フルサイズミラーレスとは – センサーの違いについて

フルサイズミラーレスカメラ

フルサイズミラーレスカメラといえば、2018年の半ばまでは、ソニーの独壇場でした。それまで国内のカメラメーカーで、フルサイズミラーレスカメラを発売していたのはソニーだけだったので。

2018年の後半以降、それまでフルサイズミラーレス機を発売していなかったニコンやキャノン、パナソニックなど、主要なカメラメーカーが相次いで新製品を発売します。ここにきていよいよ、フルサイズミラーレスがカメラ市場の中心になるのかな、という実感があります。

この記事ですが、カメラ初心者の方でも分かりやすいように、フルサイズミラーレスカメラとはどういうものか?他のミラーレスカメラと何がどう違うのか?ということを、僕なりに書いてみたいと思います。

フルサイズミラーレスとは?

フルサイズミラーレスカメラ

まず、フルサイズミラーレスとは、いったい何を意味しているのでしょうか?フルサイズではないミラーレスカメラとは何が違うのでしょうか?
その答えですが「フルサイズ」というのは、カメラに内蔵されているイメージセンサーのサイズのことを指しています。「イメージセンサー」と書くと難しそうですが、カメラの中心部にあって、映像を記録する部品がイメージセンサーです。

ミラーレスカメラのイメージセンサーとは

上の写真は、僕が使っているミラーレスカメラ「α7」です。どんなカメラにも、上の写真のように映像を記録するためのイメージセンサーがあります。フルサイズミラーレスカメラのセンサーは、それ以外の一般的なミラーレスカメラよりも、イメージセンサーのサイズが大きいです。

実際にどれくらい違うのか見てみます。

イメージセンサーのサイズの違い

写真は、右側がフルサイズミラーレスカメラ。左側は、APS-Cサイズと呼ばれる、フルサイズよりも一回り小さなセンサーサイズです。

大雑把に説明しますが、イメージセンサーというのはフィルムカメラで言うところの「フィルム」と同じ役割を果たしています。カメラの内部に取り込んだ光を、映像として記録する、最も重要な役割を果たしている部品です。

フィルムが大きい方が情報量が多く、情報量の豊富な写真が記録できるように、イメージセンサーサイズも、大きい方が画質が綺麗な写真が記録できると一般的には考えられています。それから、センサーサイズが大きくなるほど、柔らかくて滑らかな「ボケ味」の写真を撮ることができる、とも言えます。
※あくまで簡略化した説明であって、画質はイメージセンサーの品質などにも左右されますが。

センサーサイズの違い

一眼レフデジタルカメラ、ミラーレスカメラのセンサーサイズは、大まかに以下のようなサイズに分類できます。

イメージセンサー サイズの違い

※メーカー・製品によってセンサーサイズに微妙な違いがあります。

中判サイズ 43.8 × 32.9 mm
フルサイズ 36 × 24 mm
APS-Cサイズ 23.5 × 15.6 mm
マイクロフォーサーズサイズ 17.3 × 13mm

ここに書いたセンサーサイズは大まかな分類で、メーカーによってセンサーのサイズや呼び方が微妙に異なります。ちなみに、フルサイズのセンサーのサイズは、従来のフィルムカメラで最も多く普及していた、35mmフィルムに最も近いサイズの大きさです。

国内の主要メーカーから発売されているミラーレスカメラの中で、現在最もイメージセンサーのサイズが大きいのは、FUJIFILMから発売されているGFXシリーズのセンサーです(2018年末時点)。フルサイズと比較しても大きな違いがあります。

GFX50sのセンサーサイズ

画像:FUJIFILM GFX

中判サイズともなると、センサーが大きい分、カメラの大きさも、本体・レンズの大きさや金額もだいぶ大きくなります。なかなか、特別な理由がなければ使用する人は多くはないかもしれません。

ここまでのまとめですが、フルサイズミラーレスカメラとは、一般的なアマチュアモデルのカメラよりも、イメージセンサーのサイズが大きいのです。その分、綺麗な画質やボケ味を得られやすくなります。

さて、ここからフルサイズミラーレスカメラのメリットやデメリットを、もう少し詳しく見ていきます。

フルサイズミラーレスカメラを使うメリット

sony α7

ミラーレスカメラの中で、比較的多く発売されているのが 、APS-Cサイズマイクロフォーサーズサイズのミラーレスカメラです。あえて価格の高いフルサイズミラーレスカメラを使うメリットは、大きく分けると2つあります。

フルサイズは高画質(センサーにもよるが)

以下の写真は、フルサイズミラーレスカメラとしては最も古い、ソニーのα7で家族を撮影した時の写真です(まだ娘が小さい)。

α7とSEL55F18 作例

上でも説明したように、フルサイズミラーレスカメラは、イメージセンサーのサイズが大きい分、高画質な写真が記録しやすくなると考えられます。ただ、ここでちょっと注意したいのですが、必ずしもセンサーサイズの大きさが画質を決定するわけではないということ

もし、イメージセンサーのサイズが大きいほど画質が綺麗だというのなら、中判サイズセンサーが最も綺麗な画質、ということになってしまいます。しかし、話はそんなに単純ではありません。イメージセンサーを構成する、「撮像素子」の品質や、画像処理エンジン、色再現能力や、撮影に使うレンズなど、様々な要因が「画質」を決定づけます。

新しく開発されたセンサーの方が、古いものより綺麗な画質、ということは当然の話です。新しくなるほど、イメージセンサーの設計や素材が向上するので、これは当然の結果とも言えます。あくまで、センサーサイズが大きい方が、画質が綺麗だという傾向があるくらいに考えておくと良いと思います。

フルサイズはボケ味が綺麗

イメージセンサーのサイズが大きい分、イメージサークル(レンズが取り込める映像(光)の大きさ)が大きくなるため、APS-Cサイズやマイクロフォーサーズサイズよりも、ボケ味は柔らかく綺麗になりやすいです。

個人的には、実際に撮り比べてみるとはっきり分かるレベルです。ただし、これもボケ味の美しさはイメージセンサーだけで決まるわけではないと言うことを頭に入れておきたいなと。特に、ボケ味はレンズの性能にも大きく左右されます。どれほどイメージセンサーが大きく、画質に優れたカメラを購入したとしても、レンズ次第ではボケ味が微妙だったということもあるはずです。

フルサイズカメラのデメリット

フルサイズのミラーレスカメラにも、もちろんデメリットはあります。まず、センサーサイズが大きくなることで、本体やレンズのサイズも大きくなってしまうということ。サイズが小さく、軽量なのがミラーレスカメラの「売り」だったはず。少しでもサイズを小さくしたいのなら、フルサイズよりも小さいイメージセンサーのカメラを選ぶ方が得策です。

α7Sⅱ

バージョンアップするたびに大型化しているではないか、、

次に、センサーサイズの小さいミラーレスカメラと比較すると、価格が大幅に高くなってしまうというのもデメリットと言えそうです。その分、画質や機能向上が期待できるわけですが、個人的にはAPS-Cサイズのカメラでも十分高画質を得られると考えています。
フルサイズを選ぶのは、「ハイアマチュア」と呼ばれるユーザーや、写真や映像を仕事にする「プロ」のユーザーが多い傾向にあるかなと思います。

といったところで、昨今盛り上がっている「フルサイズミラーレスカメラ」について、ちょっと真面目に紹介してみました。続々と発売が発表されるフルサイズミラーレスカメラですが、もはや一眼レフカメラからミラーレスカメラへの本格的なシフトが始まったのかなと思わざるを得ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です