キャンプグローブは焚き火の必須アイテム – 安くても大丈夫?

キャンプグローブ

キャンプグローブは、キャンプをしたり焚き火や焚き火で調理をするのなら必須のアイテムです。
耐熱性にすぐれたグローブは、火傷や怪我を防ぐためにも、キャンプに行く時、焚き火をする時に必ず携行しておきたい物。

キャンプグローブが必要な理由や、安価な製品でも安全に使える物があるのか?紹介しておきたいと思います。

キャンプグローブが絶対に必要な理由

「キャンプグローブ」「耐熱グローブ」「ファイアグローブ」など、呼び方がいくつかあります。
「軍手じゃだめなの?」と思う方もいるかもしれません。実は僕自身、キャンプを始めたばかりの頃、軍手を持って焚きつけなどをしていました。

軍手では、熱いものを掴む時に役不足なのです。ダッチオーブンや火のついた薪など、素手で触れば大火傷。軍手で掴むと、、やはり火傷をします。
それが、キャンプグローブなら嘘のように簡単に掴めてしまえます。

それから、キャンプグローブの役割は熱いものを持つだけではありません。キャンプグローブをどんなふうに使うのか、他にも主な用途を紹介していきましょう。

焚き火で熱いものを掴む

キャンプグローブで熱いものを掴む

先ほども書いたとおり、軍手でも掴めないような熱いものでも、キャンプグローブなら余裕で掴めます。

熱々の鍋やダッチオーブンはもちろん当たり前。焚き火台を移動させたり、薪を移動したり、火のついた炭を直接つかんで移動することもあります(※キャンプグローブの性能を確かめて、周囲に注意しながら慎重に行ってください)。
それくらい、熱に強いのがキャンプグローブなのです。

キャンプグローブなら、5本の指が使えるため、軍手や手袋と同じように、安定して熱い物を持ち運ぶことができます。
たとえば、焚き火での調理中、急いで熱くなった鍋を下ろしたり、移動させないといけないことがあります。急な強い風で、焚き火台や薪を移動させないといけない。火のついた薪が焚き火台から落ち、急いで動かさないといけないこともあります。

そんな時に、タオルや軍手で移動させようと思っても火傷してしまいます。ダッチオーブンやケトルなど、火ばさみで移動させるには重すぎて落としてしまう物もあります。

ただし、キャンプグローブは製品によって耐熱性に差があります。耐熱温度をよく確認して購入することをおすすめします。

薪をカットする時に怪我を避ける

キャンプグローブ 薪を切る

次にキャンプグローブを多用することになるのが、薪をカットする時です。ナイフで薪を割る(バトニング)作業や、薪を削ったり、叩き割ったりする時。
こんな時、ナイフやナタ、手斧などの刃物で薪を持つ手を切ってしまわないように、キャンプグローブをしておくことが大切なのです。特に、斧などを使っていて、誤って手を切ってしまうと深傷をおってしまいます。

それから、薪にはたくさんの木のトゲ、いわゆる「ささくれ」や「すいばり」ができています。薪を切っている時に、これが指に刺さったという方もいるのではないでしょうか。
こんなことにならないために、薪を持つ手は、なるべくキャンプグローブをしていた方が安全です。

キャンプグローブは非常に頑丈ですので、ナイフや斧でさえ、簡単に貫通することはありません。キャンプグローブのおかげで深傷を避けられます。

安いグローブでも十分使えた

安全性のためには絶対に必要とも言えるキャンプグローブ。いろんなメーカーから様々な製品が販売されています。

安全性に配慮したいので、あまり安い物は良くないのかと勝手に思っていたのですが、Amazonでとても評価が高い製品があり、気になって購入してみました。
実際に使用してみたところとても頑丈で、2016年から3年近く使っています。今のところ、買い換える必要はしばらく無さそうです。

以下の製品が、実際に僕が購入した手頃な価格のキャンプグローブ。もう、炭で真っ黒になっていますが。。

キャンプグローブ

無名メーカーの製品ですが、とにかく耐熱性と頑丈さは素晴らしいの一言。火のついた炭や薪を掴むこともできます(もちろん、安全性に配慮して掴む必要があります)。
素材は牛革の分厚い生地でがっしり覆われています。内側は、はっきりとした素材は分かりませんが、キャンバス地のようなさらさらした素材で、蒸れたりもしません。

キャンプグローブ

グローブの袖が長く、手首から15cmくらいまで覆われています。これなら、火の粉が飛んできても怖くない。服が焼けたり、手首が高温で困ることもありません。

キャンプグローブ

キャンプグローブは有名キャンプメーカーの物も含め、いろんな製品が発売されています。今回のように、袖の長いやや大きめの物もありますが、用途によっては、小さくて、あえてぴったりの方が使いやすいという方もいるかもしれません。
僕が購入したのは、頑丈で硬い素材ですが、もっと柔らかいのが良いと言う方もいるはず。

とにかく、キャンプでは出番が多いのが、キャンプグローブです。頑丈で耐熱性が高ければ、あとは自分に合った製品を選ぶと良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です