SEL28F20のレビューと作例 – ソニー FE28mm F2.0

SEL28F20

Eマウント(ソニーのミラーレス用)レンズの中ではコンパクトなサイズで、街歩きなどのスナップ撮影におすすめできるレンズが、FE28mm F2.0(SEL28 F20)。
FEと名の付くとおり、フルサイズ用のレンズですが、もちろんAPS-C機でも使えます。

少し絞ればシャープな画が撮れる。ボケ感はそこまで強くはありませんが、F2まで開放にすれば柔らかく味のある背景描写が得られます。
サイズやデザインなどを見ても、α6000などのAPS-C機で使うのにしっくりくる部分があり、日常風景を写し込むにはちょうど良いレンズではないかと思います。

α7の購入と同時に手に入れ、かれこれ3年ほど使っていますが、振り返ってみると一番持ち出す回数の多かったレンズ。手持ちのα7、α7Sⅱ、α6300で撮影した作例も紹介しています。素人の撮影した写真ですが、スナップで撮るとこんなふうに撮れるんだという参考にしてもらえれば幸いです。

SEL28 F2.0(FE28mm F2.0)のレビュー

SEL28F20,FE28mm F2.0

マウント ソニーEマウント
F値 F2 – F22
最短撮影距離 0.29m(AF時)、0.25m(MF時)
焦点距離 28mm(APS-Cサイズ 42mm)
フィルター経 49mm
大きさ 最大径64mm × 全長60mm
重さ 約200g
希望小売価格  65,000円+税
実売価格 4,7000円 〜 5,8000円
(2019年1月時点)

はじめにも書いたように、個人的にこのレンズの魅力は、コンパクトなサイズ感にあります。それに加え、くっりきりとシャープな映り込み。28mmというやや広めの画角も、日常風景を切り取るのにちょうど良いです。

手持ちのEマウントレンズの中では一番コンパクトで、日頃持ち歩くレンズとして重宝しています。

F4くらいからシャープでくっきり映る

絞りの開放はF2.0。開け放せばそこそこの明るさが得られますが、開放にするとややシャープさに欠け、周辺部の光量の低下や甘さも感じられます。気になる方は気になる、といったところでしょうか。僕はあまり気にならない性格です。

SEL28F20

ボケ感はこんな感じ

ボケ感はそこまで強くありません。しかし、F2.0まで開放にして前後の距離感を意識して撮影すれば、主題に注目させるくらいのボケ感は得られます。

SEL28F20

上にも書いた通り、開放での撮影は若干四隅の光量低下、シャープさの欠落を引き起こします。日常風景の撮影なら、それもちょっとした「味」かもしれません。僕の場合、あまり気にせず開放で撮影しています。

APS-Cサイズにもおすすめ

このコンパクトなサイズ感とデザイン。α6000などの、APS-Cサイズ機にも使いたいと思わせてくれます。28mmという画角は、APS-Cサイズのカメラで撮影すれば換算42mm。人の目線に近く、旅の記録やポートレートに使えます。

α6300とSEL28F20

APS-Cサイズのカメラ、α6300と合わせてもしっくりくるデザイン

街並みや日常の風景を切り取るレンズに

真ん中が、SEL28F20。手持ちのFEレンズの中で一番小さい

購入から数年経ち、あらためて思うのは、この画角とサイズ。そして明るさを考えると、日常の記録撮影にちょうど良いレンズと言えそうです。
画質の良さやボケ感がもっと滑らかなレンズは山ほどありますが、このサイズ感と軽さのレンズはあまり出会えません。

SEL28F20

価格も、5万円前後で手に入れられると考えれば「持っておきたいレンズ」に加えたくなるのではないでしょうか。

SEL28 F2.0(FE28mm F2.0)の作例

僕が撮影した写真で申し訳ないのですが、いくつかの作例をカメラ別に紹介してみます。

α7とFE28mm F2.0の組み合わせ

α7とSEL28F20

発売から数年が経ち、今や破格の安値で販売されているα7。個人的には、まだまだ使ってます。α7ⅱやα7ⅲと比較するとα7の方がコンパクトで軽く、かつフルサイズで撮れる。
この組み合わせは意外とスナップには心地良いのです。

SEL28F20

SEL28F20

SEL28F20

SEL28F20

SEL28F20

α7SⅱとFE28mm F2.0の組み合わせ

α7Sⅱ SEL28F20

低照度でも明るい写真が撮れる、α7Sⅱ。この特性を活かして、薄暗い環境や暗い場所での撮影を試してみました。やや広角よりなので、星空を入れた星景の撮影でも充分活用できるはず。

SEL28F20

夜間撮影の写真など、後日追加で更新していきたいと思います。

α6300とFE28mm F2.0の組み合わせ

α6300 SEL28F20

APS-Cサイズのカメラで使えば、フルサイズに換算すると約42mm。28mmの世界とは全く異なり、普段見ている目線に近い画角を捉えることができます。ちょうど、35mmよりもほんの少し近いくらいの画角です。

手持ちのα6300で撮影した写真をいくつか出してみます。

あまり参考になるような写真ではないかもしれません(汗 後日、改めて撮影し直してアップしたいと思います。

APS-Cサイズの画角の場合、目的もなくブラブラと撮影するような「スナップ写真」にはちょうど良い画角です。


ここまで、SEL28 F20(FE28mm F2.0)の作例や、撮影した印象を中心に紹介してきました。
もうひとつ、このレンズの面白い試みとして、ワイドコンバーターが取り付けられるという点が挙げられます。

別売りの「ワイドコンバーターレンズ」が取り付けできる

ソニーらしいユニークなオプションですが、SEL28 F20 は、別売りの「ウルトラワイドコンバーター」または「フィッシュアイコンバーター」を取り付けることができます。

この2つのコンバーターを取り付けることで、超広角レンズ。または魚眼レンズとして使うことができるようになるのです。

ウルトラワイドコンバーター

SEL28 F20 専用に設計されたコンバーター。レンズに取り付けることで、21mmという超広角なレンズとして使用することができます。

フィッシュアイコンバーター

同じく、SEL28 F20 専用に設計されたコンバーター。取り付けることで、16mmの超広角な撮影が可能。魚眼レンズならではの、面白みのある撮影が可能となります。

いちいちレンズを交換することなく、コンバーターをレンズに取り付けるだけで画角を変えられる。手軽に視点を変えることができるという試みは、とてもユニークなもの。今後、実際に試してレポートしてみたいと思います。

手軽でコスパが高い SEL28 F20

α7 SEL28F20

サイズが小さく、携帯性に優れ、シャープで広めの画が楽しめる SEL28 F20。広めでシャープに撮れるこのレンズ、日常のスナップには最適。

あまり難しく考えずに撮れる画角で、他のFEレンズと比較してもコスパが高いため、初めて交換レンズを購入する方にもおすすめ。
後々フルサイズ機へ移行するつもりの、α6000、α6300などソニー APS-C機のユーザーにも良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です