チタンダブルマグ(スノーピーク)一生物のマグカップを買うなら

スノーピーク チタンダブルマグ

スノーピークのマグカップは、いくつかの種類が発売されています。中でも、保温性や保冷性が高い上に、軽量で見た目も美しいのが「チタンダブルマグ」。
購入して数年が経ちましたが、時間が経つほどお気に入りのマグカップとして、キャンプだけでなく自宅でも愛用しています。

チタンダブルマグの特徴や、使用する上でのメリットやデメリットなども紹介してみたいと思います。

スノーピーク チタンダブルマグの特徴

高価な食器やアウトドア製品に使用されている「チタン」素材。チタンは、軽量で酸化しにくいため腐食しにくく、長持ちするという特徴があります。
それだけでなく、特にアウトドアシーンで重宝されるのが熱を遮断するという特性を備えていることです。

チタンのマグカップなら、熱伝導がされにくたいめ、外気の寒さ・暑さの影響を受けにくく、マグに入れた飲み物が保温・保冷されやすくなるのです。

さらに、「チタンダブルマグ」はチタンを2重の壁のような構造にしたもの。保温・保冷力の高いチタンが二重構造になるため、さらに高い保温・保冷力を維持できるというわけです。

ダブルウォール

写真:SnowPeak

他のマグカップと比較すると?

スノーピークには、ステンレスチタンシングルチタンダブルの、3つの種類のマグカップが発売されています。
当然ながら、チタンのカップは他のステンレスよりも割高。チタンダブルマグはさらに価格が高くなります。

保温力・保冷力、実際のところは?

SnowPeak チタンダブルマグ

チタンの方が保温・保冷力が高いこと。二重構造のチタンダブルマグの方がさらに優れているということも分かりました。
しかし、実際に使ったことがない方は、これら3つの製品にどれほどの差があるのか気になっているのではないでしょうか。

個人的な感想を書くと、保温・保冷力には明らかな違いがあります。

チタンダブルマグ220を購入して、まず最初に驚いたのが、熱湯をマグに注いでも、カップの外側や持ち手が全く熱くならなかったことでした。他の陶器や、ステンレスのマグと比較すれば、この差は明らかです。

通常、陶器のカップに熱湯を注ぐと、熱くて外側を持てませんよね?先にも説明した通り、チタンダブルマグは熱伝導を二重に遮断するため、飲み物の熱を外側に逃しにくい。外気の温度を容器の内側に伝えにくいのです。

特に冬の寒い日に屋外で暖かい飲み物を飲む際、マグカップ自体が冷たくなり、飲み物もすぐに冷たくなってしまいます。
チタンダブルマグを使用すると、ステンレスやチタンシングルの容器と比べて、熱い飲み物は熱いまま。反対に、暑い夏の日は冷たい飲み物を冷たいまま保ってくれます。

チタンダブルマグ220でコーヒー

これは、普通のマグカップと比較すれば、明らかな違いがあるということが実感できます。

チタンの手触りと質感

チタンダブルマグを購入して数年経ちますが、風合いは時が経つほど微妙な落ち着きを見せてくれます。
チタン合金自体、もともと、少しかすんだような渋い色合いですが、時間が経つとやや渋みのある色合いに変わります。
手触りはとても滑らかで、滑らかな感じがします。

スノーピーク チタンダブルマグとスクー

チタンはとても軽量に作られているという点も、登山などやキャンプに携行する際にありがたい物。

チタンシングルや、非チタン製のマグと比較すれば、価格は少々高くなります。しかし、それなりの価値があり、長く使える製品であると思える製品です。

チタンダブルマグのデメリット

機能、質感共に申し分ないスノーピークのチタンダブルマグ。しかし、もちろんデメリットもあります。
まず、価格が高いこと。これは材料や機能性、製造の難しさを考えれば納得できるかもしれません。

他にも個人的に一番気になるデメリットとしては、直火にかけられないことでしょうか。

チタンダブルマグ・シングルマグは直火にかけられない

ダブルマグは、先に説明した通り、チタンの二重構造になっています。これを直火にかけると、真空部分が破裂する危険があり、直火にかけることはできません。

チタンダブルマグ、チタンシングルマグ共に、直火にかけることをメーカーが禁止しています。

寒さが厳しい場所でキャンプをするのなら、マグカップは直火に掛けられる方が良いというのが、個人的な意見です。
たとえダブルマグでも、あまりにも寒い場所ではすぐに飲み物が冷たくなってしまいます。

冬でも屋外で過ごす時間の長いキャンパーは、チタンマグ以外にも直火ができるマグを1つ購入しておくと安心です。

さいごに – サイズ感など

僕が購入した、220mlサイズは、チタンダブルマグの中では最も小さいサイズです。登山などで、ザックに収納するのならこのサイズはちょうど良いと思います。

ただ、夏の暑い日などでたくさん飲み物を補給する場合など、もう少し大きめのサイズの方が便利だと思います。
収納のことをあまり気にしないのなら、もう1サイズ大きい、300mlくらいの方が、たっぷり注げるので便利ではないでしょうか。
これ以上サイズの大きな、450mlサイズなら、スープなどを飲む用途でも使えます。

個人的に、チタンダブルマグ220を、数年(おそらく5年ほどになるはず)継続して使用しています。
当初はキャンプ用に購入したものですが、保温・保冷力が格段に高いこの製品、実は自宅でも普通に使用するようになりました。
時間が経つほど、風合いが落ち着き、自分だけのお気に入りのマグカップに変わっていってしまいました。

ステンレスのマグと比較すると、少々割高ですが、「良い製品を長く使いたい」という方にとっては、長く愛用できる製品となるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です