α7、α7Ⅱ用 バッテリー充電器 – 互換品でも充分使えます!

α7 互換充電器

α7シリーズやα6300などSonyのミラーレスカメラには、充電器が付属していません。最近のカメラは、充電器ではなくカメラ本体に直接充電ケーブルを差し込み、カメラ本体で充電する機能が備わっています。

しかし、α7シリーズ、α7Ⅱシリーズ、α6000、α6300、α6500 などに使われている、NP- FW50 というリチウムイオンバッテリーは、充電が長持ちしないのが特徴です。頻繁に撮影をする方の場合、バッテリーを2つ以上持つことになるはず。そんな時、専用の充電器があるととても便利です。

前回、α7のバッテリーは互換品(社外品)でも十分に使えるということを紹介しました。同じく、互換バッテリーと同じようにおすすめしたいのが、社外製の充電器です。

NP-FW50 に対応している互換品の充電器は、Amazonなどで安く手に入れることができます。

α7、α7Ⅱの充電器は互換品でも充分!

僕自身、Amazon で社外製の充電器を購入して3年ほど使っています。これまで使ってきて、特に不具合などは感じませんでした。
また、アマゾンでの評価も非常に高く、特に大きなトラブルがあったというような評価は見られませんでした。

純正品は高すぎる?

充電器 BC-TRW

写真:ソニーストア

ソニー公式のソニーストアでは、NP-FW50 専用充電器 BC-TRW が販売されています。しかし、 定価は6,700円(税抜き)。販売価格も 6,000円を超える価格で安くはありません。

互換品の充電器なら、純正品の半分以下の価格。 安いものになると 1,000円程度の破格の値段で販売されています。

2個セットで充電できる高機能な互換品も!

RAVPower NP-FW50 互換バッテリー

写真:Amazon

中には、バッテリーをまとめて2個充電できる製品や、電池残量を表示する液晶が付いた充電器もあります。

NP-FW50 互換充電器

写真:Amazon

純正品では1本ずつしか充電することができないので、こうした製品はバッテリーを多く使う方には、とてもありがたいのではないでしょうか。

こだわりがなければ互換品で十分

確かに、純正品の方が見た目には頑丈そうで、安心感もあります。海外で作られた互換品を使うことに、多少の不安を持つ方もいるとは思います。

僕も、バッテリーや充電器は安全に関わる部品ですので、実際に試してみるまでは抵抗があったのですが、実際に使ってみると何もトラブルはありませんでした。互換品のバッテリー、充電器共に、今では安心して使用しています。

予算があまりかけられないという方は、互換品の充電器やバッテリーを試してみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です