焚火台とは – キャンプで必ず焚き火台が必要な理由

ユニフレーム ファイアグリル

次々と新製品が発売されている、焚き火台。最近ではキャンプ場で焚き火台を見かけないことはほとんどありません。

焚き火台は、BBQグリルとして使える物もたくさん発売されています。しかし、一番の用途は薪を燃やし、炎を眺めるためのもの。そんな、一風変わった目的の製品こそ、焚き火台なのです。
道具としても凝った作りの物が多く、有名なアウトドアブランドの製品以外にも、「ガレージブランド」と呼ばれる、一般の方が作った物まで販売されています。
専用のオプションもたくさん販売されており、実用的で、焚き火を楽しむ人にとっては必要不可欠なものです。

このページでは、焚き火台とはどんな物か?焚き火台が必要な理由や、焚き火台の種類についても簡単に説明してみたいと思います。

焚き火台とは?

焚き火台とは

僕にとっては、キャンプやデイキャンプをする目的は、ほぼ焚き火をしに行くようなものです。焚き火で調理を楽しみ、暗くなると焚き火の炎をゆったり眺めるのが、キャンプで一番の楽しみです。

焚き火をするためにキャンプに行くという方は多いのではないでしょうか?

焚き火台の楽しみ方

焚き火台は、安全に焚き火を行うための道具でもあり、直火(地面で焚き火をする)ができない場所で焚き火を楽しむための道具でもあります。

焚き火台を使用することで、芝生や自然を傷めることなく、そして地面を汚したりすることなく、焚き火を楽しむことができます。また、後で詳しく説明する通り、焚き火台と関連製品を活用することで、焚き火での調理を容易にすることもできます。

焚き火台とBBQグリルの違い

キャンプを始めたばかりの頃、個人的に「BBQグリル」「焚き火台」の違いがイマイチ分からなかったのですが、今ではなんとなく理解できます。

BBQグリルの用途

BBQグリル
BBQグリルは、その名の通り、あくまで焼肉などバーベキューを楽しむためのものです。炭を置くためにちょうど良い形をしていますが、大きな薪を燃やすための形はしていません。反面、肉を焼きやすいように焼き網をセットするための場所があるのが普通です。
そもそも、バーベキューの場合、大きな炎を上げると肉が焦げてしまいます。

焚き火台の用途

焚き火台
焚き火台は、薪を燃やして炎を作り、それを眺めるという楽しみ方をします。大きな薪でも燃やしやすいように、薪を投入する場所も大きく作られています。大きな薪も置き、空気を取り入れて燃焼しやすいような作りになっているのが特徴的です。
焚き火台のもうひとつの楽しみは、焚き火調理。BBQグリルとは異なり、焼き網を置くための場所がない物も多く、そうした焚き火台は、のちほど説明する通り、調理をするためのオプションを別途購入する必要があります。


焚き火台は、薪を燃やして炎の鑑賞を楽しむための道具。BBQグリルは、バーベキューを楽しむための道具。そういうふうに考えてみると、分かりやすいかもしれません。

焚き火台が必要な理由

キャンプと焚き火台

ここまで読んで、焚き火台がどのような物か、ほんの少しでも理解してもらえたかもしれません。焚き火台は、炎を眺め、焚き火での調理を便利にしてくれるアイテムなのです。

、、しかし、それ以前の用途として、始めにも書いたとおり、直火が禁止されている場所で焚き火を楽しむための製品でもあります。

焚火台なしでは焚火できない場所も多い

焚き火禁止

最近では、公園や河川敷、海浜だけでなく、キャンプ場などでも自然保護や山火事の危険性を考慮し、直火(地面で直接焚き火をすること)を禁止する場所が増えています。

そうした場所でも、BBQグリルや焚き火台なら使用して良いという場所がたくさんあります。

キャンプ場でも「直火禁止」が多い

草地や芝のキャンプ場では、ほとんどの場所が「直火禁止」となっています。こうした場所で直火で焚き火をすると、その場所だけ芝がなくなってしまったり、黒く変色・変形してしまうことも理由のひとつです。

しかし、焚き火台なら芝や草地を痛めないので、使用しても大丈夫、ということなのです。

自然環境でも、焚き火台が必要

自然公園や河川敷、砂浜などでも、よく調べてみると直火は禁止ですが、焚き火台やBBQグリルなら使用しても大丈夫という場所が多くあります。ただし、その場所を管理する関係各所に確認を取る必要があります。

焚き火台は、アウトドアのマナーのひとつとも言えるものなのです。

焚き火台があると便利!

ユニフレームファイアグリル 網

焚き火台は、マナーや安全性のためだけでなく、アウトドアシーンでは実用的で便利な面もたくさんあります。
次に、焚き火台を使う実用的なメリットを考えてみました。

焚き火の場所を移動できる

自然の中で焚き火をしていると、突然強い強風に煽られることは日常茶飯時です。こうなると、煙や火の粉がテントや、自分が座っているほうに飛んでくることもあります。しかし、最悪、焚き火台なら焚き火そのものの位置を移動させることができます。

ほとんどの焚き火台は、組み立てた状態でも移動がしやすいように作られています。ただし、炎が上がっている状態で移動させるのは非常に危険。風が強い時に動かそうとすれば、火の粉が自分の顔に向かってくることも。移動の際は、十分に気をつけて移動させましょう。

BBQやグリル調理が手軽に

ユニフレーム 薪グリル 調理風景

あとで詳しく説明する通り、焚き火台にはグリルや焼き網を取り付けられるオプションがあります。また、はじめから調理がしやすいように作られた焚き火台も発売されていて、焚き火調理をするのが前提なら、こうした製品を選ぶのも良いと思います。

焚き火台のオプション

焚き火台専用のオプション、と言っても、たくさんあり過ぎて、しかも次々と新しい製品が発売されているので簡単ではありません。ここでは、特に紹介したいオプションの中から、一部を紹介してみます。

トライポッド

トライポッド

ケトルを吊るしている三脚のようなものがトライポッド

見た目にも、焚き火らしさを演出してくれるのがトライポッドです。ダッチオーブンやケトルを吊るすこともでき、本格的な焚き火調理を楽しむにはぴったりの物です。
小さく収納できる製品が一般的で、持ち歩きにもそれほど苦労しません。

アンカー、フック

ファイヤーアンカー

写真:ペトロマックス

焚き火台だけでなく、直火での使用も便利なアンカー。種類が多く、ここでは紹介しきれませんが、フックと呼ばれる吊り下げ金具と合わせて、調理器具を吊るしたり置いたりすることができます。

ロストル

ロストル

写真:キャプテンスタッグ 

焚き火台の上に置いたり、直火では石の上に乗せたりして使える、格子状の金網がロストルです。
焼き網と比べ物にならないほど太くて頑丈で、ロストルの上には鍋やダッチオーブンなどの調理器具を乗せて使います。また、直接肉などを置いて焼くこともでき、焚き火同部の中では基本的なアイテムの一つとも言えます。


ここで紹介したオプション以外にも、たくさんの製品が発売されており、アイデア次第で様々な組み合わせや、使い方ができます。
むしろ、安全性を考慮すれば、自分の使いたいように組み合わせて使えるのが、焚き火グッズの楽しいところ。ぜひ、自分の使い方に合ったオプションと合わせて、焚き火調理を楽しんでみてください。

焚き火台の種類

最後に、一般的な焚き火台の種類をまとめておきます。あくまで、僕が考える焚き火台の種類なので、実際にはもっとたくさんの分類ができるかもしれません。
ここでは、大まかなものとして捉えてもらえればと思います。

広口の焚き火台

キャンプ場などでもよく見かける一般的な焚き火台は、広口で上から薪が置きやすくできています。人気のある、代表的な製品を2つ紹介します。

スノーピーク「焚き火台」

スノーピーク焚き火台

画像:スノーピーク

焚き火台の中でも定番製品であり、頑丈で長く使える製品と言えば、スノーピークの焚火台。シンプルな三角形の構造ですが、耐久性に優れており、持ち上げてみると意外なほど重量感があります。
コンパクトながら、ワンタッチで設営ができる優れた製品でもあります。

ユニフレーム「ファイアグリル」

ユニフレーム 焚き火台

画像:ユニフレーム

スノーピークの焚火台と並んで定番の製品が、ユニフレームの焚き火台。リーズナブルな価格設定ですが、オプションも豊富で使いやすい、人気の製品です。
大きな薪も次々と乗せられ、BBQグリルとしても使えるよう、購入時に焼き網が付属しています。

調理がしやすい焚き火台

新たな焚き火台がたくさん発売される中、炎を眺めるだけでなく、調理がしやすい焚き火台も次々と発売されています。

ユニフレーム「焚き火ベース450」

ユニフレーム 焚き火ベース

画像:ユニフレーム

2018年末、ユニフレームから新たに発売された製品。15kgの重量に耐えられる、調整可能なチェーンが2本付属。ついでに、調理可能なゴトクも付属しています。
これだけで、充分に焚き火調理が可能。見た目もワイルドな、全く新しい製品です。今、僕が喉から手が出るほど欲しいアイテムです。。

ユニフレーム「薪グリル」

ユニフレーム 薪グリル

画像:ユニフレーム

「グリル」と名前が付いている通り、焚き火で調理をするために作られた製品です。風の影響を受けにくく、火加減の調整がしやすいように作られています。
10kgの耐荷重があり、ダッチオーブン調理も可能な、便利なアイテムです。

小型で場所を選ばない焚き火台

焚き火台と言えば、数人で炎を囲んで楽しむイメージがあります。しかし、たった一人で小さな炎を楽しむというのも、また違った楽しみ。
そんな使い方もできるように、小型で持ち運びにも便利な焚き火台が発売されています。

ユニフレーム「ネイチャーストーブ」

ユニフレーム ネイチャーストーブ

画像:ユニフレーム

小さめのポシェットにも収まるサイズの「ネイチャーストーブ」。実際に試してみたところ、小枝や落ち葉に火をつけただけで、ものすごい勢いで炎が上がって驚きました。

ゴトクも付属しており、お湯を沸かしたり、専用の焼き網で焼き鳥などの簡単な調理を楽しむこともできます。

 

今後、新しい焚き火台を試してみたら、随時情報を更新していきたいと思います。

キャンプには必要不可欠な「焚き火台」

僕にとって、焚き火台は、キャンプを始めるなら必要不可欠な道具。もちろん、キャンプだけではなく、デイキャンプや庭で焚き火を楽しむためにもなくてはならない存在なのです。

焚き火を楽しみ、焚き火での調理を楽しむだけでなく、道具としても面白いのが焚き火台の魅力。今ではたくさんの焚き火台が発売されているので、ぜひ自分に合った焚き火台を探してみてください。

今後も、新しい焚き火台を試したら、このページに随時書き加えていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です