ハリオ(HARIO)アイスコーヒーメーカー V60の使い方と感想

ハリオV60

淹れたてのアイスコーヒーを、素早く、美味しく作りたいのなら「アイスコーヒーメーカー」はおすすめ。

我が家では、ハリオ(HARIO)のアイスコーヒーメーカー V60を、去年の夏に購入しました。
ハンドドリップで抽出しても、すぐにコーヒーを冷やしてくれる、便利なアイテムです。

この道具は、ガラスポットとドリッパーが一緒になったような仕組み。
中心の筒(アイスストレーナー)の中に氷を入れて、コーヒーをハンドドリップすると、コーヒーが急速に冷やされます。

今年も酷暑の中、活躍中のアイスコーヒーメーカー。
実際に使ってみた感想と、詳しい使い方を紹介します。

ハリオアイスコーヒーメーカー V60

ハリオ アイスコーヒーメーカーV60

夏になると、前日の夜に水出しコーヒーを作っておくと、手軽に冷たいコーヒーが作れますよね。

でも、やっぱりハンドドリップしたコーヒーの香りを楽しみたい!

そういうことなら、ハリオのアイスコーヒーメーカーが便利です。
実際どんなふうにコーヒーを作るのか?さっそく、実際にやってみますね。

ハリオ アイスコーヒーメーカー コーヒーの入れ方

ハリオ アイスコーヒーメーカーV60

写真のように、それぞれ5つの部品が同梱されています。

乳白色の円柱状になっている部品は、アイスストレーナー。氷を入れる、フィルターのような部品。
アイスストレナー以外に、ドリッパーと分水器、ガラスポットの上に取り付ける「蓋」が付いています。

組み立てると、こんなふうになります。

ハリオ アイスコーヒーメーカーV60 組み立て図

順番に、コーヒーの作り方を説明していきましょう。

事前準備

このアイスコーヒーメーカー V60は、ドリッパーが一体になっています。
別途、V60用のペーパーフィルターを購入しておきましょう(スーパーなどでも売っています)。

もちろん、コーヒー豆も忘れずに準備を!

美味しくドリップするために、ドリップケトルを持っていない方は、別途購入しておくことをおすすめします。

ドリップケトルと、コーヒーフィルター

写真右が、ドリップケトル。左がコーヒーフィルター(いずれも別売り)

それから、氷をたくさん使うことになるので、事前になるべく多めの氷を作っておきましょう。

ドリッパーを準備

写真右が分水器、左がドリッパー

まずは、ドリッパーにコーヒーフィルターと、コーヒーの粉をセットします。
コーヒーフィルターをドリッパーに乗せたら、コーヒーの粉を入れます。

コーヒーの粉は、コーヒー1杯あたり10g〜程度。
氷が溶けると味が少し薄まるので、ちょっと濃いめになるくらいを目安に、粉をセットしましょう。

アイスコーヒーメーカーV60 ドリッパー

氷をセットする

ガラスポットに、先ほどのアイスストレーナー(白い円柱状の部品)をセットします。

アイスコーヒーメーカーV60 アイスストレーナーをセット

セットしたら、アイスストレーナーの中に氷を入れていきます。

アイスコーヒーメーカーV60 氷を入れる

氷の量は、杯数に合わせて以下の量を基準にしてみてください。
(家庭用の、一般的な製氷皿のサイズを基準に記載しています。)

  • 2杯:120g 氷約8個
  • 3杯:150g 氷約10個
  • 4杯:200g 氷約13個

※V60 アイスコーヒーメーカー 説明書を参照しています。

氷をセットしたら、さっそくコーヒーをドリップしていきましょう。

ドリップする

ガラスポットの上に分水器を乗せ、その上にドリッパーをセットします。

ハリオ アイスコーヒーメーカーV60 組み立て図

ホットコーヒーを入れる時と同じ要領で、コーヒーの粉をじっくり蒸らしながら、ゆっくりドリップしていきます。

  1. 沸かしたてのお湯を、ドリップケトルでコーヒーの粉全体にまんべんなくかかるように、少しづつお湯をかけます。
  2. 全体にお湯がなじんだら、そのまま30秒ほど待ちます(蒸らす)。
  3. 中心から渦を巻くように、ゆっくりお湯を注いで抽出していきます。

アイスコーヒーメーカーV60 ドリップする

ガラスポットに「ドリッパー外す」と書かれた目盛りがあるので、杯数分のラインまで抽出できたら、ドリッパーを外します。

ハリオ アイスコーヒーメーカーV60 目盛り

抽出が完了したら、アイスストレーナーを上下に数回動かし、温度を均一にします。

これで、アイスコーヒーの完成!
氷をつたって抽出したおかげで、冷たいアイスコーヒーが出来上がっています。

氷を入れたグラスに完成したコーヒーを注げば、さらによく冷えて美味しく飲めます。

ガラスポットに入ったコーヒーは、蓋をして冷蔵庫に入れておけば、いつでも冷たいコーヒーを飲むことができます。

蓋をして、ガラスポットごと冷蔵庫で保冷できる

アイスコーヒー以外でも使える!

ハリオ V60 アイスコーヒーメーカーのガラスポットは、もちろん熱湯を入れても大丈夫。
アイスコーヒーを作るだけでなく、ホットコーヒーをドリップする用途でも、十分使えます。

コーヒーサーバーとドリッパーがセットになっているような製品なので、それぞれ購入する必要がありません。
もし、まだコーヒーサーバーやドリッパーを持っていないのなら、案外用途が広がるかもしれません。

ホットコーヒーをドリップ

写真のように、アイスストレーナーと分水器を外しておき、ドリッパーだけセット。
こうすれば、ややコンパクトに収まり、ホットコーヒーをドリップするのにちょうど良いサイズになります。

ちょっと場所をとるかも?

持っておくと便利なアイスコーヒーメーカー。気になることがあるとすれば、ちょっと縦にサイズが大きいかな?

ホットコーヒー用のコーヒーサーバーと比較すると、だいぶ縦に長いのです。
急速にコーヒーを冷やすため、器具が縦長になってしまうのは仕方がないのですが。

コーヒーサーバー

写真は、ホットコーヒー用のコーヒーサーバー

食器棚に直そうとすると、それなりに縦の長さを必要とします。
ガラスポットを冷蔵庫に入れて冷やす時にも、縦に場所を取ることになります。

夏の暑い時期は大活躍ですが、冬に使わない場合、棚の中でちょっと場所を取るかもしれません。その点だけ、ご注意くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です