RFマウントってどんなの?EFレンズとの互換性は?

RFマウントとは

RFマウントとは、キヤノン製 フルサイズミラーレスカメラ Canon R システムに採用された、新しいレンズマウントです。
従来のEFマウントと同じ、内径54mmの大口径サイズ。フランジバック20mmで設計されており、高い光学性能を実現しています。

一方、ニコンの Z マウントレンズと同様、直近で発売が決定しているレンズの数は少ないのが現状です。Canon Rを購入しようとしている従来のキャノンユーザーにとって、今後のレンズ発売時期や従来の EFマウントとの接続は気になるところではないでしょうか。

今回の記事では、RFマウントについての基本的な情報や、「RFレンズ」の今後の発売予定。従来のEFレンズとの互換性についてなど紹介していきます。

RFマウントとは

RFマウントは、2018年10月に発売された、キャノンのフルサイズミラーレスカメラ「Canon R システム」のために作られた、全く新しいレンズマウントです。

1980年代に発表され、現在でも多く使われている従来のCanon 一眼レフ・一眼レフデジタル用マウント「EFマウント」とは全く異なるレンズマウントです。

マウント径とフランジバック

RFマウント

写真:Canon 公式サイト

マウント径は従来の EF マウントと同じ、54mmという大口径を実現。ニコンが発表したフルサイズミラーレス用 レンズマウント「Zマウント(内径55mm)」と、ほぼ同等の内径です。
「ショートバックフォーカス」、つまり、フランジバックを20mmと短く設計することで、レンズ開発の自由度を高めています。

単純に見れば、同じ時期に発表されたニコンの「Z マウントシステム」のフランジバックより、4mm 長いことになります。しかし、フランジバックの短さによって光学性能が劣るということは考えられません。

内径 フランジバック
Canon RFマウント 54mm 20mm
Nikon Zマウント 55mm 16mm

微妙な設計の違いは、それぞれのメーカーが求める要件の違いによるもの。
キャノン独自に設計の自由度、高画質を追求した結果、口径54mm、フランジバック20mmという数値に行き着いたということになります。

RFマウントのレンズ一覧

以下は、現在発売が予定されているレンズの一覧です。
※価格はキャノンオンラインショップを参照しています。

レンズ 価格(税別) 発売予定時期
RF24-105mmF4LIS USM RF24-105mm F4 L IS USM 155,000円 発売中
RF28-70mm F2L USM RF28-70mm F2 L USM 420,000円 発売中
RF50mm F1.2L USM RF50mm F1.2 L USM 325,000円 発売中
RF35mm F1.8 macro IS RF35mm F1.8 MACRO IS STM 75,000円 発売中
RF24-240mm F4-6.3 IS USM RF24-240mm F4-6.3 IS USM 未発表 2019年発売予定
(詳細時期未定)
RF15-35mm F2.8 L IS USM RF15-35mm F2.8 L IS USM 未発表 2019年発売予定
(詳細時期未定)
RF24-70mm F2.8 L IS USM RF24-70mm F2.8 L IS USM 未発表 2019年発売予定
(詳細時期未定)
RF70-200mm F2.8 L IS USM RF70-200mm F2.8 L IS USM 未発表 2019年発売予定
(詳細時期未定)
RF85mm F1.2 L USM RF85mm F1.2 L USM 未発表 2019年発売予定
(詳細時期未定)
RF85mm F1.2 L USM DS RF85mm F1.2 L USM DS 未発表 2019年発売予定
(詳細時期未定)

写真:Canon 公式サイト

現状発売されている、また、発売が予定されているレンズは上記の通りです。
2019年以降も継続的に新しいレンズ発売することは間違いないようです。

EFレンズとの互換性

今回、個人的に最も気になっていたのが、レンズに搭載された「コントロールリング」について。これはCanon R から新たに搭載された機能。
レンズに加えられた「コントロールリング」に、絞りやシャッタースピード、ISOなどを割り当てることで、カメラを操作することができます。

コントロールリング

写真:Canon 公式サイト

Canon R の発売に伴って、キャノンから二種類の EF レンズ用アダプターが発売されています。そのうちのひとつには、なんとマウントアダプター自体にコントロールリングが搭載されています。
EFレンズにはない「コントロールリング」の機能を使用可能にしてくれるのです。

コントロールリングマウントアダプター EF-EOS R
定価:30,000円(税別)

写真:Canon 公式サイト

この他にも、コントロールリングが搭載されていない EFレンズ用 マウントアダプターも発売。

マウントアダプター EF-EOS R
定価:15,000円(税別)

写真:Canon 公式サイト

さらには、マウントアダプターの中に「円偏光フィルター」や「NDフィルター」をドロップインできる、独特のマウントアダプターの発売も。

ドロップインフィルターマウントアダプター EF-EOS R
定価:45,000円(税別)

写真:Canon 公式サイト

まさに、これまでのEFレンズ群をフル活用できるラインナップ。

EFレンズをフル活用できる!

ここまで説明した通り、キャノン独自のマウントアダプターの発売によって、これまでの EFレンズをフル活用できるのが、新しいRFマウント。
既存のキャノンユーザーには嬉しい朗報となったのではないでしょうか。

新しいRFレンズが発売されるまでは、しばしの間、レンズマウントとEFレンズで我慢するしかなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です