅60cm × 奥行45cm × 高さ27cm
収納時サイズ 幅45cm × 奥行41cm × 高さ5.5cm 幅60cm ×  奥行46cm × 高さ5.5cm
重さ 3.1kg 3.8kg

onoe マルチスタンド

ロースタイルのチェアと合わせて、焚き火をしながら調理をしたり、焚き火料理を食べるためにはぴったりです。
多少荒い使い方をしても気にならない点は嬉しい限り。価格が手頃な点も見逃せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です