Nikon Z7とSony α9 徹底比較!買って損しないのはどっち?

α9,Z7

つい先日まで、コツコツとお金を積立て、Sonyの α9 または α7R Ⅲを購入したいと考えていた僕。そんな中、満を持して発売されたニコンのフルサイズミラーレスカメラ、Nikon Z7そしてZ6

これまで集めてきたEマウント(ソニーミラーレス用)のレンズ資産や、α7用に購入してきたアクセサリーのことを考えると、ソニーのミラーレス以外を購入することは惜しい気もします。

しかし、実際にニコンのミラーレスカメラ Z7を詳しく調べていくと、正直、少し気持ちがぐらついてしまいます。

今回は、価格もスペックもよく似ている、ニコンのミラーレス最高峰 Z7と、ソニー α9を徹底比較してみました。
どちらかを購入しようか悩んでいる方にとって、少しでも参考になればと思います。

Nikon Z7とSony α9を比較検証

まずは、基本的な情報から見ていきましょう。
どちらのミラーレスもフルサイズフォーマットです。価格はどうでしょうか?

Z7とα9 の価格比較

Nikon Z7(ボディのみ) Sony α9(ボディのみ)
公式ストア価格 ニコンダイレクト

437,400円 税込

ソニーストア

448,880円 税別

実勢価格 39万円〜  37万円〜

見ての通り、ボディ(本体)単体の価格は、公式ストア・実勢価格どちらをとっても、大きくは変わりません。

それにしても、どちらもプロユースを想定した商品だからこそ、この価格設定なのでしょうが、いずれも本体のみで40万円前後というのは高額ですね。

次に、外観やサイズの違いを見ていきましょう。

サイズが少しだけ大きいのは Z7

まずは、本体のサイズや重量を比べてみましょう。

Z7 α9 サイズ比較

Nikon Z7 Sony α9
サイズ 約134 × 100.5 × 67.5mm 約126.9 × 95.6 × 63.0mm
重さ 約585g
※バッテリー・メモリカード含まない
約588g
※バッテリー・メモリカード含まない
記録媒体 XQDメモリカード SDカード、メモリースティックDUO

たまたまなのか、Z7がα9を意識してこうなったのか、重量・寸法、共にZ7とα9でほとんど違いがありあせん。
Z7の方が、ほんの少し大きい、というくらいです。

α9は従来のSDカード、またはメモリースティックDUOを使用します。Z7は、4K映像など大容量の映像記録に適した「XQDカード」と呼ばれる、比較的新しいメモリカードを使用しています。

ファインダーの違い

ファインダーのスペックを比較してみましょう。

Z7 α9 ファインダー

Nikon Z7 Sony α9
液晶サイズ 0.5型 0.5型
解像度 約369万ドット 約369万ドット
視野率 100% 100%

Z7、α9、どちらもファインダーは同等のスペックです。いずれも、Lumix GH5やFUJIFILM X-H1などと同等の、0.5型、360万〜ドットの解像度。
ミラーレスでは、最高峰の高精細を誇っています。

液晶モニターの違い

液晶画面はどちらもタッチパネル。最近では主流になった、画面をタッチしてフォーカスを合わせる機能も搭載されています。

Nikon Z7 Sony α9
液晶サイズ 3.2型TFT液晶モニター 3.0型TFTモニター
解像度 210万ドット 144万ドット
タッチパネル あり あり

モニターの大きさと解像度については、Z7の方がほんの少し大きく、ドット数(解像度)も高いということが分かります。
どちらもチルト構造になっており、上下に稼働させることができます。

モニターは撮影中に頻繁に使う部分。解像度と画面の大きさが優位な、Z7の方が優れていると判断して間違いないでしょう。

ボタンの配置

ボタンの配置は、2つのメーカーで完全に異なっています。おおまかに、写真を見ながら紹介していきます。

最も異なるのが本体上部。電源ONとシャッターボタンは、いずれもほとんど同じ位置にあります。しかし、それ以外は全く違っています。

Z7は、右側に撮影状況を確認する液晶画面。左側にモード切替のダイヤルが配置されています。

z7 top

反対に、α9は右側にモード切り替えのダイヤル。左側には、最もよく使うであろう、連写モードとフォーカスモードの切り替えダイヤルが配置されています。

α9 上部

背面のボタンにも大きな違いが見られます。
Z7は、ファンクションボタン(好みの機能を設定して呼び出すボタン)が、マウントの真横に配置されています。

背面のボタンは、定位置にボタンが配置されているという印象で、シンプルです。

z7

z7 背面

α9の背面ボタンには、カスタムボタン(好みの機能を呼びたすボタン)が用意されています。決まったボタン以外にも、自分で好みのコマンドを設定することができます。
ちなみに、α9の場合、本体上部にも2つのカスタムボタンが用意されています。

この他にも、動画撮影ボタン、ISOの設定ボタンなど、主要なボタンの位置は両者で全く異なっています。

ボタンに配置については、撮影者の好みによるのでどちらが良いとは言えません。
僕が感じたのは、ボタンを自由にカスタムしたいユーザーにとってはα9。往年のニコンユーザーなら、間違いなくZ7のボタン配置が使いやすいはず。

Z7とα9 基本性能の違い

次に、Z7とα9の基本性能の違いを見ていきましょう。

AF性能

AF性能には、多少の違いが見られます。

Nikon Z7 Sony α9
AF方式 コントラストAF、像面位相差AF コントラストAF、像面位相差AF
フォーカスポイント 位相差検出:493点 位相差検出:693点
機能 コンティニュアスAFサーボ
予測駆動フォーカスあり
動体予測、被写体追従あり
タッチパネル あり あり

センサー開発、移動体検知の技術では業界をリードしてきたソニー。フォーカスポイントは693点と、α9の方が優位であることが分かります。
これまでαシリーズを手にとってみた経験やスペックを見ても、AFの動体予測はα9の方が優れているのではないかと予想しています。

それにしても、よほどシビアなスポーツ撮影は別として、Z7のフォーカスポイント 493点も十分すぎます。
従来のニコンの一眼レフデジタルカメラの最高峰 D5でも、153点のフォーカスポイントです。

手ぶれ補正

個人的に、あると便利な機能だなと強く感じるのが、手ぶれ補正機能。Z7、α9共に、本体側に手ぶれ補正機能が搭載されています。

Nikon Z7 Sony α9
補正方式 イメージセンサーシフト方式5軸補正 イメージセンサーシフト方式5軸補正

どちらも5軸の補正で、同じ程度の効果が期待できそうです。

防塵・防滴性能

このクラスの価格になると、堅牢性は重要。Z7、α9ともに、一眼レフデジタルカメラに備わる程度の、基本的な防塵・防滴性能が備わっています。
ボディはどちらもマグネシウム合金で、堅牢性を確保しています。

バッテリー

動画撮影時間や撮影可能枚数を比較してみると、α9の方がバッテリーの持久性に優れているということが分かります。

Nikon Z7 Sony α9
撮影可能数 約330コマ 約480枚
撮影可能数
(液晶モニターのみ使用時)
約400コマ 約650枚
動画撮影可能時間 約85分 約105分

Z7とα9 画質は

次に、多くの方が気にするであろう、画質のスペックを比較してみます。
あくまで、数値上の違いですので、実際に撮影した画像を比較したわけではありません。

Nikon Z7 Sony α9
センサー 35.9×23.9mm
CMOSセンサー
35.6×23.8mm
CMOSセンサー
ISO 64~25600 ISO100-51200
有効画素数 4575万画素 2420万画素
総画素数 総画素数 4689万画素 約2830万画素
記録画素数(最大) 8256×5504ピクセル(45.4M) 6000×4000(24M)
RAW 12ビット/14ビット(ロスレス圧縮、圧縮、非圧縮) 14bit(圧縮、非圧縮)

画素数を比較すると、見ての通り、明らかにZ7の方が画素数が高いことが分かります。

シャッタースピード/連写速度

連写速度を見てみると、電子シャッターでの連続撮影が可能なα9は、秒間約20コマが撮影可能。

従来の電子シャッターのデメリットとしては、フリッカーや歪みの発生が考えられます。α9はこの点がかなり改善されている、という報告が散見されており、期待ができます。

Nikon Z7 Sony α9
シャッタースピード 1/8000-30秒 1/8000-30秒
連続撮影速度 約 5.5コマ/秒
(拡張)約9コマ/秒
約5コマ/秒
(電子シャッター時)約20コマ/秒

Z7とα9 動画性能は

まずは、動画の撮影時間と画素数から見ていきましょう。

Nikon Z7 Sony α9
連続撮影時間 29分59秒
(4倍スローモード除く)
29分
4K撮影
(3840×2160)
30p/25p/24p(144Mbps) 30p/24p (100Mbps または 60Mbps)
HD撮影
(1920×1080)
120p/100p(144Mbps)
60p/50p/30p/25p/24p(56Mbps または 28Mbps)
120p(100Mbps または 60Mbps)
60p/30p/24p(50Mbps)

意外だったのは、フレームレートや記録ビットレートなど、記録方式のバリエーションは Z7の方が優れているという点。
それだけでなく、記録時のビットレートの高さに関しても、見ての通りZ7の方が高いのです。

単純に考えれば、Z7の方が高い処理速度を誇っているということが分かります。数字だけで判断すると、α9よりも高画質の動画が撮影できるのではないか、と推測できます。

個人的に、動画性能はSONYの方が優れているのでは?と予想していただけに、意外な結果でした。

基本性能を比較した感想

z7 α9 性能の比較

ここまで、Z7とα9の基本的な性能の違いを比較してみました。正直に言えば、性能はどちらも非常に酷似しています。

大きな違いがあるとすれば、画素数の違い。これは、数値を見る限りZ7の方が高い解像度です。最大で 8256×5504ピクセルということは、D850に匹敵するサイズ。
動画の記録にしても、ビットレートやフレームレートのバリエーションを見る限り、明らかにZ7の方が上です。

しかし、単純に画素数だけでどちらが優れているのか?ということは言い表せません。

個人的に気になっているのは、処理速度やレスポンシビリティ。電源ON時の立ち上がりや、ファインダーの即応性など、細かい反応速度がとても気になります。この点は、実機を触っていないのでここで判断することはできません。

そこを抜きにして、画質や背面モニターの大きさなど、機能面を追っていくと、Z7の方が優れているとは思います。

ただし、次に説明する通り、Z7はまだまだアクセサリーやレンズのラインナップが出揃っていません。この点をどう考えるのか?ということが、購入時の分かれ目になりそうです。

マウントと将来性

現在、SONYのミラーレスカメラで使用できるEマウントのレンズは、純正品だけで40本以上のラインナップ(APS-Cフォーマット含む)が発売されています。
サードパーティー製のレンズも、Carl Zeiss純正など、魅力的なレンズが多く、これらを含めるともの凄い本数です。

eマウントレンズ

それに対して、ニコンのZマウントに対応したレンズはまだまだこれから。発売予定日が決定しているレンズは、たった3本しかないという状況です。

Zマウントで使えるレンズは3本

nikkor zマウントレンズ

写真:ニコン 報道資料

Zマウントで現状発売が決定しているレンズは、以下の3本。

  • NIKKOR Z 24-70mm f/4 S 2018年9月下旬発売予定
  • NIKKOR Z 35mm f/1.8 S 2018年9月下旬発売予定
  • NIKKOR Z 50mm f/1.8 S 2018年10月下旬発売予定

24-70mmの標準レンズを中心に、基本の単焦点レンズが2本、という感じです。
報道向け資料では、ニコン史上初となるF値0.95のレンズ、NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct がチラ見えしています。F0.95って、、驚異的です。

NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct

写真:ニコン 報道資料

嫌でも期待が膨らみます。しかし、このレンズの発売日は未定となっています。
しばらくは3本のレンズで我慢して、あとはNikkor Fレンズに対応したマウントアダプターで我慢するしかなさそうです。

Zマウントレンズ 今後の発売予定は?

参考までに、Nikonが報道向け資料で公開した、Zマウントの開発ロードマップを掲載しておきます。

Nikkor Zレンズ 発売予定

写真:ニコン 報道資料

これを見る限り、2019年は合計6本の発売を予定しているということになりますね。すぐに発売できる物ではないので、数年かけてレンズの拡充をじっくり待つしか無さそうです。

Zマウントの今後は期待できる

ここまでの情報を総合すると、Z7のスペックは α9よりも上をいっています。
しかし、しばらくはたった3つのレンズで我慢しなければなりません。または、マウントアダプタで Nikkor Fを使うしかりません。そこを我慢するなら、Z7は十分購入に値する製品だと思います。

Zマウントの今後の発売状況を見て、「そんなに気長に待てない」という方は、やはりα9を購入することをおすすめします。

ただし、個人的に気になっているのが、ニコンが開発した新しいZマウントのポテンシャルについてです。Zマウントは、口径が55mmと、Eマウントの46mmを大きく上まっています。

筐体の小型化よりも、レンズの光学性能の向上を見越して、ギリギリの最大化を測ったであろう、このサイズ。来年の発売を予定している F0.95の、58mm Noct の存在を見ると、嫌でも今後のZマウントに期待せずにはいられません。

将来的にはニコンのZマウントレンズが優れたレンズをたくさん発表するのではないか?という期待を捨て切れません。

まとめ:現状はα9 将来性は Z7

Z7は画質性能や動画性能に優れており、α9の上をいく機能も豊富に盛り込まれています。しかし、現状のレンズラインナップを見てしまうと、どうしても購入に踏み切れません。今は α9を選択した方が賢いだろう、というのが僕の意見です。

ただし、長期的に見ればZマウントの将来性は有望。気長に待てるのであれば、今のうちからZマウントに資金を入れ込んでも決して後悔はしないと思います。

でも、迷いますよね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です