カメラは中古で購入した方が良い? 高価なカメラほど中古がおすすめ

高価なカメラを中古で購入するのは、個人的にはおすすめの方法です。一眼レフもミラーレスカメラも同様に。
価格が安く、中古で状態の良い物があるのなら、中古で購入した方が良いと思います。そのぶんのお金を、レンズを購入するためにとっておくこともできるかもしれません。

この記事では、カメラを中古で購入した方が良いと思う理由や、中古カメラを購入する際に注意したいこと。おすすめの中古カメラショップなどを紹介してみたいと思います。

中古でカメラを購入した方が良い理由

もちろん、中古なら新品よりも安い価格で購入できるというメリットは大きいです。しかし、中古でカメラを購入するメリットは他にもたくさんあります。
カメラは、他のデジタル機器に比べて中古売買が盛んな市場。他のデジタル製品とは異なり、中古でしか購入できないようなモデルもあります。

個人的に、中古でカメラを購入した方が良いと思う理由をもう少し詳しく説明します。

型落ちでも充分な写真が撮れる!

α6300

最新のモデルに対して、古いモデルのことを「型落ち」と言ったりします。型落ちのカメラは、最新のモデルと比較されると「性能が劣る」と、考えられがちです。

しかし、撮影された写真を見比べてみると、画質や仕上がりが大きく変わらないこともあります。

最新のカメラと1〜2世代前のモデル。実際に使い比べてみると、その違いはほとんど気にならない程度だった、ということもありえます。自分にとって必要な機能やデザインを絞り込んでいくと、型落ちのカメラでも十分に満足できるかもしれません。

新しいモデル、古いモデルのどこがどう違うのか、購入前によく調べてみることをおすすめします。都心に住んでいる方は、大きな中古カメラ専門店で、購入目に撮り比べてみることをおすすめします。

デジタルカメラはすぐに「時代遅れ」になる

デジタルカメラの心臓部とも言えるのが、映像を記録する「センサー」部分。センサーは、時代と共に常に性能が向上しています。
5年前、10年前のカメラと最新のカメラの画質を見比べてみると、明らかに最近の写真の方が綺麗に見えます。これは、センサーが進歩しているためです。

最新のカメラを購入しても、結局のところ5年、10年と月日が経てば、技術が大きく変化しています。結局は、どんなに新しいカメラでも、数年で「時代遅れ」のカメラとなってしまいます。
5年〜後には、カメラを買い換えることになるかもしれない。そうした可能性を考えておいたほうが賢明です。

画質が大きく変わらないのなら、最新の高額なカメラよりも、数年前に発売された「型落ち」を安く購入した方が、後々買い替えの負担も小さくて済みます。
または、最新のカメラを購入して、下取りに出すという方法も良いかもしれません。

カメラには寿命がある

デジタルカメラに限ったことではありませんが、カメラには寿命があります。「シャッター耐久回数」と呼ばれるもので、シャッターを切る回数に限界があるのです。通常、数万〜数十万回で、限界が訪れます。
この他にも、部品の摩耗など、劣化による寿命がいつかは訪れます。実際に撮影する回数の多いカメラほど、寿命は早くなります。

カメラ本体とは異なり、レンズは大切に使っていれば長く使えるもの。個人的には、カメラ本体は買い換えを見越して最初のうちは中古品や型落ちで腕を磨く。レンズは後々まで長く使える良いものを選ぶという方法がおすすめです。

中古品で練習、後々買い替える

これからカメラを趣味として始めるつもりの方は、長く続けられるかどうか、中古のカメラを購入して試してみると良いと思います。
写真について本格的に学ぼうとすると、中級〜上級機のカメラが必要になります。そうなると、本体のみで10万〜20万円するのが一般的。

たとえ趣味であっても、本格的に写真を始めると、しばらくして新しいカメラが必要に感じてしまいます。
中古カメラや型落ちのカメラで価格を抑えて購入すれば、あとあとカメラを買い替える際にも負担も抑えられます。

型落ちのカメラを選ぶメリットについては、以下の記事でも詳しく説明しています。

α7Sⅱ SEL55F18Z 一眼レフは「型落ち」を購入した方が良い理由 – お得に購入するには?

中古カメラを購入する時に気をつけたいこと

α7Sⅱ

写真をしっかり勉強したいのなら、中級〜上級者向けのカメラを購入することをおすすめします。中古カメラとはいえ、中級〜上級者向けのカメラは決して安くはありません。
以下の記事でも中古でおすすめのカメラをいくつか紹介していますが、中級〜上級機は本体のみで10万円近くの価格がするのが普通です。

α6300 ミラーレスカメラ – 安いけど本格・実用的なおすすめ製品はこれ! 一眼レフは中古で買った方が良い?おすすめの製品や注意点は

購入時はいくつかの点に注意して、失敗しないようにカメラを選びたいもの。具体的に注意したいポイントをいくつか挙げてみます。

お店選び

個人的にも一番注意しているのが、「お店選び」です。レンズやアクセサリを購入するのなら、そこまでこだわらないのですが、高価なカメラ本体を購入する時は別です。
カメラは、デジタル機器でもありますが、特に一眼レフカメラやミラーレスカメラは専門の知識が必要なもの。リサイクルショップや専門の知識が無いお店で購入することはあまりお勧めできません。

カメラ専門店なら、中古品を販売する際に、カメラにありがちな不具合や、状態を細かくチェックしてくれています。
また、大手のカメラ専門店なら、長期間の保証にも対応してくれます。
個人的には、保証期間が短いお店では絶対に購入しないようにしています。

高額なカメラを購入する時は、事前にどの程度の保証期間がついているか、しっかり確認しておくと安心です。

外観よりも「中身」

中古品を購入する際、ついつい見た目の状態で判断してしまいがちです。しかし、カメラは外観よりも中身が重要。ファインダーに汚れはないか。起動は遅くないか。センサーにゴミがついていないか。実際に撮影してみなければ、状態が良いのかどうかはわかりません。

だからこそ、専門の知識を持つカメラ専門店でのチェックが必要ですし、保証期間が長い方が安心なのです。

古すぎないカメラを選ぶ

いろんなカメラ

カメラは、古くなるほど画素数や技術が古くなっていく、という説明をしました。そのため、中古でカメラを購入する際は、なるべく古すぎないカメラを選ぶことをおすすめします。

と言っても、最新のカメラを購入する必要は全くありません。1〜2世代前のモデルなど、現行モデルと比べて、画素数や画質が大きく変わり過ぎないモデルを選ぶと良いです。
ただし、カメラのメーカーや種類によって、性能も機能も大きく異なります。購入前にしっかりと機能・性能をチェックすることをお勧めします。

レンズと本体を別に購入する

本格的に趣味でカメラを始めたいという方は、レンズとカメラがセットになった「キット商品」よりも、本体とレンズを別々に選ぶことをおすすめします。
製品によってはキットレンズの品質が高いこともありますが、多くの場合、キットレンズは明るさも描写もそこまで良くないことが多いもの。

これからカメラを始める方にとって、レンズ選びは少しハードルが高く感じるかもしれません。しかし、ほとんどのメーカーで安くてボケ味が綺麗な、描写力の高いレンズが販売されています。
レンズの選び方については、後日別の記事でも紹介していきたいと思います。

エントリー機よりもハイエンド機

これから本格的に趣味でカメラを始める方。せっかく中古でカメラを購入するのなら、なるべく長く使える、中級〜上級機(ハイエンド機)のカメラを選ぶことをおすすめします。

個人的におすすめの機種は、以下の記事の中で詳しく紹介しています。参考にしてみてください。

α6300 ミラーレスカメラ – 安いけど本格・実用的なおすすめ製品はこれ! 一眼レフは中古で買った方が良い?おすすめの製品や注意点は

おすすめのショップ

さいごに、僕自身が中古カメラを購入する時に利用している、おすすめのカメラ専門店を紹介しておきます。
誰でも知っているお店だとは思いますが、中古カメラの在庫が豊富で、専門店ならではの長期保証も付いているショップです。

マップカメラ

一番レフだけでなく、ミラーレスカメラ、レンズ共に在庫が豊富です。他店よりも価格更新の頻度が頻繁で、時勢に合わせて頻繁に値段が改定されます。

1万円以上の中古品には、ほとんどの商品で1年保証が付いています。老舗のカメラ専門店という印象で、事前のチェックもしっかりされています。価格付けも、カメラの状態に応じた適切なランク付けがされているように思います。
個人的に何度も利用している、大手のカメラ専門のネットショップです。

マップカメラは、公式サイトのショップ以外でも「楽天市場」でも中古商品を販売しています。高額なカメラの場合、楽天ポイントが多く付与されるので、楽天市場での購入もおすすめです。

カメラのキタムラ

ネットショップよりも、実店舗の印象が強いかもしれませんが、ネット上でも積極的に販売されています。
全国展開しているショップならではですが、ネットで注文して、近くの「カメラのキタムラ」店舗で商品を受け取ることもできます。宅配で自宅に配送してもらうことも可能。

保証期間は6ヶ月で、近くの実店舗で修理などの受付ができます。
カメラのキタムラも、公式のネットショップだけでなく「楽天市場」で中古品を販売しています。楽天市場で購入するほとんどの中古カメラやレンズが、翌日配送などの即日発送に対応してくれています。

Amazon、楽天

実は、最近ではAmazonと楽天でも中古カメラがたくさん販売されています。マップカメラもカメラのキタムラも、公式ページ以外に楽天市場でも中古カメラが販売されています。
金額が高いカメラならではですが、楽天で購入するとポイントが沢山もらえるというメリットがあります。もちろん、ショップで購入する時と同じように保証が付与されます。

ただし、Amazonと楽天で中古カメラを購入する場合、どのようなショップから購入しようとしているのか、注意して調べる必要があります。マップカメラやカメラのキタムラ以外にも、小さなお店や個人の業者が無数に中古品を販売しているからです。

カメラ本体の購入は、なるべくカメラ専門店から購入した方が良いです。カメラ専門店ではないお店の場合、細かい点検がされないまま、基本動作のみ確認して販売していることもあるためです。
専門店のような長期保証が付いていないことも多く、僕は、そうしたお店で高価なカメラ本体を購入するのは避けるようにしています。

Amazonと楽天市場でカメラ本体を購入する場合、事前にお店の評価、長期保証の有無について、しっかりチェックしておきましょう。

ヤフオクやメルカリなどの個人取引は?

個人取引

ヤフオクやメルカリに代表される個人売買サイトでも、中古カメラは販売されています。個人的には、こうした場所でカメラ本体を購入することは、あまりおすすめできません。
相手がカメラに精通していれば良いですが、そうではない場合、センサーの埃や汚れなど、細かい部分に気が付いていないこともあります。

しかし、ヤフオクの場合、お店では手に入らない貴重な商品が多数出品されています。どうしても個人売買を利用したい場合、なるべく評価が高く、カメラに詳しいユーザーから購入することをおすすめします。
事前に気になることがあれば、購入前に質問するようにしましょう。

あまり個人取引に慣れていないという方は、トラブルを未然に防ぐためにも、高額なカメラ本体の売買はなるべく避けた方が良いと思います。

さいごに

α7,α7Sⅱ,α6300

カメラを本格的に趣味で始めたいという方にこそ、僕としては中古で価格の安い中級〜上級者向けのカメラを購入することをおすすめします。

中古品と言うと、「トラブルや故障がありそう」というイメージを持たれる方もいるかもしれません。しかし、ここまで説明したようなことに気をつけ、保証のしっかりした専門のカメラショップで購入すれば、経験上、大きなトラブルになるようなことはまずないと思います。

結局のところ、自分が気に入った、満足するカメラを購入することこそ、カメラ上達への早道です。
持ち歩いていて楽しくなる。手にするだけで撮影意欲の湧くカメラが見つかったら、それが正解ではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です