水出しコーヒーは「お茶パック」で簡単に作れる!美味しい作り方

水出しコーヒーをお茶パックで

我が家では、毎日ハンドドリップでコーヒーを淹れています。
ハンドドリップで淹れた方が、コーヒーメーカーで飲むよりも確実に美味しくなるからです。

ハンドドリップが面倒という方は、もっと手軽に、しかも美味しく冷えたコーヒーが飲める「水出しコーヒー」がおすすめ。
実際に試してみると分かりますが、味がまろやかになり、とても美味しく飲めます。

ついでに、家にある「お茶パック」で、手軽に水出しコーヒーが作れるんです。知っていましたか?

コーヒー豆を焙煎しているカフェのオーナーから教わったのですが、この方法なら手軽に、家にある道具だけで冷たく冷えた美味しいコーヒーが作れます。

水出しコーヒーはお茶パックで手軽に作れる

「水出しコーヒーは専用のポットがないと作れない」。そう思っている人は多いのではないでしょうか?
僕も、つい最近までそう考えていました。

カフェのオーナーに教わった方法は、スーパーなどで販売されている「お茶パック」で、水出しコーヒーを作る方法です。

お茶パックで水出しコーヒーを作る方法

難しくなく、特別な道具も必要ありません。実際に習った方法を、そのままご紹介します。

1.お茶パックに粉を入れる

お茶パック

まず、市販のお茶パックを用意します。もちろん、スーパーや100均で売っているお茶パックで大丈夫です。
まとめて5〜10杯分など、多めに作りたいのなら、なるべく大きめのお茶パックを用意した方が良いと思います。

お茶パックによっては、入り口が大きく、コーヒーの粉が漏れてしまう場合があるかもしれません。
そんな時は、お茶パックを二重にするという方法があります。

コーヒーの粉の量は、通常の淹れ方の時と変わりません。1杯分が〜10g程度くらいで、好みの濃さに合わせて調整してください。

コーヒーとお茶パック

コーヒーの豆(粉)は、どのような種類でも大丈夫。水出し用に特別なコーヒー豆を準備する必要はありません。

準備ができたら、お茶パックにコーヒーの粉を入れていきます。お茶っぱを入れる時と同じように入れて構いません。
粉が出ないように、しっかり包み込みます。

2.水を入れて1日置く

お茶パックとコーヒーサーバー

お茶パックにコーヒーの粉を入れたら、麦茶などを入れる容器に、粉を入れたお茶パックを入れ、水を注ぎます。
水を注いだら、そのまま冷蔵庫で8時間ほど寝かせます。

前日の夜に準備しておけば、ちょうど次の日の朝に完成!これは簡単です。
味がしっかり出て、コーヒーが完成したらお茶パックは捨てても大丈夫。

完成した水出しコーヒー、初めてチャレンジした方は、意外な美味しさにびっくりするはず。

水出しコーヒー

水出しコーヒーで、余った豆も美味しく飲める

この方法を教えてもらったのは、カフェのオーナーに、コーヒー豆について教えてもらっていた時。

あまり美味しくないと思った豆でも、水出しコーヒーにすることで、味が変わって自分好みになることがあるそうです。

味がまろやかになる

実際にやってみて感じたのですが、ハンドドリップで飲んでいた味と比べてみると、同じ豆でも味が全く異なります。
口当たりがまろやかになるというか、、トゲトゲしい味が消え、丸みのある味に変化します。

たとえば、スーパーなどで販売されているコーヒー。
個人的には、焙煎後、時間が経った豆はあまり美味しいと感じることがありません。
こうした豆でも、水出しコーヒーにすると意外と美味しく飲めてしまうことがあります。。なぜだろう?

余談ですが、スーパーで販売されているインスタント水出しコーヒーのパックも、けっこう美味しいと思いませんか??僕だけかな?
これも、機会があれば試してみてください。

水出しコーヒー専用ポットや、専用パックもある

ここで紹介したのは「お茶パック」を使う方法でした。
水出しコーヒーを作るには、専用のポットも販売されています。

先のカフェのオーナーさんも、普段は自宅で「HARIO」の、水出しコーヒー用ポットを使っているそうです。
特に高い物ではないので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

専用ポットなら、粉を入れる専用のフィルター(ストレーナー)がセットされています。
これがあれば、わざわざパックを買う必要はありません。
夏の時期、毎日冷たい水出しコーヒーを作るのなら専用ポットは便利そうですね。

ちなみに、今回紹介したように「お茶パック」でも水出しコーヒーが簡単に作れますが、水出しコーヒーを作るための「水出しコーヒー専用パック」も販売されています。
どちらを使ってもよいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です