ミラーレスで自撮りに差をつける!おすすめのミラーレス一眼と選び方

ミレーレス 自撮り

スマホの写真では満足できない!SNSでもっと綺麗な写真をアップしたい!
そんな人におすすめしたいのが、高画質でサイズも小さい、持ち歩きに便利なミラーレスカメラ。最近は「自撮り機能」も充実していて、自分でも手軽に撮影できます。

ただし、どのミラーレスカメラでも自撮りが簡単にできるというわけではありません。

自撮りをするのに適したミラーレスカメラの機能があり、適していないカメラでは自撮りすること自体が難しかったりもします。

今回の記事では、自撮りに適したミラーレスカメラの選び方。自撮りが手軽にできて、さらに自撮り以外でも高画質な写真が撮影できる。そんなミラーレスカメラをいくつか紹介してみたいと思います。

自撮りが簡単にできる!ミラーレスの選び方

まず、自撮りに適したミラーレスカメラの選び方を見ていきましょう。自撮りがしやすいミラーレスカメラには、自撮りするための「機能」が備わっています。

自撮りに適した機能は主に2つ

自撮りをスムーズに行う上で、絶対に外したくない機能として、液晶モニターを自分の方向に向けることができる機能。それから、ワイヤレス操作の機能です。

液晶モニターの反転機能

モニター180度回転

画像:FUJIFILM X-A5

カメラを自分の方向に向け、液晶モニターを見ながら撮影できる機能。これ、自撮りにはなくてはならないものです。
自分を見ながら撮影するのと、見れないのとでは、全く撮りやすさが変わってしまいます。画面を見ずに思った通りに撮影するのは、ほとんど不可能。

最近では、自撮りをすることを前提に、 素早くモニターを自分の方向に向けることができるミラーレスカメラがたくさん発売されています。

スマホでのワイヤレス操作

gf10 リモート操作

画像:LUMIX GF10

カメラを手に持ったまま自撮りをすることもありますが、時には三脚や机の上にカメラを置いて自分を撮影する必要もありますよね。
そんな時に便利なのが、スマホでのワイヤレス操作。

この機能は、スマートフォンに専用のアプリを入れて、スマホ上でファインダーの映像を見ながら操作できる機能です。ちょうど、画面付きのリモコンを使えるようなもの。

自分でカメラを手に持って撮影するのは手軽ですが、周りの景色もしっかり入れたい時。たくさんの人と自分を一緒に撮影したい時など、三脚や机の上にカメラを置いて、ちょっと離れて撮影するのは便利です。

そんな時に、ワイヤレス操作は便利とてもです。

Wi-Fi 転送機能

gf10 wi-fi転送

画像:LUMIX GF10

次に、Wi-Fi転送機能。これは、自撮り機能というよりも、SNSなどに写真を公開するときに便利な機能です。簡単に言えば、カメラで撮った写真をボタン一つでスマートフォンに転送する機能。

転送機能がなければ、カメラで撮影した後に、わざわざパソコンに写真を取り込み、そこからスマートフォンにデータを移動しなければSNSには投稿できません。せっかく良い写真が撮れたら、その場でSNSに公開したいですよね。

最近のミラーレスカメラは、ほとんどがこのWi-Fi転送機能がついていますが、念のため確認しておくことをお勧めします。

スマホよりもっと綺麗に撮って「差をつける」には

手軽にミラーレスカメラで自撮りをするためには、上記のような機能が搭載されていればひとまずOK。
次に、SNSで目を引くような、綺麗な写真を撮影するための機能について考えてみます。

画質はどのカメラも十分!

最近発売されたミラーレスカメラなら、どれも画質性能は十分すぎるほど。画質に関してはあまり気にせず、カメラのサイズやデザイン、レンズにこだわって選んでみると良いでしょう。

写真に差をつけるならレンズ

レンズ

最初の頃は、「交換レンズ」と聞くと、ちょっと難しそうなイメージがあるかもしれません。初めからセットで付属しているズームレンズでも、ある程度の撮影はできます。

しかし、周りと差をつけたいのなら、レンズを変えてみるのが一番です!

広角レンズ

たとえば、自分と一緒に広大な風景も入れて、迫力のあるシーンを撮りたいのなら、「広角レンズ」という広い風景を撮るためのレンズを使うと、一気にこれまでとは全く違う写真が撮れるようになります。

自撮りだけじゃなくて、旅先で素晴らしい風景に出会った時は、広角レンズで仕上がりに差がつきます。
ただし、広角レンズは少し値段が高いのがデメリット。それでも、それだけの値打ちがあるレンズです。

下の画像は、Panasonicのミラーレスカメラ用の広角レンズ「LUMIX G 14mm / F2.5 II ASPH」。とてもリーズナブルでコンパクトなレンズですが、広くて迫力のある写真が撮影できます。

LUMIX G 14mm / F2.5 II ASPH

画像:Panasonic LUMIX

単焦点レンズ

中心にある「物」や「人」にピントを合わせ、周りにある物を柔らかくボカしたいのなら、単焦点レンズ(ズーム機能の付いていないレンズ)がおすすめ。単焦点レンズの中でも、「大口径」と呼ばれるレンズが、明るくてボケ味が綺麗。

下の画像も、Panasonic Lumix用のレンズ、「SUMMILUX 25mm F1.4」。明るくてボケ味の綺麗なレンズです。

SUMMILUX 25mm / F1.4

画像:Panasonic LUMIX

特に子供の写真や、食べ物を美味しく撮りたい時など、こうした単焦点レンズは便利。

レンズ選びについては、分からない事も多いと思います。カメラメーカーのWEBサイトで、レンズの選び方について書かれていますので、自分が取りたい写真に合わせてレンズを選ぶことを、強くお勧めします。

あると便利な機能

次に、自撮りをする時にあると便利な機能をさらに2つ紹介します。

タッチフォーカス

タッチフォーカス

画像:SONY α5100

カメラを自分に向けても、なかなかピントが合わずにイライラしたことはありませんか?
そこで便利なのが、液晶画面上でピントを合わせたい場所をタッチすると、自動的にピントを合わせてくれる機能「タッチフォーカス」です。スマホのカメラにはこの機能が付いている物が多いですよね。

自分にピントを合わせたければ、自分を押すだけでピントが合う便利な機能。自撮りをする際には、いちいちフォーカスを手動で合わせるのは、現実的はありません。
画面を見ながら、タッチしてピントを合わせられる機能がとても便利です。

エフェクト機能

アートフィルター

画像:OLYMPUS E-PL9

カメラに内蔵しているエフェクト機能を使えば、写真の雰囲気を手軽に変えることができます。
ほとんどのカメラには、この「エフェクト機能」が内蔵されていますが、カメラメーカーによってエフェクトの内容に違いがあります。

ただし、最近はスマホのアプリで、後から「美肌効果」や「エフェクト」を付け足すことができます。スマホの写真アプリなどで効果を変えたい人には、必要のない機能かもしれません。

おすすめの自撮りミラーレス

ここまで、自撮りに適したミラーレスカメラの機能を紹介してきました。次に、上記のような機能を備えた、おすすめのミラーレスカメラを紹介していきます。

どれが一番いいということはなく、特徴や予算、デザインの好みで選ぶことをお勧めします。

【おすすめ1】Lumix GF10 自撮り機能充実!小型ミラーレス

LUMIX GF10

画像:LUMIX GF10

以前のモデル「GF9」から、女性に嬉しいエレガントなカラーを追加したGF10。動画のように、連続して撮影して決定的な瞬間を逃さない、「4Kセルフィー」機能など、自撮り機能が充実。

モニターの180度回転
スマホでのワイヤレス撮影
Wi-Fiでのスマホへの転送機能
タッチフォーカス機能

自撮りには嬉しい、「広角レンズ」と、ズームレンズの2本のレンズがセットになったキットで販売されています。

【おすすめ2】FUJIFILM X-A5 画質・本体の質感にこだわるなら

X-A5

画像:FUJIFILM

FUJIFILMらしいレトロなデザインと、重厚感のある愛着の湧きそうなデザイン。写真で見るほど大きくはなく、持ち歩きにも最適。
高画質性能にも優れており、もちろん自撮り機能も充実したモデルです。

「レンズキット」に含まれるレンズは、広角からややズームまでをカバーした自撮りにも使いやすいレンズです。

モニターの180度回転
スマホでのワイヤレス撮影
Wi-Fiでのスマホへの転送機能
タッチフォーカス機能

【おすすめ3】SONY α5100 すべてカメラにお任せ!

α5100

画像:SONY α5100

画質も自撮り性能も充実したモデル。タッチパネルを触っただけで、ピントを合わせて自動的に撮影してくれる機能。3秒後にシャッターを切ってくれる「自分撮りセルフタイマー」など、手軽に撮影できる機能が充実しています。

価格もリーズナブルで、始めやすいミラーレスカメラ。レンズキットと、2本のレンズがセットになった「ダブルズームレンズキット」、または、本体のみの3つから選ぶことができます。

モニターの180度回転
スマホでのワイヤレス撮影
Wi-Fiでのスマホへの転送機能
タッチフォーカス機能

【おすすめ4】OLYMPUD E-PL9 見た目も華やかな高品位モデル

E-PL9

画像:OLYMPUS E-PL9

ミラーレスカメラでは人気のモデル、「オリンパス PEN」も、このモデルは自撮り機能が充実。見た目のおしゃれなデザインも根強い人気です。
他のモデルとは異なり、180回転する画面は本体下から現れ、撮影時に邪魔にならないように工夫されています。

レンズキットと、2本のレンズがセットになった「ダブルズームレンズキット」、または本体のみの3つから選ぶことができます。

モニターの180度回転
スマホでのワイヤレス撮影
Wi-Fiでのスマホへの転送機能
タッチフォーカス機能

まとめ

最近のミラーレスカメラは、どのカメラもSNSで公開するには充分すぎるほど高画質です。最新の機種なら、自撮り撮影をスムーズにするための液晶画面の反転や、タッチスクリーン機能。それに、Wi-Fi転送機能を備えているものがほとんどです。

正直な感想として、ここに紹介したどのカメラを選んでも、大きく「失敗した!」と、思うようなことはないと思います。それは、各社が「自撮り」を重視した機能を盛り込んでいるからです。

あとは、自分が気に入ったデザイン、価格や、ボタンの配置。触ってみた感覚など、自身が気に合ったカメラを選ぶと良いと思います。
結局のところ、自分の愛着の湧くカメラを持つことが、撮影意欲を掻き立てることに繋がります。

さいごに、しばらく撮影してみると、セットのレンズだけでは満足な写真が撮れないと思うことがあるかもしれません。
一歩差をつける写真を撮影するためにも、慣れてきたら、ぜひ新しいレンズも試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です