スノーピーク「スクー」のレビュー – キャンプに万能な食器

スノーピーク スクー

スノーピークの「スクー」は、スプーンとフォークを合わせたような外観のとおり、一本で2つの役割を補えます。

登山やキャンプ、旅行など、荷物を少しでも減らしたい時に重宝するカトラリー。チタン製なので、軽量ながら腐食に強く、色合いも綺麗。キャンパーにはありがたい、便利な機能も備えています。

スノーピーク「スクー」の基本的な使い方や、実際に使ってみた感想なども紹介してみたいと思います。

スノーピーク スクーの使い方とレビュー

スノーピーク スクー

スクーのサイズは2つ。約16cmの通常サイズと、約12cmのショートスクーが販売されています。荷物を少しでもコンパクトにまとめたいのなら、ショートスクーを選んだ方が良さそうです。

スクーの特徴ですが、見ての通り先がフォークのように割れています。この部分で、パスタやラーメンなど、麺類も支障なく食べられます。

スノーピーク スクー

実際に使ってみると、先端のフォークのような部分はそれなりの長さがあり、フォークと全く変わりません。この部分で、肉や果物を差したり、麺を巻き付けたりすることもできます。

スノーピーク スクー

スプーンのように丸みを帯びている部分は、スプーンのような使い方ができます。ただし、先がフォークのように割れているので、スプーンほどたくさんのスープをすくうことはできません。少量のスープを、ほんの少しすくう程度です。

どちらかと言うと、ご飯などをのせて食べるのに適していそう。この部分でご飯をすくって食べることは、スプーンと同じようにできます。
カレーライスなども、スプーンで食べるのと同じように食べることができます。

スクーをキャンプに持って行きたくなる理由

スノーピーク スクー

スノーピークのスクーは、細かい点でキャンプや登山など、アウトドアシーンで使いやすい仕掛けも備えています。

持ち手に穴が開いている

スノーピーク スクー

まず、カラビナなどが取り付けできるように、持ち手に穴が開いています。
僕が購入した通常サイズのスクーは、16.3cmの長さがあります。この長さでも、カラビナなどに付けておけばザックの外側に引っ掛けられるため、収納スペースに困ることはありません。

ショートスクーなら、さらに小さいのでキーホルダーの代わりにしてもいいかも。

「飯炊きスケール」として使える

スノーピーク スクー

持ち手の背面に、ご飯を炊くための計量目盛りが刻まれています(通常サイズ)。お米と水のちょうど良い分量の比率が細かく刻まれており、正確に計量することができます。

これ一本でキャンプカトラリーは十分

スノーピーク スクー

キャンプや登山など、なるべく余計な荷物を減らしたいと考えている方にとって、スクーはとても便利なアイテム。
スプーンとフォークの2つを持って行かなくても、これ1つを携行しておけば食事の用途は満たせます。

絶妙なバランスでファンが多いこの製品。キャンプ以外にも、弁当や自宅で使用するユーザーが多いのも納得です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です