バウルーのホットサンドメーカーにした理由 – 毎日使える定番製品!

Featured Video Play Icon

以前、キャンプ用にホットサンドメーカーを購入したのですが、残念ながら自宅用としての出番がとても少なくなっていました。

その製品は鉄製で、ずっしりとした重厚感があり気に入っているのですが、1.5kgもの重さがあります。キャンプ用としては重宝するものの、平日に出番が訪れることはありませんでした。

しかし、ホットサンド好きな夫婦。自宅で毎日使える、軽くて扱いやすいものがあるといいな、、ということで、定番のバウルーのホットサンドメーカーを購入。これが大正解でした。

バウルーのホットサンドメーカーにした理由

バウルー ホットサンドメーカー

ホットサンドのレシピ本を立ち読みしていると、写真に写っていたバウルー。レシピ本に載るくらい使いやすいんだろうか?という素朴な考えに至ります(あとで調べたらバウルーが監修していたレシピ本でした)。
さっそくバウルーを調べてみると、あれ?思ったよりもリーズナブル。Amazonでの 1,000件以上に及ぶ高い評価。これは良さそうだ!と思いさっそく注文します。

軽くて実用的

ホットサンドメーカー

以前に購入した鉄製のホットサンドメーカーと比べた感想なので、もしかしたら的外れなのかもしれませんが(これはキャンプ用ですし)、とにかく軽くて取り回しが良い。重さは以前持っていた物の約1/3(450g)で、小さめのフライパンを手にしたような感覚。

鉄製のホットサンドメーカーにある、どしっとした重厚感や存在感は感じられませんが、自宅で使うにはやっぱりこんな軽い製品が手軽です。

焦げ付かず、手入れがラク

バウルー ホットサンドメーカー 質感

軽さの理由はアルミ製だからなのでしょう。表面はフッ素加工されているので、全然焦げ付きません。鉄製のタイプの物は、どうしても焦げ付くことがあるため、毎回表面に油を塗装していました。バウルーは油を塗る必要はありません。

使用後のお手入れも簡単で、もちろん洗剤も使えます。鉄製の物は洗剤が使えず、乾燥後に軽く油を塗るというメンテナンスの必要がありました。
ホットサンドメーカーに限らず、鉄製の製品は趣がある反面、お手入れをサボると錆が出たり痛んだりしてしまいます。

やっぱり我が家はシングル!

そんなわけで、手軽さでは文句なしのバウルーですが、シングルとダブルの2種類が販売されています。今回、我が家で購入を決めたのはシングルタイプです。

ダブルも魅力的だけど、、

ホットサンドメーカー ダブル

ダブルは真ん中で折れ目が入っているため、焼き上がった後に簡単にパンを半分にちぎることができます。これはこれで本当に便利で、ちょうど口に入れやすい大きさにでき、お弁当にもぴったりです。

しかしたくさんの具材を入れると、真ん中で押されて横に溢れ出ることがあります。具材をいっぱいに詰め込みたい我が家の場合、今回はシングルを選択しました。

バウルー ホットサンドメーカー シングル

実際に使ってみたところ、今回はシングルを選んで正解だと気付きました。コロッケサンドや、バナナチョコなどいろんなレシピに挑戦したい今は、具材を沢山入れられるシングルが便利そうです。

バウルーでハムチーズサンドを作ってみた

ハムチーズサンド

バウルーが届いて初めて作ったレシピは、一番シンプルなハムチーズサンド。シングルの特徴を活かし、チーズは溢れんばかりにたっぷりと入れました。
熱伝導が良いのか、弱火〜中火で片面2〜3分づつ焼けば、具材までしっかり焼き上がります。仕上がりは表面がサクサク。中までしっかり火が通っていて理想的。ホットサンドにした途端に美味しくなるのは、まさに魔法のようです。

ハムチーズサンド

半分に切った時に溢れ出るチーズ、本当に食欲をそそります。焼き立てが美味し過ぎるので、時間をおかずに食べてしまいましょう!
我が家の2歳半のお姫様も、ホットサンドが大好きになってしまいました。朝から父の作るホットサンドを楽しみに待ってくれます。

ホットサンドを食べる子供

ちょっと横道に逸れましたが、家庭で使うにはバウルーの直火ホットサンドメーカー、おすすめです。以前に、実家で電気で加熱するホットサンドメーカーを使っていましたが、やっぱり直火が美味しく、お手入れも簡単です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です