スノーピーク焚き火台Lサイズ用の五徳 – これが使いやすかった

YouTubeを観た人から、「スノーピークの焚き火台(Lサイズ)の上に乗せている五徳はなんですか??」という質問をよくいただきます。
あれは、キャプテンスタッグの「2Way 焚火ゴトク(ワイド)」という製品です。

五徳というと見た目はシンプルですが、そのわりに高額という印象を持っていたのですが、お馴染みキャプテンスタッグの五徳は価格は良心的。品質や使い勝手にも満足しています。

スノーピーク焚き火台Lサイズ用ゴトク

この記事では、僕が使っているスノーピークの焚き火台(Lサイズ)の焼き網や、五徳について。それから、キャプテンスタッグの2Way 焚火ゴトクの活用法について書いてみたいと思います。

スノーピーク焚き火台 Lサイズのゴトク

焚き火台で料理をしたい人、鍋やフライパンを乗せるための五徳が欲しいという人は多いと思います。しかし、意外にもスノーピークの焚き火台(Lサイズ)用に、純正の五徳は売っていません。
ただ、焼き網やグリルを接続するための「グリルブリッジ」と、「焼き網.Pro」というオプションが販売されています。

スノーピーク焚き火台の焼き網とグリルブリッジ

実は最近、家族でBBQするためにこの2つを購入しました。焼き網.Proは、焼き網とは言いつつ網目が太くて頑丈で、重さのある鍋を乗せても曲がったりはしません。

しかし、このグリルブリッジと焼き網.Proは、大きさと重さがかなりあります。

一人でキャンプ場に行くことが多い僕の場合、可能な限り荷物は減らしたい。なかなかこの2つをセットで持っていく気になれません(そもそもソロキャンプ にLサイズは大きすぎるのでは?という問題は承知の上で..)。

焼き網.Proはグリルブリッジとセットでなければ使えないので、結局2つとも持って行かないないといけないわけです。お値段もそこそこします。

2Way 焚火ゴトク

以前の記事で、別の「焚火ゴトク」を使っていると紹介しました。 あれもキャプテンスタッグの製品なのですが、Lサイズの焚き火台に乗せるとサイズがギリギリで、もう少し余裕のあるサイズを探していました。

ゴトク

以前スノーピークの焚き火台に使っていたゴトク

2Way 焚火ゴトクは、Lサイズの焚き火台に乗せてもちょうど良いゆとりがあります。

スノーピークの焚き火台Lサイズと2way焚き火ゴトク

今主に使っている2way焚き火ゴトク

これで、重さも大きさもスノーピーク純正のグリルブリッジや焼き網.Proの半分くらいの大きさです。重さもそれほどではありません。財布にも優しいです。

五徳の上の調理器具を載せられるスペースも、これくらいで良いかなと思います。鍋1つ、フライパン1つくらいは余裕で載せられる。良い大きさです。

活用の幅が広い 2Way焚火ゴトク

キャプテンスタッグ 2way 焚火ゴトク

2Way焚火ゴトクには、着脱できる脚が付いています。焚き火台の上に載せる時には、この脚を取り外すわけです。

脚を付ければ、直火で焚き火をする時に自立したゴトクとして活用できます。無骨な雰囲気の焚き火を楽しめます。
鉄の径は太く、耐荷重は20kgもあります。重いダッチオーブンを乗せても問題ありません。

もう一つの便利な活用法として、テーブルのような使い方もできます。20kgの耐荷重を超えなければ、自立したゴトクの上にウォータージャグやクーラーボックスを乗せてもOKというわけです。

ついでに、木製天板を乗せるとローテーブルとしても使えます。僕も、この2Way焚き火ゴトク用に、簡易的な木製天板を作ってみようと考えています。単純に、ちょうど良いサイズに板をカットして、ゴトクの上に載せるだけでもいいかなと思っています。

 

2way 焚火ゴトク(ワイド) UG-3260写真:キャプテンスタッグ

 

スノーピークの「グリルブリッジ」や「焼き網.Pro」も、もちろん便利です。しかし、あの大きさや使い勝手、値段が気になるという方は、ちょうど良い大きさの五徳を探してみるのもおすすめです。

個人的にはほどよい大きさで活用法も多く、値段も手頃なキャプテンスタッグの2way焚き火ゴトク。なかなかおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です