α7シリーズは中古がこんなにお得!中古価格の相場一覧まとめ

α7

実は、いまだに5年以上前に買ったα7を大切に使っています。

普段は、α6300 を使っているので、これでまあまあ満足してしまっているのです。
α6300はAF追従性能や動画撮影の解像度、画質にも優れていて、ちょうどα7の弱点を補ってくれています。

ただ、α7は電源ONの立ち上がりが異様に遅かったり、長時間露光で撮影をした際の処理速度が異様に遅かったりと、それなりに不満が出てきているのも確かです。

さすがに、そろそろ買い換えてもいいんじゃないかな、、と思っています。

  • 今回は、α7シリーズを中古で購入する際の中古価格相場の一覧表(中古価格のまとめ)。
  • α7シリーズを中古で購入する際に気をつけておきたいたい点。
  • 今中古で購入する際の、私なりのおすすめの機種。

といった情報をご紹介します。

ミラーレスカメラを中古で購入するメリット

僕は、フィルムカメラを使っていた頃から、カメラ本体を購入するのは、中古品でも良いのではないか?と考えていたタイプです。
その理由のひとつは、「カメラは本体よりもレンズが重要」という考えがあったからです。

多少、本体のスペックを落としてでも、その分をより良いレンズを買うためにつぎ込んだ方が、良い写真が撮れるはず。

本体よりも「レンズ」にお金をかける

それなりに高価なレンズは、カメラを買い換えても長く使い続けらることができます。一方、カメラ本体は、しばらくすると新しい機種が発売されます。

新型になるほど画素数や解像度など、スペックはどんどん上がっていきます。カメラ本体に関して言えば、新しいモデルが発売されれれば、新しいものに買い換えた方が良いということは明らかなのです。

もうひとつ、カメラ本体よりも「レンズ」にこだわった方が良い理由として、カメラ本体は、いつかは使えなくなるということがあります(シャッター耐久回数に限界がある)。

最初のうちは中古の方が良い理由

学生の方やカメラを始めたばかりの方は、無理をして新品のカメラを買うよりも、そのお金をレンズ代に回した方が良い写真を撮る練習になります。
趣味として、しばらくカメラを撮っていると、必ずもっと良いレンズが欲しくなってくるものです。

また、カメラを買ってみたはいいけれど、結局ほとんど使わなかった、、という人も多いのが実際のところ。
これからカメラを趣味にしようとしている方は、まずは価格の安い中古品。1世代前の機種で、とにかくたくさん写真を撮って、カメラが趣味として楽しめるのかどうかを試してみるのがおすすめです。

α7シリーズの中古相場をチェック!

α7シリーズは、中古での購入が狙い目のカメラです。その理由は、それなりに人気のカメラの上、新型が続々とリリースされているからです。

そのぶん買い替えユーザーも多く、中古品の在庫がたくさん販売されています。
まさに、「中古が狙い目のカメラ」ということなのです。

α7 中古相場一覧表(ボディのみ)

ここにまとめたのは、2018年8月現在の情報です。
中古カメラ屋(マップカメラ、カメラのキタムラ)の中古情報を収集して、相場をまとめてみました。

撮影ができないような不具合品は省き、「問題なく撮影可能な製品」を中心に、価格をまとめています。およその相場として、参考までにご覧ください。

本体 型式 新品価格
(ソニーストア)
中古価格
(マップカメラ)
中古価格
(キタムラ)
α7 ILCE-7 99,880円+税 5〜7.5万円 5〜6.5万円
α7r ILCE-7R 販売終了 6〜9万円 6.5〜7万円
α7s ILCE-7S 209,880円+税 9〜11万円 9〜11万円
α7Ⅱ ILCE-7M2 149,880円+税 8〜10.5万円 8〜10万円
α7rⅡ ILCE-7RM2 228,880円+税 15〜18万円 15〜18万円
α7sⅡ ILCE-7SM2 298,880円+税 17〜22万円 17〜20万円
α7Ⅲ ILCE-7M3 229,880円+税 20〜21万円 なし
α7rⅢ ILCE-7RM3 349,880円+税 27〜28万円 28〜29万円
α9 ILCE-9 448,880円+税 34〜36万円 33〜36万円

在庫が多かったのは、α7、α7r、α7Ⅱ、α7rⅡ

さて、上記の一覧表の中で、中古での在庫が多い。つまり「中古で選びやすい」のはどの機種だったのでしょうか?

マップカメラカメラのキタムラの中古相場を調べてみたところ、以下の機種は在庫が多く、比較的選びやすい状況でした。

在庫の数が多かった機種

  • α7
  • α7r
  • α7Ⅱ
  • α7rⅡ

上記の機種なら、やや小傷があり動作には差し支えのない「並品」や、新品並みに状態の良い「美品」の在庫も多く、予算に応じて選ぶことができそうです。

中古が狙い目の機種は、ずばりα7Ⅱ、α7rⅡ

どうせ買うなら、新品と比べて価格の安い機種が良いですよね。
一覧表にもある通り、新しい機種になるほど、新品との価格は差が小さくなります。最新のモデルを購入するなら、保証期間の長い新品を購入する方がお得かもしれません。

中古での在庫が多く、新品と比べて価格差が大きく、性能も良い。こう考えると、α7R Ⅱ、または α7 Ⅱが狙い目ではないかと思います。
これよりも前の機種(α7、α7R)となると、価格も安く在庫も多いですが、スペックが大きく下がってしまいます。

α7R Ⅱは、新品で購入すると、安くても 20万円前後します。中古品なら、15万〜18万円程度。在庫が多いため、状態が良い物でも 16万円前後で購入できてしまいます。

「α7R」よりも「α7R Ⅱ」がおすすめな理由

1つ前の α7Rも、描写力は目を見張るものがあります。価格もずいぶん安くなっていますし、在庫も豊富。

しかし、AF性能や手ブレ補正機能の実装。電源ON時の起動速度など、基本的な機能を見ていくと、α7R Ⅱの方が、飛躍的に性能が向上していることが分かります。

それほど性能に執着がないという方は別として、個人的に中古で購入するなら、おすすめは α7R Ⅱ、ということになります。

中古品を買うデメリット

ここまでは、中古品を購入する上でのメリットばかりを強調してきました。しかし、当然ながら中古品を購入する上でも、デメリットがあります。

具体的に言えば、新品の方が保証が長くなること。それから、当然不良品のリスクがあります。具体的な事例を考えてみます。

α7シリーズを中古で購入する場合の注意点

見た目の傷なども気になりますが、ミラーレスカメラ・デジタルカメラを中古品で購入する時に注意したいのが、見落としがちな「センサー部分」「ファインダー部分」の傷・汚れなどです。

センサー部分の傷・汚れ

α7 センサー

購入時は、本体のセンサー部分。レンズを取り外すと、中の方に見える、四角い形をした「センサー」に、埃や傷がないかチェックしたいところです。

マップカメラやカメラのキタムラなど、カメラの専門店の場合、万が一センサー部に傷などがあれば、きちんと記載しているはず(不良品に入るかも?)。
心配なら、できれば実店舗で確認させてもらうことをお勧めします。

ファインダー部分の傷・汚れ

α7 ファインダー

よくあるのが、ファインダー内部の汚れ・傷。お店の情報にも書かれていない場合があります。
ファインダー内部のゴミは、自分で掃除するのが難しいもの。

ただし、ファインダーの汚れは、実際に撮影する写真に映り込むことはありません。
本人が気にならなければ、「多少の汚れは仕方がない」と割り切ってしまっても良いかもしれません。

個人取り引きは避けた方が良い?

最近では、多くの人が利用している「メルカリ」。それから、あいかわらずカメラ機材関連の出品が多い「ヤフオク!」。
こうした「個人取引」でカメラを購入するのはどうでしょうか?

僕個人としては、レンズを購入したことが何度もありますし、出品したこともあります。
しかし、高額なカメラはこうした個人取引で購入するのは避けた方が良いのでは?とも考えています。

というのも、個人取引で購入すると、ほとんどの場合「保証が効かない」というデメリットがあります。また、カメラに詳しくない方から購入すると、センサーのゴミやファインダーのゴミなど、詳しく記載されていない場合もあります。

購入した後で、こうした不具合に気付いてトラブルにもなりかねません。ある程度、出品者も購入者も慣れているのであれば、掘り出し物を発見できるかもしれませんが、そうでないならやはり専門店が安心です。

カメラ専門店で購入するのがおすすめ

最近では、中古カメラにも「保証」が付いているお店が多くなりました。

たとえば、先に紹介した「マップカメラ」は、基本的に12ヶ月の保証。「カメラのキタムラ」なら、6ヶ月の保証が付いています(商品による)。

僕が中古のカメラ(本体)を購入する場合は、なるべく保証の長い、専門店で購入するようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です