α7Ⅱ 中古で購入しなければ損する? 中古相場を徹底検証!

α7

2014年末に発売されたα7Ⅱ。発売から3年以上経ちますが、今でもハイアマチュア向けフルサイズミラーレス機を牽引する存在です。
もちろん、まだまだ新しいミラーレスカメラであり、充分に現役で使えるスペックです。

そんなα7Ⅱですが、発売から3年以上経った今では、中古相場の流通量が増えています。中古価格もだいぶ落ち着いてきており、今後も中古価格は下がっていくはず。まさに、これからが買い時!

今回の記事では、α7Ⅱの中古相場を一覧でまとめてみました。一覧を元に、どの中古販売店で買うのが最もお得なのかを考えてみたいと思います。

α7Ⅱは中古買いがおすすめな理由

α7Ⅱ

写真:ソニー公式サイト

発売当初は新品価格が18万円前後(ボディのみ)で販売されていたα7Ⅱ。その後、α7Ⅲ、α9や、他社の新機種の登場の影響もあって、徐々に価格は値下がりしています。2018年9月現在では、12〜13万円(実勢価格)で販売されています。

値下がりしているのは新品価格だけではありません。新品価格の下落に合わせて、中古品の相場も値下がりしています。

特に、α7Ⅱは、中古品の在庫が豊富なカメラ。数が多いということは、新品同様に品質の良い物もあれば、並品程度で価格が安いものもあります。つまり、程度も価格も選び放題!

早速、α7Ⅱの中古相場を見ていきましょう。

α7Ⅱの中古相場

以下の中古相場は、ネット通販が可能な、主要な中古販売店の相場を比較したものです。筆者自ら、お店の相場を確認しました。
あくまで、2018年9月の情報で、価格はボディ(本体)のみの価格です。

状態の基準は、以下のように考えらています。

  • 美品:多少の使用があるものの、外観のきれいな中古品
  • 良品:通常使用されている程度良好な中古品
  • 並品:外観がきれいではないものの、使用上問題ないお買い得な中古品

引用:マップカメラ

参考までにご覧ください。

マップカメラ

中古カメラと言えばマップカメラ、というのは僕のイメージですが、とにかく在庫が多く、価格が安いカメラ専門店です。
マップカメラでは、中古製品の場合、購入後、2週間以内の初期不良であれば返品可能です。

在庫を確認したところ、以下のような価格相場でした。

状態 在庫の量 相場(参考価格)
ほぼ新品 なし
美品: 多い 95,000円〜
美品: 多い 90,000円〜
並品:  多い  87,000円〜

見たところ、マップカメラでは、並品〜新品同様の商品価格に、大きな差はありませんでした。
こうなると、外観の綺麗な「良品」を選ぶのが良さそうです。

カメラのキタムラ

カメラのキタムラでは、初期不良であれば、購入後2週間以内なら返品可能です。
在庫を確認したところ、以下のような価格相場でした。

状態 在庫の量 相場(参考価格)
ほぼ新品 なし
美品: なし
美品: 多い 85,000円〜
並品: 少ない  80,000円〜

キタムラの中古品で、α7Ⅱの在庫をチェックしていくと、美品や並品の在庫が著しく少ないことがわかりました。全国に店舗があり、ネット通販も並行して手がけているので、すぐに売れてしまうのでしょうか?

また、価格に多少バラつきがあるという点も、マップカメラとは異なります。安い中古品があったかと思えば、同じ程度にも関わらず、1万円近く価格の高いものがあったりします。
安いものを見つけることができれば、他店よりも安く買える可能性はあると思います。

Amazon

あまり知られていないかもしれませんが、Amazonでも中古商品を購入することができます。
確認していくと、意外なほど在庫数が多いことがわかりました。実は、僕自身も今回の調査で初めて知って驚きました。意外な掘り出し物があるかもしれません。

状態 在庫の量 相場(参考価格)
ほぼ新品 多い 92,000円〜
美品: 多い 85,000円〜
美品: 多い 80,000円〜
並品: 少ない  80,000円〜

Amazonの場合、中古品を販売しているお店が多数出店しています。大手の中古カメラ店よりも在庫が多いのはそのためです。ただし、購入する際はそれぞれのお店の評価をしっかりチェックする必要がありそうです。

Amazonに出店しているお店によって、同じ程度でも価格や納期が全く異なるので、じっくり検討することをお勧めします。

楽天市場

楽天市場も、あまり知られていないかもしれませんが中古品の販売を行っています。こちらも、意外なことにそこそこ流通量が多いことに気付きます。

驚いたことに、マップカメラも楽天市場で中古製品を販売しているのです。そうした理由もあって出品数が多いのかもしれません。

状態 在庫の量 相場(参考価格)
ほぼ新品 多い 92,000円〜
美品: 多い  90,000円〜
美品: 多い 89,000円〜
並品: 多い  83,000円〜

楽天市場に出店しているお店は多く、お店によって「状態」の基準は微妙に異なるものと思われます。購入前に、必ずお店の評価や商品の状態を詳しく確認しておくようにしましょう。

メルカリ

最近ユーザーが増えている、中古品の個人売買アプリ「メルカリ」も確認してみましたが、常時数台はα7Ⅱが出品されていました。
価格は基本的な中古相場と変わらず、80,000円〜 くらいから取引されているようです。

ただし、メルカリはあくまで個人間の取引となるので、製品の状態については出品者の感覚で記載されています。トラブルを避けるためにも、商品写真の確認や、先方とのやり取りを怠らず、状態をしっかり確認する必要があります。

ヤフオク!

個人取引といえば、未だに根強い人気のヤフオク!です。意外なことに「メルカリ」よりも出品数が断然多いです。

価格自体は、こちらも基本的にはその他の中古相場と変わらない印象でした。 80,000円程度から販売されており、状態の良いものは価格が高くなります。
ただし、ヤフオク!も個人間での取引となるので、製品の状態を先方とのやり取りの中でしっかり確認するしかありません。

α7Ⅱを中古で買うならどのお店がいい?

ここまで、主要な中古カメラ販売サイトの価格を確認していきました。

今回確認して改めて思ったのは、大手のカメラ販売店で中古カメラを購入するのも、もちろん良いのですが、Amazonや楽天市場の中古カメラの在庫はとても多く、こういった場所で購入するのも良い方法です。

また、カメラのことを熟知しており、個人取引にも慣れているという方は、ヤフオク!やメルカリで価格の安い中古品を手に入れるのも一つの方法です。ただし、価格が高額になるので、購入する際は充分に状態を確認し、トラブルの無いようにしましょう。

さいごに – はじめのうちは中古カメラがおすすめ

個人的には、ミラーレスカメラ初心者の方がいきなり高価なカメラを新品で購入することはあまりおすすめできません。

高価なカメラほど、たくさんの機能が付いており、使いこなすのが難しいということもあるのですが、せっかく高価なカメラを買っても、趣味として続けられるかどうか分からない。それどころか、途中で飽きてやめてしまったらもったいないと思うからですからです。

これからカメラを購入するという方は、まずは価格の安い中古カメラから始めてみることを、個人的にはとてもおすすめします。
本格的にカメラを趣味にして、レンズが揃ってきたら、 自分に合った高価な機種を買ってみるのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です