オプテックのカメラストラップがおすすめな理由(OPTECH USA)

オプテック(OPTECH USA)ストラップ

カメラアクセサリーの中でも、なかなか自分に合った物が見つかりにくいのがカメラストラップ。僕自身、これまで数本のカメラストラップを購入してきましたが、今のところ一番出番が多いのがOP/TECH USA(オプテック)社のストラップです。

肉厚で安定感のあるパッド部分や、着脱可能で交換可能なシステムコネクター(本文で詳しく説明)。ミラーレスカメラだけでなく、大きめの一眼レフでも十分に通用するストラップです。

これまで高価なストラップを何本も購入してきましたが、結局あまり使わないまま。OPTECH USAのストラップを購入してからは、これに落ち着いています。

OPTECH USAのストラップってどんなの?

オプテック(OPTECH USA)ストラップ

アメリカのカメラアクセサリーメーカー、OP/TECH USA。プロ向けや、ネイチャーフォト向けのカメラストラップやカメラアクセサリーを製造しています。
特にストラップはプロカメラマンに定着しているようで、海外のカメラマンが使用している姿を見かけることがあります。

製造されているストラップの種類は多種多様で、プロ向けのダブルスリングから今回紹介するファッションストラップなど、色々なバリエーションがあります。

安定感のあるファッションストラップ

ファッションストラップ オプテック(OPTECH USA)

僕が購入したのは、やや細身だけどパッド部分が厚く、パッドが着脱可能な「ファッションストラップ」。
プロ向けにパッド部分がもっと大きな物もありますが、普段からミラーレスカメラを持ち歩きたい僕は、なるべく細身の物が良くてこれを選びました。
とは言え、「ファッションストラップ」という名前とは裏腹に、頑丈で使い心地は抜群です。カメラを肩に掛けて激しく動き回るシーンでも難なく使えます。

パッド

パッド オプテック(OPTECH USA)ストラップ

パッド部分はネオプレーンパッドと呼ばれる、ウェットスーツなどに使用される伸縮性のある柔らかい素材。この素材を実際に手にするとクセになります。
肉厚にしているため、クッション性が高く、長時間、重量のあるカメラを肩にかけても肩に食い込んで痛くなることはありません。

厚み オプテック(OPTECH USA)ストラップ

注目すべきは、パッド部分のみ手軽に取り外しができること。パッド部分は、ウェストポーチなどに使われる物と同じような頑丈なバックルでカメラに繋がれています。

バックル オプテック(OPTECH USA)ストラップ

カメラバッグなどに収納する時は、パッド部分が邪魔になるので取り外しておくと便利。
後ほど説明するように、パッドを外すと「システムコネクタ」部分のみカメラに繋がれた状態になります。

システム オプテック(OPTECH USA)ストラップ

システムコネクタを付けただけの状態でも、ハンドストラップのように手に引っ掛けて撮影をすることも可能。持ち歩きにも便利です。

オプテック(OPTECH USA)ストラップ

バックル(留め具)

僕が購入したファッションストラップの留め具部分は「アジャスタブル」というタイプのコネクタ。このコネクタ、ラバー素材になっていて非常に頑丈です。

アジャスタ オプテック(OPTECH USA)ストラップ

取り付けや取り外し方法も、通常のカメラストラップに比べればとてもスムーズ。
ただし、僕が使用しているα7シリーズのカメラは、カラビナ(カメラにある三角形のリング)が小さく、アジャスタブルコネクタを取り付けようとするかなり窮屈です。

留め具の形状が合わない場合は、カラビナ自体を変更したり別売りのコネクタを使用する方法もあります。
ご自身のカメラに合ったバックルになっているか、購入前に確認されることをおすすめします。

気に入ったシステムコネクターに交換できる

OPTECH USAは、バックル(留め具部分)とパッドまでのベルト部分を、同社の別売りのベルトに簡単に取り替えることができます。ここがOPTECH USAのストラップの魅力です。

この、ストラップとカメラ本体をつなぐベルト部分のことを「システムコネクター」と呼んでいます。
システムコネクターはOPTECH USAの他の種類のストラップでも共通。同社の別のストラップを買い足しても、パッド部分を交換して使い回せるというメリットがあります。

システム オプテック(OPTECH USA)ストラップ

OPTECH USAのストラップを気に入っている大きな理由

ここまで、OPTECH USAのストラップについて説明してきました。多少なりともこのストラップの魅力が伝われば嬉しいのですが。
個人的にこのストラップが気に入っているポイントを簡単にまとめておきたいと思います。

  1. システムコネクターを好きな物に変更できる。
  2. パッド部分だけ簡単に取り外し収納できる。
  3. 肉厚で安定感のあるパッド

特に、システムコネクターの買い足しや変更ができる点は本当に便利。個人的に、カメラストラップを頻繁に取り外し、取り付けするので、多少大きくなりますが「スウィベルフック」タイプに変更したいと考えています。

スウィベルフックスウィベルフック

写真:OPTECH USA

スウィベルフックタイプを付けるためには、カラビナの変更か、カラビナにコネクタを取り付ける必要があります。

OPTECH USAの他のストラップを使ってみたくなった

OPTECH USAのストラップは、同社の異なるストラップやシステムコネクターを複数購入した時に、本当の便利さを享受できそうです。
今回紹介したのは、同社の中では価格の安い「ファッションストラップ」。これだけでも充分に便利なので、プロ用のストラップやミラーレス用のストラップ、さらにハンドストラップも欲しい!!というのが今の正直な気持ちです。

今後も、しばらくはOPTECH USAのストラップを使うことになるはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です