キャプテンスタッグの「焚き火用ゴトク」がかなり使える

キャプテンスタッグのゴトク

キャプテンスタッグは僕の好きなメーカーのひとつ。こまごまとした製品が発売されていて、痒いところに手が届いているように思います。良心的な価格設定もありがたい。

中でも、最近購入して気に入っているのが焚火用のゴトク(五徳)。実はこれ、スノーピークの焚火台に乗せて使用しています。

持ち手が付いていて移動しやすく、頑丈で重い鍋も気にせずに置くことができます。

キャプテンスタッグの焚き火ゴトクが使える

ゴトク

上の写真の製品を見た瞬間、すぐに欲しくなりました(価格が安かったから、というのもあるんですが..)。

焚火用に使えるゴトクとして、他にも以下の3つの製品が発売されています。

グリルスタンド テーブル(風防付き) UG-30

UG-30 グリルスタンド テーブル(風防付き)

UG-30 グリルスタンド テーブル(風防付き)

写真:キャプテンスタッグ公式サイト 

サイズが小さめで、畳むとコンパクトなサイズ。携帯用のガスバーナーやネイチャーストーブなど、小さなウッドストーブ(焚き火台)用に持ち歩くと便利そうです。

スタンド付きのゴトクとしても、テーブルとしても使えるアイデア商品というわけです。テーブルとしても使える天板部分ですが、ステンレス素材で、ゴトクとして使う際は風防(風除け)にもなると。
個人的に気になる、使ってみたい製品です。

2way 焚火ゴトク(ワイド)UG-3260

2way 焚火ゴトク(ワイド) UG-3260 2way 焚火ゴトク(ワイド) UG-3260

写真:キャプテンスタッグ

 

スタンドが付いたゴトクですが、2枚目の写真のようにスタンド部分をを取り外して焚火台やバーベキューグリルに乗せて使えます。
個人的に、このゴトクを最近購入しましたが、スノーピークの焚き火台 Lサイズにはちょうど良いです。

スノーピーク焚き火台Lサイズ用の五徳 – これが使いやすかった

スタンドを付ければ直火でも使えます。かなり頑丈に作られているので、荷物を載せるためのテーブルとしても使ってもOK。

焚火ゴトク UG-3252

 

キャプテンスタッグ ゴトク

 

キャプテンスタッグ ゴトク スノーピーク焚火台L

写真:キャプテンスタッグ 

 

この製品は、だいぶ前に購入した製品で、ワイヤー径 7mmとの太くて頑丈なゴトク。取手が付いているのも便利です。焚き火台の上だけでなく、直火での焚き火にも十分使えそうな製品です。

スノーピークの焚き火台(Lサイズ)で使用していたのですが、Lサイズに対してやや小さい感じがして、最近は前述の「2Way焚火ゴトク」の出番が多くなっています。


ここまで紹介したキャプテンスタッグの3つのゴトク。焚火台やネイチャーストーブ、または地面で焚き火をする「直火」で使用する時に使えます。

僕が購入したのは、2番目、3番目に紹介した2つの焚火ゴトクです。焚き火台の上に乗せ、ゴトクとして使うのが主な使い方になっています。

焚火台に乗せて使った感想

写真は、実際にスノーピークの焚火台の上に、焚火ゴトク(UG-3252)を乗せたイメージです。スノーピークの焚火台 Lサイズでは、ちょっとギリギリなサイズ感です。
スノーピークの焚き火台で使うなら、Mサイズくらいがちょうどよいかもしれません。

スノーピークの焚き火台と、キャプテンスタッグのゴトク

ただゴトクの径が太くて重みがあるので、焚火台の上でがっしりハマっているので、それなりに安定感はあります。

個人的には、Lサイズで使うなら2番目に紹介した 2way 焚火ゴトク ワイド(UG-3260)の方がサイズ的にちょうど良いと思います。
これなら、下は、実際にスノーピークの焚き火台 Lサイズで使用してみた写真です。

スノーピークの焚き火台Lサイズとキャプテンスタッグ のゴトク

写真はソロキャンプ中に撮影した写真ですが、以下のYouTube動画で観ることができます。後半、キャンプ場で料理を作っているシーンがたくさん出てきますので、参考までに。


ゴトクと焼き網を組み合わせる

焚き火台にキャプテンスタッグの焚火ゴトクを乗せ、さらにその上に焼き網を置くことで、小さい網も安定して載せることができるようになりました。

スノーピーク 焚き火台とキャプテンスタッグのゴトク、焼き網

これで肉や野菜などを直火で焼きながら、同時に鍋を温めることもできます。

アイデア次第で使えるリーズナブルなゴトク

ゴトク

今回紹介したゴトク以外にも、キャプテンスタッグからはいくつかのゴトクが発売されています。焚火ゴトク以外にも、グリル用やバーナー用の小さめのゴトクなど物も。アイデア次第で活用の幅は広がりそうです。

いずれも、価格が安いのでお試し感覚で使えるのが嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です