【初心者向け】コーヒー道具の選び方 – 4つの道具でハンドドリップ

コーヒー道具の選び方

自宅でコーヒーを淹れると聞くと、全自動のコーヒーメーカーを想像する方も多いと思います。僕も、以前はコーヒーメーカーを使っていましたが、やっぱりハンドドリップが美味しくて、今は毎日ハンドドリップです。

必要な道具はそんなに多くはないですが、香りや味わいが全く違ってきます。道具を選び、自分の手で入れる楽しみもあります。

今回は、我が家で使っているハンドドリップの道具を紹介してみます。

ハンドドリップコーヒーに必要な道具

コーヒー豆

ハンドドリップに必要な道具は、主に4つあります。

  1. コーヒーサーバー
  2. ドリッパー
  3. ドリップケトル
  4. コーヒーミル

自分で豆を挽きたいという方は、4番目の「コーヒーミル」が必要ですが、すでに挽いてある豆(粉)を買う方は、ミルがなくても大丈夫です。
これらの道具とは別に、コーヒー豆とコーヒーフィルターはその都度購入します。

この他にも、あると便利なのが、コーヒーの粉の量を測る「コーヒーメジャー」です。見た目はスプーンのようです。

コーヒーメジャー

どれだけ良い道具を選んでも、豆が美味しくなければ美味しいコーヒーはできません。

コーヒー豆の選び方

コーヒー豆の種類は無数にあって、一体どれを選べば良いのやら。初めの頃はとても迷うと思います。
僕も、いまだに生産国による味の違いなど、よく分かっていません。それでも、豆を焙煎しているお店で話を聞いていると、楽しみながら自然と知識が頭に入ってきます。

毎日コーヒーをドリップしていると、自分の好みの豆を見分けるコツのようなものがつかめてきます。

  • 焙煎したての物を選ぶ
  • 苦味、酸味などのバランスを見て選ぶ
  • お店で話を聞く

おすすめの選び方は、豆の焙煎をしている小さな珈琲専門店や、カフェなどのお店を見つけ、一緒に好みの豆を選んでもらうこと。コーヒーについて詳しくないことを伝えれば、味の好みを聞いてくれ、一緒に選んでくれるはずです。

豆の選び方については、様々な種類の豆を購入していくと、自分の好みが分かるようになると思います。ぜひ、たくさん試してみてください。

ここからは、先に紹介した四つの道具の選び方をご紹介していきます。

コーヒーサーバー

コーヒーサーバー

コーヒーサーバーは、 ドリップしたコーヒーを入れるための、耐熱ガラスでできた容器。とても頑丈に作られており、ちょっとしたことでは割れません。

はじめの頃、「コーヒーサーバーがなくても、直接カップに注げば良いのでは?」と考えていました。しかし、2人分、3人分、、となると、コーヒーサーバーがないと不便です。

コーヒーサーバーには、杯数分の目盛が付いていて、ちょうど良い分量を確認しながらドリップすることができます。

コーヒーサーバーの目盛り

頑丈で耐熱性に優れているコーヒーサーバーなら、あとは自分の好みのデザイン、杯数で選んでも大丈夫だと思います。

ドリッパー

ドリッパー

ドリッパーは、コーヒーフィルターと粉をセットして、コーヒーを抽出するための道具。これもピンからキリまでありますが、はじめのうちは安いもので十分です。

コーヒー器具の代表的なメーカーとして、HARIO(ハリオ)と、Kalita(カリタ)、2つの老舗メーカー(どちらも日本の会社)があります。
注意すべきは、2つのメーカーでドリッパーの形状が異なるため、セットできるコーヒーフィルターが異なるということ。

HARIO Kalita、この2つのメーカーの、いずれかのドリッパーを買っておけば、だいたいどのスーパーやホームセンターでもフィルターが販売されています。

個人的には、この2つのメーカーのいずれかを買っておけば、間違いないと考えています。自分の好みと予算で選んで良いと思います。
ドリッパーとコーヒーサーバーがセットになった製品もあります。

ドリップケトル

ドリップケトル

ドリップケトルとは、お湯を沸かしてドリッパーにお湯を注ぐもの。見た目は「やかん」のようです。

「じゃあ、やかん でいいのでは?」と思うかもしれませんが、そうもいきません。ハンドドリップするためには、ドリップケトルが必要です。
見ての通り、ドリップケトルの先端は、注ぎ口が細くなっています。

ハンドドリップする際には、コーヒー豆を蒸らして味を良くするために、少しずつお湯を注ぎ込んだり、渦を巻くようにお湯を注ぐ必要があります。

ハンドドリップ

これを、やかんのように注ぎ口が太い容器でやろうとすると、どうやってもうまくいきません。ハンドドリップには、コーヒーをドリップする専用の「ドリップケトル」を使うことをお勧めします。

ドリップケトルの選び方

個人的な感想ですが、重すぎるドリップケトルは、ドリップ中に疲れます。柄が持ちにくい物を選んでしまうと、とても使いづらいです。柄の位置と角度によって、ドリップのしやすさが全く変わります。

ドリップケトルと、コーヒーフィルター

ドリップケトルについては、人によって合う合わないがあると思います。デザインも様々で、好みが分かれるので一概に「これが良い」とも言えません。

あとは注ぎ口。製品によって、かなりの違いがあるのですが、注ぎ口の形状や位置によって、お湯の出方が全く異なります。個人的には、最初はオーソドックスな製品を買って、しばらく使ってみることをおすすめします。

コーヒーミル

コーヒーミルは、コーヒー豆を粉に挽くための道具。この記事の始めの方にも書いた通り、コーヒーを毎回粉で買うのなら、コーヒーミルは必要ありません。

でも、ミルを持っていると楽しいです。豆をガリガリと削る音は心地良いです。もちろん、粉の粗さを自分で調整できますし、挽きたての方が香りが高いという楽しみもあります。

コーヒーミルの選び方

手動のコーヒーミルは、製品によって使い心地が全く異なります。豆を挽く肝心な「刃」の部分は、セラミッックの物をおすすめします。セラミックは長く使えますし、驚くほど良く削れます。

この製品は、コーヒー豆が上からたっぷり入ります。

たくさん豆を挽いたら、しっかり蓋を閉められるので、そのまま保存ができるので便利。

ここまで、豆の選び方。それから、ハンドドリップ初心者の方のために、必要な4つの道具について説明してみました。

道具を揃え、コーヒー豆、コーヒーフィルターを買い揃えたら、さっそくハンドドリップをやってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です