YouTubeで使っている動画編集用パソコン – iMac 27インチのスペックなど

YouTube用の編集Mac

以前、Instagramのフォロワーさんから編集用のパソコンはどんな物を使っているの?と聞かれたことがあります。撮影機材については別のページで紹介しましたが、パソコンや編集ソフトについては説明していませんでした。

今日はYouTubeの編集で使っている僕のパソコンについて紹介したいと思います。

YouTubeの編集に使っているパソコン

2019年9月に、思い切って編集用のiMacを購入しました。それまで使っていた MacBook Proも、HD(1920×1080pixel)での編集には耐えられていました。しかし、自然の風景を少しでも綺麗に表現したいという欲求が徐々に強くなり、4K編集に耐えうるパソコンを導入することに決めました。
YouTube、、これから頑張らなきゃなので。

新しく購入した iMac 27インチ

僕が編集用に新しく購入した iMac の仕様は、以下の通り。

27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル

CPU 3.6GHz 8コア第9世代Intel Core i9プロセッサ
グラフィックボード Radeon Pro Vega 48
HDD 2TB Fusion Driveストレージ
メモリ 16GB 2,666MHz DDR4メモリ
その他 Magic Keyboard テンキー付きに変更

仕事の関係で20代前半からずっとAppleのパソコン(Mac)を使っていました。Windowsが嫌というわけではないのですが、もう10年近くMac OSしか使っていません。これで慣れているので、どうしてもMacを優遇してしまいます。

ただ、価格面や使用するソフトウェアによってはMacではなく、Windowsを選んだ方が費用対効果が高い場合もあるのではと思います。

僕がiMacを選んだ理由

慣れているという理由以外にも、iMacを選んだ理由はもちろんあります。一応、購入前にWindows機も購入検討に入れていました。

Davinci Resolveとの相性

パソコンを新しくする理由の一つに、編集ソフトを変えたいというのもありました。これまで編集ソフトは Adobe Premire Proを使用していたのですが、今後はブラック・マジック・デザイン社のDavinci Resolveを使用したかったのです。

ソフトの詳細については後日に譲るとして、Davinci ResolveはMac OSと相性が良いということが分かりました。
そのことに最初に気が付いたのは、Davinci Resolveをテストするために旧MacBook Proにインストールして使っていた時です。このMacBook Proは後で紹介する通りCPUもGPU(グラフィックボード)も大したものではなく、Premire Proを走らせて4K編集をしていると動作がモタついてきます。
にもかかわらず、Davinci Resolveに4K素材を入れてみると、意外なほど問題なく動く。これはなぜだろう?

調べてみると、どうやらDavinci Resolveの設計がMacに最適化されているらしい、ということが分かりました。Davinci Resolveは、最近のMac OSでサポートされているグラフィックAPI ”Metal” をフル活用しています。そのおかげで、多少CPUとGPUのスペックが低くても、快適に動作してくれるようです。

画面の見やすさと色のコントロール

モニター 一体型のiMacは、液晶画面の品質が高く画面の色ズレを心配する必要がほとんどありません。それにiMac 27インチの液晶画面には5KのRetinaディスプレイが採用されており、4K編集に適しています。あえて映像編集用にモニターを買い足す必要性もあまり感じません。
Windowsマシンを映像編集用に購入する場合、マシン本体以外にも、4K編集に適した解像度・品質のモニターを購入し、色のズレを補正(キャリブレーション)する必要性が生じます。

「いや、そこまで厳密にやる必要はないのでは??」と考える方もいると思います。作品によっては、たしかにそこまで作りこむ必要も無いと思いますし、気にならない方は全然それで良いと思います。しかし、気になる方はこの辺がとても気になるはず、、ですよね?

実は4Kモニターを購入するとあまり高くない

モニターの話は価格面にも反映されます。Macは高い、というのが世間のイメージだと思いますが、iMacは高品質なモニターが一体になっての価格です。実はモニターを考慮するとそこまで高くないのでは?というのが個人的な感想です。
試しに、Windowsで同程度の構成をBTO(受注生産のメーカー)で見積もりしてみます。本体だけで比較すると、確かにWindowsのBTOの方が多少安い。しかし、それに4Kモニター(映像編集に向いたもの)を別途注文すると、結局iMacより高くつく場合があります。

僕の場合、モニターまで勘案するとiMacを購入した方が安づくということが分かって、やはりiMacの購入に決定しました。モニターにどこまでの性能を求めるのか?というのも重要な問題になりそうです。

iMac注文時にこだわったポイント

さて、ここでは僕がiMacを購入する時に少しだけこだわった点を紹介しておきます。編集用のパソコンを選ぶ際に参考になればと思います。

CPUとGPU

DavinciResolveの場合、前述のMetalを活用するおかげで、そこまで高スペックなCPUとGPU(グラフィックボード)は不要でした。しかし、今後4K素材の編集を基本で考えており、60fpsのフレームレートが頻繁に混在します。これは、僕が表現手法として好んで「スロー」を頻繁に使うため、60fps素材を多用することに起因します。4K 60fps素材は編集時の負荷が非常に高く、コマ落ちの原因となります。
そこで、CPUとGPUはiMacの注文時にカスタマイズして、少しスペックを高く設定しました。CPUは8コアのCore i9。GPUはRadeon Pro Vega 48。この構成で実際に編集してみた感想ですが、4K素材 24fpsの編集なら全く問題は生じません。60fpsが混在しても、ストレスになるほどのコマ落ちは発生しませんでした。

ただ、意外なことにLUMIX GH5で撮影した150Mbpsのビットレート素材を扱うと、頻繁にコマ落ちします。150Mbps素材がそこまで負荷がかかるというのは予想外でした。これは、僕の設定に問題があるかもしれません。もう少し調べてみようと思います。

HDD(Fusion Drive)

ストレージはSSDにするかFusion Driveにするかで迷いました。結局Fusion Driveを選択した理由としては、4K編集に移行することで、撮影素材のデータ容量が異様にサイズアップすることでした。だいたい1つのプロジェクト(本編にして10〜20分)で、数百ギガバイトの容量が必要になります。こうなると、iMac本体の記憶領域は大きいに越したことはありません。
Fusion DriveはSSDに比べて安価で、大きめの容量を確保することができます。今回僕のiMacでは、2TBの容量を選択しました。

僕の編集方法では、基本的にMac本体に全ての素材を入れ込んでから編集します。編集が終了したら素材とプロジェクトを外付けのHDDなどに保存し、本体からは削除するようにしています。

テンキー付きキーボード

iMac テンキー付きのキーオード

あと、小さなこだわりですが、iMacのキーボードは「テンキー付き」のワイヤレスキーボードに変更しました。これまでも何台かのMacを購入してきましたが、テンキー無しの小さなワイヤレスキーボードを選択していました。しかし、映像編集となるとショートカットキーを多用しますので、テンキー付きのキーボードの方が便利です。

他にもこだわった点があるのですが、長くなり過ぎるのでここらへんで。

2019年9月まで使用していたMacBook Pro

MacBook Pro

上述した通り、2019年9月までは動画編集にMacBook Pro を使用していました。これは編集用に購入したパソコンではなかったため、スペックは一般的な事務や趣味の写真の編集に使える程度にしていました。仕様は以下の通りです。

年式 MacBook Pro 13in 2016
CPU 2.9GHz Intel Core i5
グラフィックボード Intel Iris Graphics 550
SSD 500GB SSD
メモリ 8GB
その他 24インチのDELL社製 外付けモニターを付けて編集

最初にも少し触れましたが、買い替えを決断した理由は4K編集時やカラーグレーディングの作業中に動作がもたつく。SSDの容量が足りなくなった。熱処理の問題などがあります。
ただ、このMacBook ProでもHDの編集ならかなりスムーズに行えました。カラーグレーディングまで細かくやろうとしたり、エフェクトを多用するとモタついてきますが。

もし、4K編集にこだわりがない。エフェクトを多用しないような編集なら、これくらいのノートブックパソコンでも十分だと思います。

どんなパソコンを買えばいいの?

YouTubeをこれから始めようとしているフォロワーさんに、どんなパソコンを買えば良いか質問されたことがありましたが、「コレ」と即答するのはなかなか難しいです。動画編集時にパソコンにかかる負荷によって、スペックを検討することになると思います。

  • 編集する内容(分数)
  • 4Kか、HDか
  • 使用するソフトは
  • 多用するエフェクトは
  • 扱う素材(ビットレートや形式)は

などなど。。
どのような作品を作りたいかによって、必要な道具が変わってくると思います。実際に企画して、撮影・編集してみるまでは、どれほどの負荷がかかるのか?何が必要なのか?結局は分かりません。

自宅にすでにパソコンがある(特別なものではなくても良いので)のなら、編集ソフトを入れて実際に動作を確認してみることをお勧めします。最近では、BTOメーカーからも安価な映像編集用のパソコンが発売されています。
大手メーカーのパソコンよりも、BTOメーカーの方が無駄なアプリケーションが入っていない分、動作がスムーズな場合があります。

個人的にお勧めのパソコン?Macをお勧めするかなぁ。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です