モリノネのYouTube動画撮影機材 – 2019年に使用していた物と簡単な説明など

YouTubeの撮影機材一覧

YouTube「モリノネチャンネル」の撮影で使っている機材を紹介します。
ここに掲載している以外にも、カメラ関連の機材はもともと趣味の写真撮影のためにコツコツ購入してきました。全て書き出すとキリがないので、YouTubeの撮影で使用している主要機材のみ紹介していこうと思います。

2019年10月には、機材の入れ替えを実施しています。それ以前と以降で使用機材が大きく異なるので、分けて記載しています。今後も撮影機材を更新した際には、このページを随時修正していこうと思います。

2019年 10月前半まで使用していた機材

2019年10月までは、ほとんどカメラ1台、レンズ1本を中心に撮影をしていました。撮影はほぼ一人で行っているので、荷物は少ない方が動きやすいという理由もありました。

カメラ

カメラは2台持ち歩いていましたが、実際に動画撮影で使っていたのはほぼ1台(SONY α7Sii)。万が一メインのカメラが故障した時のサブカメラとして2台携行していました。

SONY α7Sii

sony α7sii

2019年10月前半までメインで使っていたカメラ、α7Sii。暗所に強いカメラとして、映像制作者には一定の評価があります。
2015年10月発売なので、最近発売されたカメラと比較すると劣る部分も多々あります。バッテリーは1世代前の物で、持ちが悪いのが難点。僕は撮影の際に8本のバッテリーを常備。いざという時のためにモバイルバッテリーも携行していました。

僕は夜のシーンの撮影が多かったため、暗いシーンでノイズが出にくいα7Siiを選択しました。発売からかなり時間が経っているので、もし、今からYouTubeを始めるとしたら別のカメラを購入すると思いますが、今でもとても気に入っている思い入れの強いカメラです。

α7Sⅱ SEL55F18Z

SONY α6300

α6300

実は、YouTube開始当初はこのカメラ1台で撮影をしていました。もともとYouTubeに動画を公開するつもりは無かったので、とりあえず手元にあったα6300で動画を取り始めたわけです。発売当初、APS-C機では珍しく4Kでの動画記録ができる「動画性能の高いカメラ」という売りだったと思います。今の時代でも悪くない画質だと思いますし、なかなか良くできたカメラです。

今となっては、α6400、α6600が後継機として機能強化されていますね。

レンズ

写真撮影は学生時代からの趣味だったこともあり、SONY α7は発売当初から愛用していました。それで広角、標準の単焦点レンズをそれぞれ持っていましたが、描写には満足できていませんでした。そこで、本格的にYouTubeを始めるにあたり、思い切って 35mm F1.4(SEL35F14Z)を買い足します。
これが本当に、写真・動画両方でお気に入りのレンズとなりました。

Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA(SEL35F14Z)

SEL35F14Z α7ⅱ

「ツァイスの描写性能は高い」ということは学生時代から実感していました。そのせいで、盲目的にカールツァイス ブランドを信用しています(このレンズはソニーが開発したレンズですが)。
FE35mm F1.4は大口径で重さがあり、サイズも大柄。可搬性には劣りますが、ボケ味、明るさ、シャープさなどの描写性能には十分満足できます。35mmという画角は、足さえ動かせばある程度どんな構図もカバーできます。必然的に、最前線に配置したくなるわけです。
モリノネチャンネルの動画の8割は、このレンズで撮っています(※2019年10月までは)。

FE28mm F2.0(SEL28F20)

SEL28F20

このレンズは、α7が発売されてすぐに購入した物です。だいぶ前から持っていたものですが、僕の動画では風景を撮る時に使っていました。コレはサイズがコンパクトで、たとえば山歩きに行く際にバッグの片隅に忍ばせておいても嫌な気持ちにはなりません。
F5.6くらいまで絞れば、くっきりシャープな描写も期待できます。価格も比較的安価です。

三脚

SLICK ライトカーボン

slik ライトカーボン

正確な型番は忘れてしまったのですが、SLICKのカーボン製の三脚を愛用しています。このモデルを選んだ理由は、まず脚の高さを上げると余裕で顔の位置までカメラを上げられる点です。中腰で撮影を続けることほど辛いことはないので、確実に顔の位置よりやや上くらいの長さを選択しました。

SLIK ライトカーボン

それからカーボン素材。これは説明不要ですが、軽くて頑丈な素材を選ぶに越したことはありません。アルミ製だと安定感はありますが、山歩きにはちょっと辛いかも。
この三脚はもともと写真用に購入した物で、たぶん2016年くらいにカメラのキタムラで購入しました。今後もメインの三脚として、しばらく愛用することになるだろうと思います。

マイク

自然の風景を頻繁に撮影するため、音は重要な素材だと考えています。用途別にいくつかのマイクを持っていますが、主に使用していたのは以下のオーディオテクニカの、カメラ用マイクひとつです。

オーディオテクニカ ステレオマイクロホン AT9945CM

オーディオテクニカ カメラマイク

マイクに電池を必要としない、プラグインパワー方式のマイクです。カメラのホットシューに取り付け、手軽に使用できますが、鮮明で立体感のある音を拾ってくれます。あまりに生々しい音を拾ううので、たぶん人によって好みが別れるであろうと思います。1年間使用しましたが、僕は文句なかったです。

風音を防ぐためのウィンドマフ(もふもふした毛玉みたいなアレ)も付属しています。屋外での撮影はウィンドマフなしでは困難です。

オーディオテクニカ カメラマイク

カメラストラップ

散策を楽しみながら写真撮影をする時には、カメラストラップは必須だと思います。しかし、動画を撮影する際にはカメラストラップを付けていると邪魔になります。ストラップ取り付け部でカタカタという音が入ったり、三脚に引っ掛かったり。

OPTECH カメラストラップ

オプテック(OPTECH USA)ストラップ

もう長いこと、OPTECHのカメラストラップを使用しています。いろんなストラップを使ってきましたが、僕はこれに落ち着いていて、大きさが違う3本を購入しています。
このストラップは、コネクター部分とストラップ部分が分かれているのが特徴で、動画を撮影する時にはストラップ部分を取り外しています。

バックル オプテック(OPTECH USA)ストラップ

システム オプテック(OPTECH USA)ストラップ

動画撮影時は、カメラの落下防止のためにシステムコネクタを繋いで、以下のように繋いで手に巻きつけたりもします。

オプテック(OPTECH USA)ストラップ

このコネクタ、頑丈なわりにストラップの着脱が迅速に行えます。これまでこのストラップで事故が起こったことはありません。

アルカスイス互換のクランプ・プレート

三脚プレートの付け替えは、手間のかかる作業です。僕は一人で撮影をすることがほとんどだったので、プレートの付け替えは大きな負担でした。そこで、三脚のクランプはアルカスイス規格に統一。全ての三脚にアルカスイス規格のクランプを取り付け、カメラに同規格のプレートを取り付けておけば、スムーズに付け外しができます。

クイックリリースクランプ(アルカスイス規格)

クイックリリースクランプ

Amazonなどで調べると、アルカスイス規格のクランプが安価に販売されています。いくつかの製品を購入して試しましたが、この製品(たぶん中国製?)で充分使えました。価格もかなりお得で。
このクランプを使用する全ての三脚の雲台に取り付けています。どの三脚を使用する時にもプレートを付け替える必要がなく、瞬時に三脚を付け替えることができます。

L型プレート

L型プレート

初代 α7を購入した時から、このタイプのプレートを使用しています。これを使用する理由は2つあります。
1つ目。この製品自体、底部分がアルカスイス規格のプレートに接続できる形状になっています。以下のように、アルカスイス互換のクランプに素早く取り付けできます。

L型プレートの取り付け

カメラに取り付けるタイプの小さなプレートも販売されていますが、あれはカメラを床などに置いた時にバランスが悪くなるので好きになれませんでした。以前使っていた物がネジが緩みやすかったという経験もあって、個人的に抵抗もあります。L型プレートの場合、カメラ全体をホールドするのでバランスが良く安心感があります。

2つ目。僕は手が大きいので、α7、α7Siiなどのミラーレスカメラだと、そのままでは小さ過ぎます。L型プレートを付けると、手の平に接地する面積が広がって、だいぶホールド感が向上します。

α7SiiとL型プレート

フィルター

主に2つのフィルターを使用しています。可変NDフィルター(減光フィルター)と、C-PLフィルター(偏光フィルター)です。これ、最近導入したもので、2019年8月以降の動画から頻繁に使っています。

可変NDフィルター

NDフィルター

中国のメーカーと思われますが、価格に惹かれてK&F Concept というメーカーの製品を購入しました。逆光時のゴーストが気になりましたが、普段使う分には大きな不満はありません。あえて言うなら、次に購入するならもう国産の製品を選ぶと思います。国産の可変NDフィルターと、今回購入したフィルターでどれくらい性能が異なるのか比較してみたいです。

C-PLフィルター

CP-Lフィルター

C-PLフィルターを導入した理由はいくつかありますが、主な理由は2つ。水面の反射を抑え、川などの「水の撮影」の演出で使いたかった。2つ目は、空の青色をより濃厚に演出したかった。
ただ、実際に使用してみると、他にも使えるポイントがたくさん発見できます。森の中の撮影シーンでは、葉っぱの反射を抑えて精細感を出すことができます(そんな気がします)。食べ物を撮る時には、食材のテカリをコントロールしたり。他にも色々と活用できるフィルターで、これは手放せません。


ここまで、2019年10月まで使用していた機材の紹介でした。開始当初はカメラとレンズ1本。三脚1つとマイクだけで撮影していました。事実、それだけの機材でもやる気さえあれば、なんとか撮影できると思います。その他の機材は補助的な物で、少しづつ買い足していった感じです。

2019年 10月以降に使用する機材

10月に思い切って機材を刷新しました。メインの機材を入れ替えた主な目的は、機動力の強化。4Kカラーグレーディングでの色再現性向上。画質の精細感の向上。DavinciResolveとの相乗効果.. などなど。他にも色々と理由がありますが、書き始めるとどうしても長くなってしまいます。機会があればブログ内で詳しく説明したいなぁと思っていますが、もし読みたい方がいたらコメント欄で教えていただけると嬉しいです。

僕は運が良いことに、たまたま身近に映像プロダクションを経営している方が居ます。この人に相談に乗ってもらい、購入予定のカメラやレンズを事前にレンタルすることができました。そのおかげで購入の判断に踏み切れたというのが大きいです。資金を捻出するために、α6300や、昔購入したカメラ・レンズなどを売却しました。

カメラ

ここにきてマイクロフォーサーズ(MFT)機を2台追加。初代α7からα6300と、ここまでソニー党を豪語してきたので、α7Siiを前線から下ろすのは心許ない気分です。でも情けは無用。メインカメラを小型化、2台体制にして機動力を上げつつ、画質を向上させていこうという考えです。

今の想定では、今後もMFTでシステムを拡張していくつもりです。本格運用はこれから。どのような壁に頭をぶつけるのか、途中で路線変更するのか、やってみないことには分かりません。

LUMIX GH5

LUMIX GH5

GH5が今後のメインカメラになります。MFTにすることでシステム全体を小型化できるのが最大の魅力です。一人で、しかも野外で自撮りをすることが多い僕にとって、小型化とバリアングル液晶のメリットは計り知れないものがあります。

LUMIX GH5 バリアングル

高感度特性が高いGH5Sと散々迷いましたが、暗所撮影は後で紹介する2台目のMFT機(BMPCC 4K)、または前任のα7Siiに任せ、手ブレ補正機能を優先しました。
今後、泊まりで旅をしながら動画撮影をしたいという計画もあります。これまで以上に三脚なしのフリーハンドで撮影するシーンも増えるわけです。動画撮影時に手ブレ補正機能が非搭載では、かなり厳しい戦いを強いられるだろうと判断しました。

BMPCC 4K

BMPCC4K

写真を見て「なんだこのカメラは?」と思った方も多いはず。
MFTでシステムを構築したい理由として、BMPCC4K(ブラックマジック ポケットシネマカメラ)の存在は大きかったです。これはプロダクションを経営するカメラマンの師匠 A氏に、強く勧められたカメラ。

BMPCC4Kでの撮影

外装デザインはちょっとSFチックで、どうなんだろうこれ?と思いましたが、ダイナミックレンジは驚くほど広く、低照度条件下での撮影や、カラーグレーディングで凄まじい性能を発揮します。ダイナミックレンジは13ストップ。もちろん、α7Siiよりも上です。
実際に何度か撮影してカラーグレーディングをしてみたところ、こいつは笑えないぞという印象です。

ただ、このカメラはいわゆる一般的なミラーレスカメラや一眼レフカメラとは根本的に設計が異なります。カラーグレーディングを行うことが前提ですし、操作系もシネマカメラに特化している印象。バッテリーは一瞬で無くなります(α7Siiの比ではない)。手ブレ補正?もちろん非搭載となっております。

とてもミラーレスカメラと同じ感覚では扱えないので、どうなることか。

レンズ

MFT機を2台導入するということは、必然的にレンズも揃え直す必要がありました。前述の師匠、A氏にいくつかのレンズをレンタルして試させてもらっています。
ここに上げる2つのうち、1つは現在レンタル中の物です。とにかく使ってみないと自分に合うのか分からないのが実際で、本番の撮影で何度か使用しながら判断していこうと考えています。

フォクトレンダー NOKTON 25mm F0.95 TypeⅡ

NOKTON 25mm F0.95

MFTレンズでは言わずと知れた銘玉ですが、実際に使用してみてすぐに購入を決断しました。このレンズは、僕のMFT機に対する固定観念を払拭してくれました。それくらい、ボケ感がはっきり出て柔らかいのです。
F0.95という驚異的な明るさは、低照度な条件下で強力な一手になり得ます。

フォクトレンダー NOKTON 10.5mm F0.95

フォクトレンダー NOKTON 10.5mm F0.95

同じく、NOKTONの広角レンズ。風景を切り取る時に、BMPCC4Kと合わせて使いたいレンズです。広角で絞ればシャープですが、開放時のボケ具合も目を見張るものがあります。
テスト中ですが、GH5での星空タイムラプス撮影でも使えそうな予感です。こちらも、本番で何度か使用して最終判断をしたいところ。後日使用感など更新したいと思います。

三脚

現在使っている三脚2本に加え、新たに三脚1本を導入。三脚というか、「ゴリラポッド」です。これは車内撮影用途のために購入しました。これまで、車内撮影ではSLIKの三脚を無理やり固定して撮影していました。どうやっていたのかというと、車内のシートなどに、太めのゴムバンドで三脚を固定していたのです。

これでも固定できるのですが、なにしろシートに取り付け・取り外しをする際に時間を要します。位置を調整するのも非常に厄介です。そこで、ゴリラポッドです。

JOBY ゴリラポッド 3Kキット

ゴリラポッド 3Kキット

ゴリラポッドの特徴は、三脚の脚が自由に曲げられること。車内のヘッドレストやアシストグリップに巻きつけることができるのです。

ゴリラポッドの使用

これで、車内撮影が圧倒的に楽になりました。

マイク

これまでメインで使ってきたオーディオテクニカのマイクは、新しいカメラでも引き続き使い続けます。しかし、印象的な音はカメラとは別に収録したいと思うことが何度もありました。そこで、今後の撮影ではリニアPCMレコーダーも併用していくつもりです。

実は、かなり以前からリニアPCMレコーダーを購入していたのですが、一人で撮影している中で「音の別収録」をやっている余裕はなく、活用しそびれていました。今後は、時間をかけてでも自分が満足できる動画を作ろう、、という気持ちが強いので、リニアPCMレコーダーも積極的に活用していくつもりです。

TASCAM リニアPCMレコーダー DR-05X

リニアPCMレコーダー

映像制作に活用できそうな、高音質な録音機材が欲しくて購入したのがこれでした。音質が良いのはもちろんですが、本体のステレオ出力にステレオミニケーブルを繋ぎ、カメラ側に接続して収録もできます。

この製品は色々と活用方法があるのですが、これから実際に試してみて、その結果を別の機会に紹介したいなと思っています。


ということで、やたらと長くなってしまったのですが、ここまでモリノネチャンネルの撮影で使用している(そして、これから使用する)道具達を紹介しました。さすがにこの長い記事を最後まで読む人はいないかなと思うのですが、書き始めたら結局こうなってしまいました。本当はまだ紹介したい物がたくさんあるのですが。

野外での動画撮影は、実際に運用し始めると色々な課題が出てくると思います。残念ながら、せっかく購入した機材が実際には全く使えなかった。自分の撮影スタイルには合っていなかった。などなど、使用してみて不満が出てくるのは不思議なことではありません。その都度、機材を調整していくことになると思います。
できれば、購入前にカメラ屋さんや、実際に使っている人に機材を触らせてもらった方が良いのかなと思います。最近はカメラレンタルもたくさんあります。1ヶ月くらい借りてみて、自分のスタイルにフィットするのか確認できるのが僕の理想です。

さて、新しい機材が僕の撮影スタイルに合うかどうか。結論には時間を要しますが、なにか分かった時にはご報告します。首を長くしてお待ちください。

11 Comments

leon

YouTubeでは生意気なコメントをしてしまい申し訳ありません。
私的には色味が少し薄いというか明る過ぎるような印象を受けましたが、映像自体は『音のソノリティ』みたいな感じで、とても素敵だと思いました。

むしろ同じ撮影者さんが違う機材を使うと、どんな変化があるのかという点に、とても興味を持ちました。
今後、どのような映像が見られるのか、楽しみで仕方がありません。また、新機材のレビュー記事も是非、読みたいです。

無理をなさらずに頑張ってくださいね。

返信する
まーやん

いえいえ、とんでもない!
今回の神楽の映像では、カラーグレーディングをミスしたとはっきり感じています。おそらく深夜に急いで編集をしていたために、確認を怠っていたと思います。
何事も、できる限り無理をせず、じっくりと行いたいものです。
僕としては、今回の神楽の映像で新しい機材のポテンシャルを判断されるのは心許ないので、ぜひ今後の映像もご覧いただき、感想(フィードバック)をもらえるとありがたいです。
いつも丁寧にご感想をいただき、ありがとうございます。

返信する
なつお

いつもYouTube拝見しています。
差し支えなければ機材について教えてください。

「秋の散策 – 石橋の風景と偶然出会った神楽」の2分過ぎ位に撮影している様子のシーンがありますが、
PCMレコーダーを固定している雲台はどこの製品でしょうか?
現在EOS7DにDR-40をSmallRig社の似たようなもの(リンクを貼っておきます)でマウントしていますが、
雲台頭が小さいせいか取り付け部がすぐに緩んでぐらついてしまいます。
三脚固定撮影がほとんどなのですが、ヒヤッとしたことが何度かあります。

なかなか見つからないので、教えていただけると嬉しいです。

返信する
まーやん

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
BMPCCとマイクを繋いでいるリグ(アーム?)のことですね。あれはAmazonで購入した、AORO マジックアーム( https://amzn.to/2rc6KCf )という製品です。
僕も以前、SMALLRIGの同じ物を使っていたことがありました。比較してみると、多少はAOROの方がしっかりしているように思います。ただ、これも完璧とは言えなくて、今も色々と模索しているところです。
最近同じくAOROから発売されている、「強化版 マジックアーム」の方が良さそうですが、まだ試してはいません。
もし今後良い物が手に入れば、ご報告したいと思います。

返信する
なつお

ありがとうございます。
先程Amazonで見てみましたが、SmallRigより固定力がありそうに見えました。
強化版を含めて検討してみたいと思います。

返信する
まーやん

The reason I chose the BMPCC 4K is because it can share MFT lenses with the LUMIX GH5. I often shoot alone in the mountains or at camp grounds, so there’s a limit to how much equipment I can carry, and I have to lighten my load. EF lenses are larger and heavier than MFT lenses, and can’t be used with the GH5, they are more of a burden.

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です