スノーピークの焚き火台は一生物 – 実はデメリットも多い?

スノーピーク 焚き火台 Lサイズ

これまでユニフレームの焚き火台「ファイアグリル」を数年間使ってきました。焚き火遊びにハマっていく中、他社の焚き火台もどんなものなのか試したくなってきます。

変わった焚き火台も気になりますが、前々から一度は使ってみたいと思っていたのが、スノーピークの焚き火台。海外でも評価の高い焚き火台ですが、そんなに良い物なのか?
スノーピークの焚き火台の特徴やラインナップ。代用できる焼き網やロストルなどについても紹介してみたいと思います。

スノーピークの焚き火台 – はじめて手にした感想

スノーピーク 焚き火台

僕が手に入れたサイズはLサイズ。家族でキャンプを楽しむことを考えて、一番大きなサイズに決めました。のちほど紹介していますが、2〜3人以上で使用することを考えると、Mサイズは僕にとって少々小さく感じてしまいました。

まず、初めてスノーピークの焚き火台を使ってみた感想から書いていきましょう。

頑丈で分厚いステンレス板

スノーピーク 焚き火台

Lサイズ本体の重さは、5.3kg。加えて、スターターセットに含まれる「炭床」が3.9kg、ベースプレートが1.9kg
この3つがセットになって収納袋に入っているのですが、合計で、11.1kg。。ん?!

そう。このセットを初めて持った時の印象は、とにかく「重い」です。

ユニフレームの焚き火台「ラージサイズ」と比べてみると、本体だけなら意外にもユニフレームのラージ 方が重いです。ただ、よく比べてみると、ユニフレームの方がサイズが一回り以上大きいです。

スノーピーク 焚き火台(Lサイズ) ユニフレーム ファイアグリル(ラージサイズ)
サイズ 450×450×300(高さ)mm 570×570×390(高さ)mm
重さ 5.3kg 5.5kg

実際に手で触れてみると分かるのですが、スノーピークの焚き火台は、本体の「炉」の部分のステンレス板の厚みが尋常ではないです。

スノーピーク 焚き火台 脚

こんなに分厚くしなくてもいいんでない??と思うほど、頑丈な作りになっています。特にLサイズについて言えることですが、この重さで、片手で持って歩くのは現実的とは言えません。
オプションで販売されている頑丈な帆布のケースは、肩に掛けられるので、必要不可欠になりそうです。

スノーピーク 焚き火台 収納ケース(帆布)

頑丈な収納袋でなければ、持ち手がほつれてしまうことは容易に想像できます。

使い方は簡単

次に印象的だったのが、組み立てが簡単だったこと。「組み立て」というほどでもないくらいですが。焚き火台の脚を持ったまま、前後にクロスさせるように開くと、ぱかっと開いて完成。

オプションが高くて困った

購入する前から分かっていたことですが、これまで使っていたユニフレームの焚き火台と比べると、オプションが高いです(本体も割高ですが)。

どうしても必要なのが、肉を焼いたり鍋を載せたりするグリル関連のオプション。これがないと焚き火料理ができない。。

スノーピーク 焚き火台とグリル

写真は社外製のゴトクをセット

せっかくなら「スノーピークの純正品」で揃えたくなりますが、スノーピークの焚き火台(M,Lサイズの場合)焚き火台の上にそのままのせる焼き網は販売されていません。

どういうことかというと、焼き網やプレートを載せるには「グリルブリッジ」というオプションが必要になるのです。グリルブリッジを焚き火台に取り付け、その上に専用の焼き網やプレートを別途購入して載せるというわけ。

つまり、こういうことです↓

スノーピーク 焚き火台のグリルセット方法

焚き火台と焼き網の間にある物が、グリルブリッジです。
ただ、Sサイズの焚き火台は、グリルブリッジとグリルが一体になった「グリルネット」なるものが販売されています。

グリルネット

写真:スノーピーク

グリルブリッジがあれば、焚き火台から焼き網までの距離を多少調整できます。火加減を調整しやすくなるので、便利なものではあります。

、、ですが、純正のグリルブリッジと焼き網は、安くはないのです。ちょっと高いかも。

LサイズとMサイズ、それぞれで本体とグリルブリッジ、焼き網を揃えるといくらになるのでしょうか?計算してみます。

本体とグリルブリッジ・焼き網の合計金額

Lサイズ Mサイズ
グリルブリッジ ¥5,400 ¥4,800
焼き網 Pro ¥5,600 ¥4,700
本体 ¥15,600 ¥12,600
合計(税別) ¥26,600 ¥22,100

※価格は全て税別。スノーピークオンラインストアの価格を参照しています。

実際のところ「本体のみ」ではなく、収納袋と、炭床、ベースプレートがセットになった「スターターセット」を購入する方の方が多いのではないでしょうか。

少しくどいですが、スターターセットと、グリルブリッジ、焼き網を購入した場合の合計金額も計算してみます。

スターターセットとグリルブリッジ・焼き網の合計金額

Lサイズ Mサイズ
グリルブリッジ ¥5,400 ¥4,800
焼き網 Pro ¥5,600 ¥4,700
スターターセット ¥24,800 ¥19,800
合計(税別) ¥35,800 ¥29,300

※価格は全て税別。スノーピークオンラインストアの価格を参照しています。

一式揃えると税込で3万円を超えるので、それなりの価格になるということです。

スノーピーク 焚き火台のオンライン価格

Lサイズ 本体のみ

焚き火台M 本体のみ

Amazon 楽天市場
Mサイズ 本体のみ

焚き火台M 本体のみ

Amazon 楽天市場
Lサイズ スターターセット

焚き火台L スターターセット

Amazon
※取り扱いなし
楽天市場
Mサイズ スターターセット

焚き火台M スターターセット

Amazon
※取り扱いなし
 楽天市場

ただ、あとで説明する通りスノーピーク純正のオプションの代わりに社外製のロストルや焼き網、トライポッドを組み合わせれば、もう少し安価に焚き火料理が楽しめます。
グリル周りは、いきなり純正品を購入しなくても、社外品で間に合わせても良いのではないかと思います。


ここから、スノーピークの焚き火台で使える、社外品のロストル、五徳、焼き網などを紹介してみます。

ロストル・焼き網の選び方

スノーピーク 焚き火台と社外製のグリル、焼き網

上でも説明したように、純正のグリルブリッジは少々割高。ということで、焚き火台に直接載せられる、ちょうど良いサイズの焼き網やグリルなどで代用してみます。

焚き火台の「炉」よりも小さいサイズだとのせることができないので、大きめのサイズを選びます。

ユニフレーム製の焼き網・ロストルがちょうどいい!

ロストル

一例ですが、ライバル製品のユニフレーム ファイアグリル専用の焼き網、ロストルはおすすめです。

焼き網・ロストル

ユニフレームの焼き網とロストル

Lサイズに合う物 Mサイズに合うもの
ロストル ファイアグリル ラージ ヘビーロストル ファイアグリルヘビーロストル
焼き網 ファイアグリル ラージ用 焼き網 ファイアグリル用 焼き網

他にも様々な焼き網が販売されていますが、ユニフレームの焼き網は若干太めで、長持ちします。買い換えが少なくて済むので、結局割安になります。

ヘビーロストルはステンレスの棒がとても太く、ダッチオーブンなどの重い鍋を載せることもできます。もちろん肉を焼いたりもできますし、一度購入すればほぼ買い換える必要がありません。

便利な社外品のゴトク

個人的に、2〜3人で使う時にちょうど良いなと思い購入に至ったのが、以下の「キャプテンタッグ」のゴトクです。

ゴトク

見た目や色合いが無骨で気に入ったのですが、網が図太く、上に重い鍋などを乗せても大丈夫です。焚き火台の上を完全に覆ってしまうことがないので、薪の出し入れや位置調整はしやすいです。価格も安く、使いやすい道具です。

スノーピークの焚き火台と、社外品のゴトク

 

キャプテンスタッグ 焚火ゴトク

キャプテンスタッグ ゴトク

ただ、この製品はLサイズの焚き火台に載せるとやや小さめなのが気になります。使えないことはないですが、ちょっと窮屈な印象。
そこで、最近使っているのが次のゴトク。
キャプテンスタッグ 2way 焚火ゴトク
キャプテンスタッグの「2Way 焚き火ゴトク」です。これだと、Lサイズの焚き火台にもちょうど良く、ついでに他の活用法もたくさんあるので便利です。脚の部分が着脱できるので、脚を外して焚き火台に載せて使います。

スペースを有効活用できるトライポッド

「トライポッド」というのは、三脚のようなアクセサリーで、ケトルや鍋などを鎖に引っ掛けて調理することができます。

トライポッド

トライポッドの良いところは、焚き火台の上の空間を有効に活用できることです。焼き網のように、薪の出し入れを邪魔することもありません。
鎖の長さを調整して、焚き火台から調理器具までの位置を柔軟に調整できるので、火力調整もしやすいのです。

スノーピークの焚き火台とトライポッド

トライッポッドでダッチオーブンやケトルが吊るせる

トライポッドひとつと、先ほど紹介したロストルがあれば、簡単な焚き火料理には困りません。僕が購入したのは、やはり社外品の「キャプテンスタッグ 」のトライポッド。
特に変わったものでもありませんが、スノーピークの焚き火台(サイズ問わず)と合わせて、十分使えました。

キャプテンスタッグ UG-10

トライポッド


社外製の製品でも、サイズさえ合って安全性に問題がなければ、焚き火台と一緒に使用することができます。

スターターセットか単品購入か?

最後に、これからスノーピークの焚火台を購入しようと考えている方に、「セット内容」についても簡単に説明してみようと思います。

スターターセットの内容

スノーピークの焚火台には、「スターターセット」が存在します。
焚き火台本体だけを購入しても、使えるには使えます。ただ、バーベキューをするのなら「炭床」があった方が良いです。本体が重いので、収納袋も持ち手が太く、頑丈で肩にかけられる物が良いです。

スターターセットには、頑丈な帆布の収納袋と、炭床。それに、焚き火台の熱で地面を痛めないようにするための「ベースプレート」が付属しています。
ベースプレートは、特に芝のキャンプ場などで、芝を痛めないようにするためにあると助かります。

ベースプレート

ベースプレート

焚き火台 ベースプレート

スターターセットは、この3つと焚き火台本体が付属しており、それぞれを単独で購入するよりも割安になります。

「スターターセット」は必要?

個人的には、肩にかけられる頑丈な収納袋と、家族でBBQをする時のために、炭床は必要です。ただ、芝のある場所で焚き火をする機会がほとんどないですし、ベースプレートは無くても良いかなぁと考えています。

しかし、計算するとベースープレート以外を単品で購入しても、結局スターターセットよりも割高になってしまいます。スターターセットの価格設定、上出来です。

サイズについて

実際に、キャンプ用品店で3つのサイズを横並びにして思ったことは、2名以上で焚き火調理をするのなら、Lサイズがおすすめ。 家族でキャンプをするのなら、やっぱりLサイズです。

S・Mサイズ、意外と小さかった

実は、実物を見るまではMサイズを購入しようと思っていました。しかし、キャンプ用品店で実物を見た時に、SサイズとMサイズが予想以上に小さいということに気付きます。

Mサイズでは、大きい薪を一度に2〜3本入れるのはちょっと難しそう。2名以上で調理をすることを考えると、現実的にはLサイズが最適かなと考えます。Mサイズは、1〜2名で小さい鍋を使うような、コンパクトなキャンプに向いていそうです。

Sサイズは超ミニマム

一番意外だったのが、Sサイズのサイズ感です。予想よりもはるかに小さく、小鍋1個を乗せるとスペースが無くなるくらいです。そのぶん、収納時にとてもコンパクトになるわけなので、持ち運びには優れています。

長く使える、頑丈なスノーピーク

スノーピーク 焚き火台

スノーピークの焚き火台の頑丈さは素晴らしいと思います。僕は、一生使える焚き火台を選びたいと考えて、スノーピークの焚き火台を選びました。
使えば使うほど、表面の色合いが絶妙に変化しています。我が家の色になるまで、大切に使いたいと思います。

スノーピーク 焚き火台の価格

Lサイズ 本体のみ

焚き火台M 本体のみ

Amazon 楽天市場
Mサイズ 本体のみ

焚き火台M 本体のみ

Amazon 楽天市場
Lサイズ スターターセット

焚き火台L スターターセット

Amazon
※取り扱いなし
楽天市場
Mサイズ スターターセット

焚き火台M スターターセット

Amazon
※取り扱いなし
 楽天市場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です