α6400がおすすめできない人は?ソニーの別機種との明らかな違い

α6400は、180度モニターを回転できる「チルト可動式液晶モニター」や、「瞳」に合わせてフォーカスを自動で合わせる「瞳AF」機能の強化など、新しい機能が搭載されたソニーのミラーレスカメラです。

発売後、市場の反応は様々なようですが、個人的には調べれば調べるほどジワジワと気になり始めます。
その理由は、最近になって僕自身が自撮り撮影を頻繁に行うようになったことと関係があります。

これまでαシリーズは、α6300、α7、α7Sⅱと使ってきた僕。自撮り撮影をすることを中心に考えてみると、これはなかなか良いカメラです。

ただ、あまり自撮りをしない人にとっては、、う〜ん。どうなんでしょうか?
ここでは、α6400がおすすめできる人と、あまりおすすめできない人について考えてみます。

6400がおすすめできる人

これまで発売されていた α6300、α6500と比較して、α6400の1番の違いはどこにあるのでしょうか。
それは、やはりAF性能の進化と、液晶モニターが反転可能で自撮り撮影に対応したことです。画像処理エンジンも変更されているので、画質とスピードも向上しているということになります。

個人的に、上位機種であるα6500よりも画質性能が向上されているという点は、ちょっと不思議な感じがしたりもします。あえて手ブレ補正機能が内蔵されていない理由は、α6500との差を作りたかったからなのでしょうか?

本題ですが、以上のような特徴を踏まえた上で、α6400がおすすめできる人を考えてみます。

頻繁に自撮りをするならα6400!

ここは最も大きなポイントなので、少々話が長くなります(お付き合いください)。
「モニターが180度回転できるから自撮りに向いている!」というのはもちろんなのですが、それならパナソニックのLUMIXシリーズなど、一部のカメラでも搭載されています。

画面を見ながら自分にフォーカスを「追従」させることができる、「リアルタイムトラッキング」機能。これが、α6400で自撮りをする上で役立つ機能だなと強く感じます。
しかも、この機能を動画でも使えるという点は、僕にとっては大きいニュースでした。

たとえば、ユーチューバーやインスタグラマーなど、高い頻度で自撮りをする人にとっては、この変化は大きいのではないでしょうか。
極端な言い方をすると、α6400に内蔵された機械学習機能(AI)が、カメラマンの代わりにフォーカスを合わせてくれる、という考え方もできます。

自撮りはしないという方にとっても、瞳AFの機能強化やリアルタイムトラッキング機能は、激しく動き回る人物や動物の撮影で威力を発揮します。これは、詳しく知っておいたほうが良い便利な機能です。

α6300、α6500での「自撮り」がどれほど大変か?

α6300

α6400での自撮りを知る前に、僕が使っているα6300で自撮りをすることが、どれほど大変かを説明させてください(α6500でも同じです)。

僕自身のことを言えば、毎日自撮りをするようなことはないです。が、YouTubeやインスタグラムを更新するようになり、時々自撮りをするようになりました。

α6300での自撮りですが、実際にやってみるとかなり大変だということがわかります。
三脚にカメラを付け、自分にレンズを向けても、画面が確認できないのでピントはおろか、構図さえ確認することができません。
これで撮影をするのは、目隠しして写真を撮るとの大して変わりません。

そういうことなら、、ということで、α6300に内臓された「スマートリモコン」機能を使います。これは、α6300とスマホの専用アプリを立ち上げ、α6300に内蔵されたWi-Fiに接続。スマホの画面を見ながらリモート撮影をする機能です。

α6400

今カメラに写っている映像がリアルタイムにスマホで確認でき、実際の映像を確認しながらシャッターを切れるわけです。この機能で動画を撮影することもできます。

便利そうに聞こえるかもしれませんが、実際にはそうでもありません。

まず、スマホとカメラのWi-Fi接続がそれほどスムーズには進まないです。
Wi-Fiでカメラとスマホを接続するには、いちいちカメラでアプリを立ち上げ(起動時間が数秒かかる)スマホのWi-Fi接続設定でカメラに接続します。スムーズにWi-Fiが検出できればラッキー。一発でWi-Fiを見つけられないことがよくあります。
※NFC機能が搭載されたスマホの場合、スマホをカメラに近づけることで接続できます。

事前にスマホのWi-Fiパスワード設定をしていないと、いちいちカメラに表示されたパスワードをスマホに入力することになります。カメラの電源を切るたびに、その都度Wi-Fi接続をやり直すのも手間に感じますし、Wi-Fi接続中は、S-Log撮影などの様々な機能が制限されることも惜しい。

長くなりましたが、α6400なら画面をひっくり返し、カメラを自分に向けて構図とピントが確認できます。
ピントを合わせたい人に画面上でタッチすれば、画面内で動き回っても、フォーカスを自動的に追い続けてくれます。

自撮りで活用「リアルタイムトラッキング」と「可動式液晶モニター」

α6400 自撮り機能

写真:ソニー 公式サイト

α6400公式サイトでも推している、「瞳AF」機能向上。人間や動物の瞳と、その他の様々な要素を組み合わせて、瞳にフォーカスを合わせてくれます。

これまでもα6300などに瞳AF機能が搭載されていましたが、α6400は画像処理エンジンを新しくして、AI(人工知能)を活用することで、瞳AFの精度と処理速度を向上させています。
それに加えて、リアルタイムトラッキング(特定の被写体にフォーカスを追従し続ける)機能の精度も向上させています。

こうやって言葉にするとややこしいですが、簡単に言えば「カメラで自動的にフォーカスを合わせてもらう」ことを、さらに信頼して任せられるようになったということです。

α6300では、リアルタイムトラッキングが使えるフォーカスモードが限られていました。α6400では、フォーカスモードに関わらず瞳AFやトラッキングを作動させたり、カスタムボタンで「右目か左目」を切り替えられるなど、これまで以上に瞳AFとトラッキングに実用的な磨きがかかっています。

そして、リアルタイムトラッキング機能の精度が向上されているという点では、自撮りをする利便性が大きく向上しています。

α6300や6500、他社の新しいミラーレスカメラの一部にも、リアルタイムでフォーカスを合わせ続ける機能は搭載されています。
α6300でのトラッキング機能も、なかなかのものです。ですが、動きの激しい被写体では、小刻みにトラッキングが解除されたりします。そもそも、トラッキング機能(ロックオンAF)を作動させなければ追従機能を使うことができませんでした。

α6400では、被写体を指定すれば、シャッターを半押しするだけでトラッキングしてくれます。レビュー動画を見ていると、追従の精度と速度は、高いレベルになっている感があります。

この機能を「自撮り」に活用できるのが、個人的には大きなメリットと考えます。

α6300では、自分にフォーカスをトラッキング(追従)させようとしても、そもそも自分の方に液晶が向けられないので、最初の時点でつまづいてしまいます。
「スマートリモコン」機能で、スマホの画面を見ながらトラッキング機能を使おうと思いますが、Wi-Fi接続モードではトラッキング機能は使えません。

α6400なら、たとえば三脚にカメラを取り付けたり、カメラを手に持ったまま自分の方向に向け、画面をタッチしてフォーカスを追従させることができるのです。
自撮りを行う上で、これは強力な機能だと僕は思います。

α6400じゃなくても良い人

ここまで読んでいただくと同じように考える方がいるかもしれませんが、「自撮りをする必要がない」という方の場合、あえてα6400を選ぶ必要はそこまでないのかもしれません。

「こういう方はあえてα6400は必要ないのでは?」というケースを考えてみます。

自撮りをする機会がない

180度回転できる可動式液晶モニターが搭載されていても、自撮りをする機会がないのならディスプレイをひっくり返す機会さえないのではないか、と思います。

瞳AFやトラッキング機能も、自撮りをしないのなら、ある程度 α6300でも実用レベルです。自撮りをする機会がないのなら、僕はα6300で十分だと正直に思います。
市場の反応がまちまちなのも、そもそも「自撮りをしない」方にとっては、評価が分かれるところなのではないかと、個人的には思います。

動きの激しい被写体をあまり撮らない人

α6400の「売り」は、瞳AF・リアルタイムトラッキングの精度向上と、新しくなった可動式液晶モニターです。画質が向上したとは言っても、α6300やα6500でも、十分な高画質性能を得られます。高画質性能に関しては、僕としてはそこまで目新しい変化とは思っていません。本当に画質を優先したいのなら、α6000シリーズではなくα7シリーズを選択すると思います。

瞳AFの精度、トラッキング機能の向上は、これまで以上に動きのある被写体を捉えるために役立つ機能です。しかし、そもそも動きのある被写体を撮る機会があまりない、トラッキングも使わないというのなら、わざわざα6400を選ぶ必要性が薄れるようにも思います。

「ディスプレイが反転できるのでα6400が欲しい」という方は、パナソニックのLUMIX G8や、オリンパスのOM-D EM1、EM5なども視野に入れてみては、、と思います。
これらのミラーレスカメラは、価格がα6400よりも安く、画面を自由に動かせる範囲はα6400よりも広く、見やすいからです。

「ソニーのミラーレスカメラで自撮りをしたい人」向け

α6400は、動画・写真ともに自撮りを強く意識した製品だと思いますが、特に動画での自撮り撮影や、YouTubeでこだわった自撮り映像を撮影したいユーザーには活用度の高い製品です。
自分で記事を書いていて、、α6400が欲しくなったのはここだけの話です。

これまで、ソニーのミラーレスカメラ(α7シリーズ、α6000シリーズ)といえば、「自撮りには不向き」という印象がありました。
ここにきて、とうとう自撮りを意識したカメラを発売してくれたこと。画面の反転機能を実装してくれたことは、個人的には歓迎すべきことです。

特に、専業YouTuberなどの方に一定の需要が期待できるのでは?などと勝手に想像しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です