α6300 α6500の違いを分かりやすく比較!実はこんなに違った

α6300

α6300α6500、どちらもソニーのAPS-Cサイズ ミラーレスカメラの中では最高峰に位置付けられています。2つのカメラは見た目はほとんど同じですが、店頭販売価格では約2万円〜5万円ほどの価格差があります。

この価格の差、いったいどんな違いがあるのでしょうか?

見た目には分かりづらいですが、α6300とα6500には大きな違いがあります。ただ、この違いが気になる人もいれば、全く気にならない人もいるはず。僕の場合、この「差」がほとんど気にならなかったので、今でもα6300を使い続けています。

今回の記事では、α6300とα6500の違いについて、ミラーレスカメラにあまり詳しくないという方でも分かりやすいようにお伝えしてみたいと思います。

α6300とα6500の大きな違いはここ

α6300

実は、α6300を発売と同時に購入した僕。ですが、その後1年も経たないうちにα6500が発売され、ちょっと悔しい思いをしました。しかし、使用用途を考えてみると、僕の場合はα6300で充分でした。

まずは、α6300と6500の大きな違いを一覧で書き出してみます。それぞれの違いについて、後ほど詳しく説明していきます。

α6300と6500の大きな違い

  • カメラ内 手ブレ補正機能
  • タッチパネル操作
  • グリップやカスタムボタンの配置
以上の3つが、2つのカメラの大きな違いと言えます。他にも、以下のような細かい違いもあります。

その他の細かい違い

  • 測光モード
  • 操作ダイヤルの形状、質感
  • 静音性
  • アイカップ
  • アイセンサー
  • 連続撮影可能枚数
    ..etc

もちろん、上記項目のすべてにおいて価格の高いα6500の方が機能・性能が向上しています。
しかし、見ての通り、カメラの性能を比較する上で重視されがちな、高画質性能(画素数)やISO感度などは全く変わっていません。

それも当然で、α6300とα6500に搭載されている「イメージセンサー」は、同じ物が採用されています。イメージセンサーは、撮影された画像を記録するための、デジタルカメラにとってはまさに心臓部とも言える部分です。

ポイント

  • 画素数やISO感度など、最も基本的なカメラの性能は変わらない
  • カメラの心臓部とも言える、センサー自体に違いはない
もう少し突っ込んで、2つのカメラの大きな違いについて順番に説明していきましょう。

手ブレ補正機能

手ぶれ補正機能の有無は、α6300とα6500の違いとして、最も大きな部分と言えるかもしれません。
手ブレ補正機能は、写真をシャープに撮影するために有効な機能です。カメラの内部で「手ブレ」を抑えてくれるのです。

【手ブレ補正機能】

α6300 なし
α6500 あり

手ブレ補正機能があるとどう違う?

カメラを始めたばかりの頃、こんなことはありませんでしたか?
せっかく撮影した大切な写真が、「撮影したあとで見ると、微妙にブレていた」「全体的にぼやけた写真になっている」。
こうした失敗は、撮影中にカメラが微妙に動いてしまうことで、手ブレが発生している可能性があります。特に、シャッタースピードが遅くなる暗い場所での撮影は手ブレが多く発生しやすくなります。

手ブレ補正機能は、そうした手ブレの発生をカメラの中で抑えてくれる機能。カメラ内で「揺れ」に合わせてセンサーそのものを動かし、「ブレ」を打ち消してくれます。
以下の写真はソニー公式ページのものですが、センサー自体が前後・左右と、回転に合わせて動き、ブレを打ち消してくれることを説明しています。

手ぶれ補正機能

写真:Sony 公式サイト

ただし、もちろん手ブレを完璧に抑えることはできません。あくまで、手ブレの発生を可能な限り抑制してくれる、ひとつの機能です。

手振れ補正機能は必要か?

α6300

ここからは、僕の個人的な感想です。α6300を購入した後に、メインのカメラとなるα7SⅡというソニーのミラーレスカメラを購入しました。このカメラは、α6300よりも遥かに高性能で、もちろん手振れ補正機能も内蔵されています。

ここで初めて、手振れ補正機能が内蔵されたミラーレスカメラと、内蔵されていないα6300を比較することができました。
あくまで個人的に、、ですが、僕は手ブレ補正機能は無くても良いとはっきり感じました。三脚を使うことと、シャッタースピードを調整すること。カメラを持つ時の構え方など、撮影に関する基本的なことに注意した方が、手振れ補正機能よりも確実に手ブレを抑えることができると思ったからです。

手振れ補正機能よりも、シャッタースピードを上げるための明るいレンズや、三脚を購入する方が有用ではないか、、というのが、僕の素直な感想でした。
また、カメラ本体だけでなく、手振れ補正機能が内蔵されたレンズも販売されています。カメラに内蔵されていた方が良いのか?一考する余地はあると思います。

もちろん、シビアなスポーツ写真や、野鳥などの動体を撮影されている方など、手振れ補正にこだわる方の気持ちも想像できます。できれば、購入を検討されている方は、なるべく購入前に実機を比較できると良いですね。
人によっては、「実際に撮影してみたら、ほとんど変わらなかった」という感想も、けっこうあると思います。

タッチパネル操作

α6300

これも、α6300とα6500の、明らかに分かりやすい機能の違いですよね。α6500には、タッチパネルディスプレイが搭載されています。

【タッチパネルディスプレイ】

α6300 なし
α6500 あり

「カメラにタッチパネルなんていらない」という方も多いと思いますが(実は、どちらかと言うと僕もそのタイプです)、タッチパネルがあることで格段に便利なことがあります。
それは、フォーカスを合わせる「タッチフォーカス」機能

タッチフォーカス

写真:Sony 公式サイト

α6500のタッチパネルには、 フォーカスを合わせる機能が搭載されています。画面上でフォーカスを合わせたい場所をタッチすれば、そのポイントにピントが合います。今では、新しいカメラにはほとんど付いていますよね。
タッチフォーカスは、動画撮影時にも使え、ピントが合わせづらい被写体でもすぐにピントを合わせられる、便利機能です。

ファインダーを覗きながら画面の上で指を移動すれば、ピントを合わせたい場所を移動させることができるのも便利。つまり、ファインダーを覗きながらタッチフォーカスが使えるということ。これは画期的です。

タッチフォーカス

写真:Sony 公式サイト

ピント合わせは撮影時に何度も行う作業。指で意図した場所に、一発でピントが合うのは夢のようです。

タッチパネル操作は必要か?

これも、個人的な感想を素直に書くなら、僕はタッチパネルは無くても良いと思ったタイプです。
まず、撮影した写真のプレビューやメニュー操作などの基本的な操作は、カメラのダイヤル操作だけで十分過ぎるほど事足りており、タッチ操作が欲しいと思ったことがありませんでした。

次に、タッチフォーカス。これは、あると本当に便利なのはよく分かります。ただ、街を歩きながらのスナップ写真や、物撮りが多い僕の場合、そこまで強くタッチフォーカスに必要性を感じませんでした。
α6300の場合、顔認識や動体検知の精度が高いので、子供の写真を撮る時にもピントが合いやすいというのも、タッチパネルに強い必要性を感じなかった理由です。

グリップやカスタムボタンの配置

α6300

次に、外観の違いです。デザインやサイズ感は、両機共にほとんど同じように見えます。が、細かいサイズやボタンの配置を見ていくと、微妙な違いがあることに気付きます。

グリップの大きさ

グリップをよく見ると、α6500の方が微妙に奥行きが大きいことが分かります。ぱっと見、同じようにも見えるのですが、寸法を確認すると違いが分かります。

※画像はα6500のグリップ

α6500 グリップ

写真:Sony 公式サイト

【奥行き(グリップサイズ)の違い】

α6300 48.8mm
α6500 53.3mm

特に男性の場合、グリップが大きいほうが手にフィットした状態で撮影することができます。
僕にとって、α6300のグリップは小さく感じます。長時間カメラを手に持って撮影する場合、ホールド感が薄く、不安を感じます。

微々たる違いのようにも感じますが、頻繁に長時間の撮影をする方なら、この違いは大きいかもしれません。特に、手の大きな方の場合は。

カスタムボタンの配置

α6300

僕もよく使っているのが、「カスタムボタン」です。カスタムボタンとは、たとえばAFモードやホワイトバランスなど、撮影でよく使う機能を、カスタムボタンに割り降って、一発で呼び出すためのボタンです。
撮影の頻度が多い方ほど、カスタムボタンは撮影中に何度も押すことになるはず。

カスタムボタン

カスタムボタンはここにある

α6300は、カスタムボタンが2つ用意されています。そのうち1つはシャッターの横に位置しています。撮影中に最も人差し指の届きやすい位置に用意されているんですね。
α6500は、カスタムボタンが3つ用意されています。そのうちの2つは、最もシャッターに近い位置にあります。
シャッターの近くに2つのカスタムボタンを配置するのは、α7Ⅱシリーズ、α7Ⅲシリーズ、α9 など、ハイアマチュア、プロ用のモデルと同じ。

【カスタムボタンの数】

α6300 2つ
α6500 3つ

ただし、そこまでシビアな撮影を求めていない方の場合、カスタムボタンはそもそもあまり使わないかも。カスタム設定さえしない、という方もいるかもしれません。
反対に、撮影中に頻繁に設定を変更したいユーザーにとっては、とても便利な機能です。

高画質性能・ISO感度は変わらない

上記の3つの機能や違いが、α6300とα6500の大きな違いです。
最初にも少し書いた通り、カメラを選ぶ上で重要視される、画質(画素数)やISO感度、AF性能など、α6500とα6300に大きな違いはありません。

便利機能やグリップ感などは異なりますが、撮れる写真の画質に変わりはないということです。

α6300 α6500
総画素数 2500万画素 2500万画素
有効画素数 2420万画素 2420万画素
ISO ISO100 – 25600
(拡張:ISO100 – 51200)
ISO100 – 25600
(拡張:ISO100 – 51200)
AF方式 ファストハイブリッドAF
(位相差検出方式/コントラスト検出方式)
ファストハイブリッドAF
(位相差検出方式/コントラスト検出方式)
測距点数 425点(位相差検出方式)
169点(コントラスト検出方式)
425点(位相差検出方式
169点(コントラスト検出方式)

別のメディアに掲載された記事に、α6500の常用ISO感度が「100~51200」で、α6500の方がISOの範囲が広いと掲載されていましたが、これは何かの間違いだと思います。
α6300、α6500ともに、常用ISO感度・拡張ISO感度は変わりません。



その他の細かい違いについて

α6300

上記以外にも、細かい違いはたくさんあります。ここからは簡単に見ていきます。

サイズの違い

サイズの違いは、グリップの大きさの違いによる奥行きの違いのみ。グリップと部品の材質の違いなどで、α6500の方が少し重くなっています。

【サイズ・重量】

α6300 α6500
120mm 120mm
高さ 66.9mm 66.9mm
奥行き 53.3mm 48.8mm
重さ
(本体のみ)
410g 361g
総重量
(バッテリー、メモリ含む)
453g 404g

α6500は、より高品質なボディ

α6500は、以下の部品・デザインが、より高品質な質感へ変わっています。

※下の写真はα6500

α6500質感

写真:Sony 公式サイト

  • ファインダーのアイピースがさらに柔らかくなり、質感が向上。
  • シャッターボタンがより大きく、押しやすい。
  • モードダイヤルの形状が変更。
  • コントロールダイヤルの形状が変更。
  • 背面ボタンの形状が変更。
  • 背面ボタンの印字が刻印に変更。

細かい機能の違い

α6500は、以下の機能が追加・変更されることで、機能が向上しています。

  • 測光モードに、「画面全体平均測光」「ハイライト重点測光」が追加。
  • 「自動電源OFF温度」の設定が変更可(α6300もファームウェアアップデートで対応)
    ※動画撮影時に温度が上昇して、撮影がストップする現象を抑制する機能。
  • メニュー画面のデザインが刷新され、以前よりも見やすくなっている。
  • シャッターのメカ構造が変更、静音性とレリーズ耐久性が向上
  • 連続撮影可能枚数が向上
【連続撮影枚数】

α6300 α6500
連続撮影枚数 JPEG Lサイズ エクストラファイン:44枚
JPEG Lサイズ ファイン:47枚
JPEG Lサイズ スタンダード:55枚
RAW:21枚
RAW+JPEG:21枚
JPEG Lサイズ エクストラファイン:233枚
JPEG Lサイズ ファイン:269枚
JPEG Lサイズ スタンダード:301枚
RAW:107枚
RAW+JPEG:100枚

α6300、α6500 購入するならどっち?

α6300 SEL28F20

ここまで、α6300とα6500の違いを説明してみました。結局のところ、カメラを使用するユーザーや用途によって、どちらのカメラが良いのかは異なるはずです。

ハイレベルな撮影を求めるならα6500

タッチパネルと手ブレ補正機能は、あくまで撮影のサポート機能として、あれば重宝するもの。
長時間に及ぶ撮影や、シビアな撮影が求められる場合、こうした機能は撮影者の負担を軽減してくれます。サポート機能、と書いたのは、必ずしも無ければ困るものではなく、撮影者次第でカバーできるからです。

手ぶれ補正やタッチパネルが無くても、撮影できる写真に違いはほとんどない、と思うからです。

商品撮影やモデルの撮影など、どちらかと言うと業務的な用途に近い撮影では、α6500の機能は重宝するもの。しかし、そこまで求めないのであれば、α6300でも充分(むしろ充分すぎる)に役目を果たせるのではないか、と思います。

こだわりがなければα6300でも十分

僕の個人的な結論です。趣味的な撮影や、スナップ撮影程度なら、α6300でも充分過ぎるほどタッチパネルや手ぶれ補正がなくても、α6500と同等な写真が、α6300で撮影できます。操作感も、そこまで大きくは変わらなかったです。

しかし、ここまで読んで「α6500がどうしても気になる、、」と、はっきり気づいた方は、後悔なきよう、α6500を購入した方が良いと思います。
なんと言っても、2つのカメラには約2万円〜5万円ほどの価格差があります(本体のみ)。

α6300

α6300の価格をチェック!

本体のみ Amazonで見る 楽天市場で見る
パワーズームレンズキット Amazonで見る 楽天市場で見る
パワーズーム+望遠ズームレンズキット Amazonで見る  楽天市場で見る

α6500

α6500

α6500の価格をチェック!

本体のみ Amazonで見る 楽天市場で見る
ズームレンズキット Amazonで見る 楽天市場で見る

どちらにしようか迷っている方は、大きなカメラ店に足を運び、できるだけ2つのカメラを撮り比べてみてください。実際に操作をしてシャッターを押してみれば、おそらくα6300でも十分に満足できると思えるのではないかと思います(最後は財布とご相談を)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です