EOS R のレンズを徹底比較 – 発売日はいつ?バリエーションは豊富

EOS Rレンズ 比較

2018年10月下旬に発売が予定されている、EOS-R。従来のレンズにはない「コントロールリング」の採用など、キャノンユーザーに限らず広く注目を集めています。

EOS R を購入検討している方の中には、対応するレンズの発売時期や、レンズの価格が気になっている方も多いはず。

そこで、今回の記事では EOS-R専用に開発された「RFレンズ」の発売時期や、価格情報を一覧で掲載。RFレンズの今後の発売予定についても随時更新していきます!

EOS R どんなレンズがあるの?

RFレンズのラインナップには、従来のEFレンズと同様に、赤いラインが象徴的な「Lレンズ(Luxury Lens)」と呼ばれる、より高画質なシリーズがラインナップされています。

Lレンズは、使用される部材から他のレンズラインナップとは異なり、高い光学性能と堅牢性を誇る、プロ、ハイアマチュア向けのレンズ。
EOS R 専用のレンズは、現状で4本の発売が決まっています。まずはこの4本のレンズについて、詳しい発売時期や価格情報を見ていきましょう。

レンズ 価格(定価、税別) 発売予定時期
RF24-105mmF4LIS USM RF24-105mm F4 L IS USM 155,000円 2018年10月下旬
RF28-70mm F2L USM RF28-70mm F2 L USM 420,000円 2018年12月下旬
RF50mm F1.2L USM RF50mm F1.2 L USM 325,000円 2018年10月下旬
RF35mm F1.8 macro IS RF35mm F1.8 MACRO IS STM 75,000円 2018年12月下旬

写真:Canon 公式サイト

今後のラインナップ

キヤノンの報道向け発表で、今後のRFレンズ発売のロードマップ(おおまかな予定)が示されました。しかし、残念ながら具体的な発売予定について記載があるのは、2018年まで。2019年以降に発売するレンズについては、詳しいスペックが全く示されていません。

唯一、レンズロードマップに記載されているのは、「2019年以降順次発売」「F2.8ズームなどを発売」とだけ。

2018年9月現在、キャノン純正 RFレンズは、先に説明した4本のみの発売が「ほぼ確定」している状況です。

EFレンズもマウントアダプターで使える

しばらくはRFレンズの数は少ないものの、もちろん既存のニコンユーザーのことを考慮し、EFレンズを使うための純正アダプターの発売が予定されています。

2018年10月下旬に発売される予定の、「コントロールリングマウントアダプター EF-EOS R」には、その製品名の通り、マウントアダプターに「コントロールリング」が備わっています。

コントロールリングマウントアダプター EF-EOS R
定価:30,000円(税別)

写真:Canon 公式サイト

コントロールリングは、今回の RFレンズから新たに搭載された機能。レンズに専用のリングが加えられており、シャッターピードや絞り、ISOなどを割り当て、リングを回すことでカメラを操作することができます。

この他、コントロールリングを備えていない、より価格の安い EFレンズ用マウントアダプターも発売予定。

マウントアダプター EF-EOS R
定価:15,000円(税別)

写真:Canon 公式サイト

さらに、NDフィルターや、円偏光フィルターをドロップインできる、新しいマウントアダプターも発売される予定です。


ドロップインフィルターマウントアダプター EF-EOS R

写真:Canon 公式サイト

このように、EFレンズ用マウントアダプターだけでも話題性は十分で、既存のキャノンユーザーを大いに喜ばせてくれています。

「コントロールリング」のように、これまでにない画期的な機能を備えつつ、「Lレンズ」のような光学性能に優れたレンズを開発したキャノン。今後のRFレンズの発売に、期待は高まるばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です