スノーピーク ケトルNo.1でラーメンもコーヒーも!スタッキングは

スノーピーク ケトルNo.1

スノーピークでは珍しく、リーズナブルな価格設定の「ケトルNo.1」。実用性に優れており、折りたためる取っ手や、トライポッドなどに吊り下げられる金具も付いています。

袋ラーメンがちょうど収まるサイズで、ザックに収納しやすく、登山やキャンプなどに便利。ケトルと言いながらも、実際には「小さい鍋」として使える、多用途な製品です。

焚き火調理がメインの僕ですが、焚き火での直火調理でも問題なく使えました。実際に使ってみた感想などを紹介してみたいと思います。

スノーピーク ケトルNo.1の基本情報

スノーピーク ケトルNo.1

価格は定価で2,100円(税別)と、なかなか良心的。容量は0.9Lで、袋ラーメンがぴったりと収まるサイズです。
簡単なスープやレトルトカレーなどを温めるのにも、ちょうど良さそうな深さです。

サイズ感

スノーピーク ケトルNo.1

持ち手と吊り下げ金具は完全に折り込めるため、とてもコンパクトになります。鍋の部分の直径は12cm、高さは8cm。
丸1日ハイキングをする予定で20Lの小さなザックに入れて持ち歩きましたが、ケトルの中に細々した物を収納することで、困ることはありませんでした。

スタッキング・収納

高さ(鍋の深さ)は8cmあるので、小さめのカップなら詰めることができます。ソロで移動するにはちょうどよいサイズ感ではないでしょうか。
ちょうど良く収まる食器は持ち合わせていないので、食器以外でケトルNo.1に収納できそうなものを試しに入れてみました。

マグカップを入れてみた

スノーピーク ケトルNo.1

愛用している、スノーピークの「チタンマグ 220」は、蓋をした状態でもすっぽり収まりました。
チタンマグ220のサイズですが、高さが7.9cmあります。一方、ケトルno.1の高さはが8cmなので、ちょうど収まるサイズなのです。

実際に試したわけではありませんが、スノーピークのこれ以上大きなサイズのマグを入れると、サイズから考えるに蓋が閉まらないはずです。

ガスバーナーを入れてみた

スノーピーク ケトルNo.1

同じく、スノーピークのガスバーナー、ギガパワーストーブ「地」と、ガス缶を一緒に収納してみました。
2つを一緒に収めようとすると、ギガパワーストーブをケースから出さないと入りません。ギガパワーストーブ「地」のケースの高さは9cmほどあるためです。
横にするとケースのまま収納できるので、ガス缶以外の物と一緒に収めると良さそう。

袋ラーメンを入れてみた

スノーピーク ケトルNo.1 ラーメンを収納

ケトルNo.1は、袋ラーメンがそのまま入ります。袋のまま中に詰めれば、麺が割れる心配もありません。
ちなみに、試してみたところ、袋ラーメンが2つ入りました。容量も0.9Lなので、吹きこぼれないように注意すれば、2つまとめて調理することもできます。

料理に使ってみた感想

僕の場合、ガスバーナーよりも、焚き火での調理がメインです。まだ購入して日が浅いため、簡単な調理しか試していませんが、ソロキャンプなら簡単なスープくらいは問題なく作れるサイズだと思います。

実際に調理してみた感想も紹介しておきます。

ラーメン

スノーピーク ケトルNo.1 ラーメン

ケトルNo.1に決めた理由のひとつが、ラーメンがすっぽり入り、そのまま茹でられることでした。チキンラーメンと一般的な袋ラーメンそれぞれを調理してみました。
どちらも、麺を割らなくてもそのままの形で入るのはありがたい。先にも書いた通り、吹きこぼれないように注意すれば、2つまとめて調理することも可能です。

ラーメンが完成したら、持ち手があるのでそのまま食べられます。

スノーピーク ケトルNo.1 ラーメン

コーヒー

スノーピーク ケトルNo.1 コーヒー

注ぎ口があるので、コーヒーを淹れることもできます。実際に、ドリッパーにお湯を注いでコーヒーを淹れてみましたが、問題無く使えます。

今後、スープやカレーライスなど調理してみたら、使い心地を追記していきたいと思います。

ソロにおすすめな万能ケトル

スノーピーク ケトルNo.1

「ケトル」とは言いつつも、実際には小さい鍋としても使えます。ちょっとした料理や袋ラーメンなど、ソロキャンプで使うのなら、ケトルNo.1はちょうどよいサイズではないでしょうか。

注ぎ口が付いているので、ケトルとしても飲み物を温める用途でも、十分に使用できます。

スノーピーク ケトルNo.1

耐久性についてですが、まだ数回しか使用していないため、はっきりとは断言できません。ただし、流木を薪にして、長時間焚き火調理に使い続けましたが、大きな劣化はあません。なかなか頑丈です。
というのも、販売されている薪ではなく流木のため、長時間炎で炙れば強固なヤニが、がっしりこびり付きます。

1日お湯に浸けたあと、クエン酸を使ってゴシゴシ磨きましたが、特に痛んだ様子はありません。ステンレス製なので、汚れもだいたい落とすことができました。これなら焚き火調理でも問題なさそうです。

スノーピーク ケトルNo.1は、価格が手頃で用途も多い、実用的な製品だと思います。これからもザックに入れて、ハイキングや焚き火調理でハードに使っていくことになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です